下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの:キノコ

下ごしらえで変わるという個性を活かして、漬け込むだけでお肉が柔らかくなるもの、それはキノコです。きのこが、お肉を柔らかくすることを知ったら、早速肉料理に取り入れてみましょう。

スーパーで安売りをしている特売の肉も、高級肉のような柔らかい状態に変わるのであれば、ひと手間を加えないなんてもったいないです。

スポンサーリンク

ひと手間加えて、お肉をジューシーに!

下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの|キノコ

スーパーでは、肉と一緒にキノコを購入しますが、選ぶのは好みのもので良いですし、舞茸などもかなり重宝をします。食べる量もたっぷりの割に、値段も安いので家計のも助かる食材です。

肉と同じ重さの舞茸を準備したら、それをみじん切りにカットをしておきましょう。舞茸を刻んだら水を加えて、ひたひたの状態にさせます。それから時間をしばらく経過させるので、だいたい1時間から2時間はそのまま放置です。

ここからは、肉と一緒にするので、ポリ袋に肉と舞茸を入れて、そのまま冷蔵庫へといれます。冷蔵庫での保存時間は、およそ1時間から2時間ほど置いておきましょう。

酵素液の量ですが、肉が浸かる程度なので、びちゃびちゃな状態ではないです。とても急いでいる時には、冷蔵庫での保存時間は、30分くらいでも肉が柔らかくなる効果は期待ができます。

でも余裕のあるときであれば、ゆったりと2時間くらいは放置をしたほうが、柔らかくなった肉料理を堪能しやすくなります。

舞茸を利用するのが良いのは、タンパク質分解酵素活性が強力であるためです。

エンドペプチダーゼの酵素が力強く働くので、肉を柔軟にすることにも長けているということです。柔軟になるだけではなく、肉汁に旨味成分が広がりますので、肉料理の味わいは、一層美味しさが高まります。

舞茸の秘めた栄養の力も素敵

肉料理の柔軟性を高めるのは、キノコの得意技であり、どの種類を使用しても大丈夫ですが、やはり舞茸は群を抜いての力量があります。そんな舞茸にスポットを当ててみますと、なかなか優秀な食材であることを、再発見することになります。

簡単なプロフィールとしましては、我が国である日本が原産国であり、サルカノコシカケ科マイタケ属の菌茸になります。人工栽培出身であり、それは1970年後半の話です。

舞茸の持つ栄養素としては、亜鉛二カリウム、それにアミノ酸も豊富です。ナイアシンや食物繊維も、舞茸にはたっぷりと含まれます。

スーパーでもそれほど派手な存在ではありませんが、舞茸は、近年の本では何かと注目をされています。それは舞茸の秘めた、健康やダイエットパワー、それにデトックス作用などが注目をされたためです。

豊富なβグルカントいう多糖類を含みますので、人間の低下をしがちな免疫力を高める作用があります。免疫力が高くなることで、抗がん作用にもつながる元気食材でもあります。

ここ数年の健康番組でも、やたらと舞茸が褒め讃えられて紹介をされますが、100gの量をたっぷりと食べても、たったの16カロリーという、カロリーの低さも拍車をかけています。

あんなに奥ゆかしい舞茸ではありますが、栄養価もなかなか高いものがあります。ビタミンDを始め、葉酸にビオチンにナイアシン、リンや銅にカリウムなども含みます。

Mフラクションの特殊成分も含有されており、これこそがダイエットへの高い効果を期待できる栄養です。

悪玉コレステロールを少なくさせて、腸の働きを活発にしてくれます。

健康と美しさには、キノコの栄養が大活躍

お肉を、柔らかく美味しい状態にさせることも得意なキノコは、人間の健康と美容にも一肌脱いでくれる食材です。種類はいろいろありますが、食べられる種類は大体が、健やかさと美しさを与える要素をふんだんに含みます。

何よりも、日本人の多くがチャレンジをした経験のある、ダイエットに関しても、この食材なしでは語れないところがあります。

何よりもダイエットに取り入れるのには最適な食材であり、種類にもよりますが、100gほど食事で食べたとしても、カロリーは20カロリー前後と、非常に低カロリーです。

ダイエット期間は空腹との戦いですが、これほど低カロリーな食材であれば、お腹を満たすほど食べても安心です。

ダイエットにより良い貢献を果たすのは、栄養価としてビタミンB群の栄養素にも長けていることです。人間には、ビタミンB群の栄養素も必要であり、体内での脂質と糖質の代謝を積極的に促すからです。

ビタミンBの栄養を効率的に活かすとしたら、有酸素運動をプラスすることが効率化につながります。

女性の場合は、ダイエットをすることで、より美しくなりたいという願望があります。美しくなるために、ダイエットを開始しますし、痩せるのであれば、アンチエイジングも視野に入れたいと考えます。

そんな乙女心を満たして、実現化させるのは、キノコの食材だと言ったら、日本女性たちは大変幸運です。

安い食材でダイエットと、アンチエイジングが叶うとしたら、キノコを食べない手はありません。

食物繊維も豊富なきのこは、腸内デトックス作用もあります。

キノコキトサンも含有するので、内臓脂肪も減らす作用も期待できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

忙しい朝にぴったり!納豆を使った朝ご飯レシピ

朝起きてから、会社、学校に行くまでの時間は思ったより早くすぎます。 そんな忙しい朝でもしっかりと朝ご飯を食べる人にとって、納豆を使った栄養面から考えた簡単レシピを紹介します。

グルテンフリーで食べていい食品:春雨

麺類が好きな人にとってグルテンフリーは辛いのではないでしょうか。 春雨はカロリーが低い食材でも有名であり、グルテンフリーな食材でもあるのです。

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「マグネシウム」

三大栄養素である、炭水化物・脂質・タンパク質は知っていても、マグネシウムとは何だろう? どのような働きをするの? そんな疑問を持つ方は多いのではないでしょうか。

高カカオチョコレートの知られざる効果!【抗酸化作用による美容効果】

抗酸化作用が、どのようなものであるのかの前に、まずは活性酸素を知る必要があります。 なぜなら活性酸素があっての、抗酸化作用であるからです。

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「卵」

1日だけ味噌に漬けると美味しい食材として、卵もとても美味しくいただける食べ物に変身をします。 茹でた状態にして、味噌と好みでごま油をプラスして、1日漬けるだけで出来上がりです。余りにもシンプルですが、 …

楽天モーションウィジェット