医療事務検定試験の難易度と合格率は?

医療事務

スポンサーリンク

医療事務の難易度と合格率

医療事務はそもそも暗記する必要の全くない資格です。

医療行為の内容を点数化してレセプトという表にまとめるというものが試験内容になります。

通信教育などでとることができ、その過程を合格すれば、自宅で医療事務検定試験を受けることができます。

もちろん会場に行ってとることもできますが、資料一式を持参して会場に行くのはかなり大変なので、自宅でゆっくりと落ち着いて調べながらレセプトを書いていけば、間違いも少なくなって合格率は上がります。

資料の調べ方などを少しずつ覚えていき、レセプトをきちんと書けるようになれば試験には合格できるので、調べ方さえ分かっていれば難易度がそこそこ高いものでも解くことができます。

資料の量が多いので、まずは自分で調べやすいように工夫することが大切です。

例えば、項目ごとに付箋などを使って、すぐにそのページが開けるようにしておくなどしておくと便利です。

医療事務検定試験の問題はレセプトをきちんと書くことができれば合格できるものです。

実際の試験問題は、少し難易度が高くなっていて、入院期間中に外泊した日が数日あったり、術後に食事をとらない場合があったり、薬の量が計算しにくいなど、少し複雑だったり、引っかかるところがあるようなものになっている場合が多いです。

一見、複雑で面倒な計算や項目が多いですが、項目ごとにメモなどを取り、1つ1つ整理していくと徐々に分かりやすくなっていきます。

また暗記するものではないので、分からなくなったら教材を見て調べることも可能です。

こちらも自分が苦手な部分やいつも引っかかってしまう内容の書かれている教材やテキストにも付箋を付けておくなどすると便利です。

そうやって1つ1つ丁寧にメモして調べていけば徐々にまとまってくるので、レセプトを書く時にも楽に書いていくことができます。

計算は電卓を使うことができますが、打ち間違えがあると合計が違ってしまうので、何度かやり直すことをお勧めします。
そうすることでさらに合格率はあがります。

医療事務検定試験を自宅で受けることのメリットは、時間のある時に解くことができるというところにもあります。

頭の中がこんがらがってきてしまったら、少し休んでスッキリさせてからもう1度問題と向き合うことで、難易度の高い問題でも解決の糸口が見つかることもあります。

医療事務検定試験を自宅で受けるときには、必ずこの日までに発送しないといけないという期日は決められているので、その期日までは何度だって解くことができます。

つまり自分で間違いに気づける機会を作ることができます。

もう1度、医療事務検定試験の問題を解いてみると、最初に書いた計算と違ったりすることもあるかもしれません。

最初に解いたときと何が違っているのかを確認します。

そして、どちらが合っているのか、テキストや資料など教材を使うなどして調べれば、答えが見えてきます。

そうやって試験の期間の時間を有効に利用して、少しでもミスを減らしていきましょう。

そうすれば難易度の高い問題でも、解くことができます。

通信講座などで勉強する場合でも、過去の問題などをまとめた教材が付いてくることが多いです。

ですから、試験前にはその過去問を順に解いておくことも大切です。

過去のどの程度の難易度の問題が出題されているのかを知ることができますし、よく出てくる項目を知ることもできます。

よく出てくる項目が、もし自分が苦手な部分だとしたら、そこを勉強しなおしたり教材をよく読んでおくなど対処しておきましょう。

事前にある程度傾向が分かっているというのは、とても大切なことです。

また、自分が分からないところが何なのかを知っておくことも大切です。

その中で、なにか自分なりにコツがつかめたら、目立つように教材などにメモしておきましょう。

目印をつけておけば、調べたときにすぐに分かります。

最後に

繰り返しになりますが、医療事務検定試験は暗記なんて一切必要ありません。

資料、教材、すべてのアイテムを使って、調べてまとめるということができれば、必ず合格できます。

とにかく、調べるという作業が1番多いので、調べやすい工夫をしておくことが大切です。

どこに何が書いてあるのかすぐに分かるようにしておきましょう。

そして、そのページのどの部分が大切なのか、重要なのかが一目で分かるように、ラインを引いておいたり、自分なりにまとめたメモを書いておくなどして、自分が1番調べやすくなる方法で印をつけておきます。

そうすることで自分にとって11分かりやすいテキスト、教材の完成です。

あとはそのアイテムを使って、1つ1つ整理して、細かく確認をして試験問題に挑みましょう。

すべてを覚える必要がないので、調べる、電卓で計算する、まとめる、レセプトにする、そして同じ問題をもう1度解いてみて徹底的に確認するということを確実に行えば、医療事務検定試験の合格率はかなり高いものになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

一般事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

一般事務の仕事をこれから始めたいという人で、経験がないのなら、オススメなのはやはり資格を取って、スキルをアピールするということでしょう。 では、どういう資格があると良いのでしょうか。 いくつか紹介しま …

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:中古自動車査定士

中古自動車販売店やディーラーなどで働く場合、取得しておいた方が良い資格として、中古自動車査定士というものが挙げられます。 取得しておくと仕事の幅も広がり、就職や昇進にも有利となるので自動車業界に関わり …

将来的に独立ができる国家資格「建築士」

建築士には、技術を要する学校、病院、映画館などの、複雑・高度な建築物を含むすべての建物の工事・設計業務を行うことができる一級建築士、一定の規模以下の建築物の工事・設計業務を行うことができる二級建築士、 …

公務員になるための試験:外務専門職試験についての体験談

外務専門職試験は非常に難しい試験です。 基本的には大卒程度の学力が必要になってきますし、覚えることも多岐に渡ります。

学生の時にとっておきたい資格:調剤事務管理士

誰でも受験できますし、比較的取得しやすい資格なので、将来に対して具体的になりたい職業を決めていなければ、この資格を取得しておくのもいいでしょう。 薬局での仕事だけでなく、社会のしくみの一つを知るきっか …

楽天モーションウィジェット