下ごしらえで変わる!漬け込むだけでお肉を柔らかくなるもの:すりおろし玉ねぎ

日本人も大好きな肉料理には、様々なレパートリーがありますが、肉料理は柔らかい状態であることも、日本人の味覚にあった調理方法になります。

お肉を柔らかくする方法として、すごく身近な食材を利用することはできます。

スポンサーリンク

ひと手間加えて、お肉ジューシー!

お肉を柔らかくするのは玉ねぎの底力

それは多くの家庭に常備されるほど身近で、どのような料理にもマッチする玉ねぎの存在です。余りにも身近な野菜であるために、肉料理を柔らかくするために活躍をすることを、今まで知らないで使っていた人もあるでしょう。

単に一緒にするだけで、柔軟性が高まるわけではなく、玉ねぎはすりおろして使うのがコツです。すりおろした状態の玉ねぎに、料理に使うお肉を30分程度漬け込んでおくと、調理をした肉料理はとても柔らかく、美味しい食感の仕上がりになります。

肉料理を柔らかくすることにも長けているだけではなく、肉を焼いた場合には、表面はカリカリでも、中の肉は柔軟でソフトなままという、まさに日本人の食感のツボを突いたような美味しさを奏でることになります。

もちろん焼き物だけではなく、揚げ物や煮物にしても、この一手間が驚くほど、今までよりも美味しい食感の肉料理を実現化してくれることになります。

もともと日本人は島国であったために、魚料理がメインで食卓に上がっていました。時代が移り変わるのとともに、日本でも肉料理は一般家庭で食べられるようになり、肉料理を食べるとスタミナが付くとも言われます。

パワフルな人は肉料理を好みますし、栄養価もなかなかのものです。肉料理をもっと美味しく、食感にまでこだわるとしたら、柔らかい美味しい肉料理で頂きましょう。

食事を美味しくする玉ねぎのパワー

いろいろな食事メニューに使われる玉ねぎは、加えるだけで料理の味わいが格段にレベルアップするほど、美味しい料理に変えてくれる作用があるので重宝をします。

健康ブームでも、人気は劣ることはないですが、やはり美味しさでも天下一品の野菜の一つです。

スーパーでも簡単に手に入りますし、野菜の値段としても一般家庭の家計に、とても親切な野菜の値段です。そんな人気野菜の玉ねぎには、ビタミンやミネラルの栄養素も含まれますし、カリウムの栄養も含有しています。

ケルセチンというポリフェノールの栄養素も含まれていますし、イオウ化合物の硫化アリルも含まれます。ネーミング的には難しいですが、内容は人間を健康にする栄養素であることがわかります。

ケルセチンはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用が非常に強い成分です。その他人間の体内においても、ケルセチンの作用は血管をしなやかにして、丈夫な状態へと導きやすくなります。

血液をサラサラの状態にするので、体内を流れる血液のめぐりも良いものとなります。

ケルセチンの働きは、悪玉コレステロールを減らすことにもなりますし、多くの人が気にする脂肪の球種を、なるべくセーブしようと働いてくれます。ダイエットにも玉ねぎは重宝をされていますが、その秘訣はこのケルセチンの働きにあります。

硫化アリルは、ネギ特有の臭みと辛味の成分であり、ネギをカットした時に目が痛くなるのも、この成分が理由です。

硫化アリルは、体内血液を、サラサラな状態へと導きやすくさせます。硫化アリルの働きはつまり、血圧を下げることになりますし、動脈硬化予防にもなるということです。

玉ねぎの栄養は果てしなく素晴らしいもの

キッチンには、だいたいあるのが玉ねぎですが、その野菜の栄養は果てしなく素晴らしいもので、毎日でも口にしたい野菜です。

実は野菜類の中でも内容的には、糖質がやや多い傾向にあります。ショ糖にブドウ糖、それに果糖などが含まれてはいますが、食事で食べることでエネルギーの源として、体内で消化をされることになります。

ほかにもビタミンB1やビタミンB2、ビタミンCに亜鉛にカリウムや亜鉛も含む野菜であり、メインは硫化アリルなどのイオウ化合物などです。

栄養価にも着目の玉ねぎは、人間の健康に内側から働きかけてくれる優しさがあります。

現代日本人は、毎日がとても忙しく、常に疲労感を抱えている人も少ない時代ではありません。栄養価の硫化アリルというのは、ビタミンB1の栄養素と協力をすることで、アリチアミンに変換されます。

すると人間の体内にはビタミンB1の栄養が、それだけ長く滞在をすることになり、ビタミン球種を高めることになります。

ビタミンの栄養が体内で効率的に働くことで、疲労回復効果はパワーアップをします。肉体的な疲労回復力にもつながりますが、精神を安定させる働きもありますので、頭脳勝負の現代人には大変ありがたい栄養の効果を感じることになります。

日本人は毎年健康診断を受けていますが、年齢を重ねるほどに健康は気になるものです。

玉ねぎに含まれる硫化アリルの成分は、コレステロールや血栓の代謝をよくする作用があります。血管に血栓が出来にくいということは、動脈硬化を予防したり、糖尿病や高血圧の予防にもなるということです。

それに、がん予防にもなるのが、玉ねぎの野菜です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

キノコで菌活しよう!

みなさん、菌活をされていますか? キノコは好き嫌いが分かれがちな食材で、苦手だという方も多いとは思いますが、多くの可能性を秘めたスーパーフードなのです。

鳥取県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

日本一、人口が少ない県として有名な鳥取県は、他県に比べてなかなか脚光を浴びる機会がないのですが、豊かな自然と海に囲まれた環境から、おいしいものがたくさん存在します。 鳥取県だからこそ味わうことができる …

東京で全国各地のご当地B級グルメを食べる方法

ご当地B級グルメを食べたいと思ったらその土地に行って食べてみるのが良いですが、時間や交通費を考えると、そのためだけに出向く人は少ないのではないでしょうか。 東京にいながらにして、ご当地B級グルメを満喫 …

新潟県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

米どころとして、全国的に有名な新潟県。 海や山に囲まれ、水質にも恵まれていますので、お米以外でもおいしいご当地グルメが満載です。 新潟の地形が、海沿いに沿って長い形状なので地域によって、バラエティに富 …

身体を温める野菜【山芋】

スポンサーリンク 食事に山芋を取り入れよう 野菜には体を温める効果が期待出来るものと、体を冷やす効果が期待出来るものがあります。 上手に活用する事が食生活においても必要です。 通常、体を温める効果が期 …

楽天モーションウィジェット