ハーブについて学ぶ!メディカルハーブ検定とは?


メディカルハーブ検定は、福祉関係の仕事に就いている人や、医療従事者に人気が高い検定です。

女性の受験者が多いですが、最近は男性の受験者も増えています。

スポンサーリンク

メディカルハーブ検定とは

日本メディカルハーブ協会が主催し、メディカルハーブの安全性や有用性、使い方など、メディカルハーブについての基礎知識を身につけることができます。

メディカルハーブ検定は、数ある検定試験の中では、比較的簡単に取得できると言われています。

合格後に定められた研修プログラムを終了することで、メディカルハーブコーディネーターの資格が認定されます。

メディカルハーブとは、健康の維持や病気の予防などが可能な、機能的なハーブのことを指します。

現在、日本にはメディカルハーブについて学ぶ学校があり、多くの人が学んでいます。

検定試験と勉強について

メディカルハーブ検定は、公式テキストで学ぶ人が多いです。

公式テキストは認定スクールで販売されていますが、インターネットを利用して購入することもできます。

メディカルハーブ検定の試験は、札幌、仙台、東京、大阪、名古屋、福岡で行われます。

試験問題は、協会が監修している検定テキストより出題されます。

試験の時間は70分で、3月と8月の年2回実施されます。

メディカルハーブ検定の費用は、税込みで6300円です。

ハーブについて

ハーブは、ハーブティーとして楽しんだり、料理のスパイスとして生活の中で使うことができます。
特に女性の方はなじみがあるのではないでしょうか。

有名なハーブと言えば、ローズマリーやカモミール、ラベンダー、セージなどで、これらのハーブは主にヨーロッパの人々が伝えてきたハーブです。

最近、大きな注目を集めているのがメディカルハーブで、薬用植物を指します。
イギリスには、ハーブ医学校が存在し、卒業した人の中には、医療ハーバリストとして活躍している人も多いのです。
ドイツでは、メディカルハーブのサプリメントが、医薬品として取り扱われています。

ハーブは、人間が持っている自然治癒力に働きかけます。
メディカルハーブは、ストレスによって起こる心の病気や食生活の乱れから起こる生活習慣病などに有効です。
ただ、メディカルハーブは医薬品ではないため、特定の医薬品と併用すると、お互いに影響を与え合ってしまうことがあるので注意が必要です。
メディカルハーブを活用するためには、安全性について正しい知識を持つことが大事です。

ハーブはいい香りがしますが、植物に含まれている精油の香りです。
精油は健康と美容に役立つ様々な効果が期待できます。
香りを持つハーブは、中世の頃のヨーロッパでは魔除けとして使われることもありました。

日本でも、精油を使ったアロマセラピーは多くの人が利用しています。
アロマセラピーとは、芳香療法のことで、植物の芳香成分を利用した自然療法のことです。
現代人は、ストレスにさらされている人が少なくありません。
ストレスが原因になって、様々な心身の不調が起こることがあります。
心と体は、深く影響しあっているのです。
乱れてしまった心と体のバランスを整えて、健康をサポートしていくのが、アロマセラピーなのです。

人間は、昔から植物の持つ力を利用してきました。
ハーブのパワーを受け取ることで、多くの人が心身を癒してきたのです。

精油の抽出方法の中で最も利用されているのが、水蒸気蒸留法です。
水蒸気蒸留法は、ハーブを蒸して精油を抽出する方法です。
原料となるハーブに水蒸気をあてて、ハーブの精油を蒸発させ、水蒸気を冷却管に通して冷やし、精油を得ます。
精油は、水より軽いので浮き、最終的に精油だけを集めていきます。
残った水には、水溶性の芳香成分が含まれており、これがフローラルウォーターと呼ばれる芳香蒸留水になります。

ハーブは、ハーブティーとして使われることも多いです。
リフレッシュしたい時や疲れている時、リラックスしたい時などにハーブティーを飲む人は少なくありません。
日本では、ドラッグストアでもネットショップでも、様々な種類のハーブティーを購入することができます。
美容効果が期待できるローズヒップティーや、リラックス作用があるカモミールティーは、日本でも非常に人気が高いハーブティーです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

就活で持っていたい資格「行政書士」のアピールできるポイント

就活を始めると問題になってくるのが、自己アピールをいかに効果的にしていくかという事です。 しかし、大学生の時点で、他人にはっきり伝えられるほど人より優れていることがある方も少ないでしょう。

雇用形態いろいろ。派遣社員として働くメリット・デメリット

雇用形態として、一番多いのは正社員です。次に多いのが、パート・アルバイトとなります。 近年では、契約社員や派遣社員として働く人の、割合が増えています。 ここでは、派遣社員として働くことのメリットと、デ …

食は生きる源!日々の生活に役立つ食に関する資格「食品安全検定」

食品安全検定は、食品を扱う仕事に従事するすべての人たちに対して、正しい知識を広く知ってもらい、その問題を科学の力で解決していく力を養い、より安全な食文化の創造に寄与する人材育成のために作られた、比較的 …

公務員になるための試験:自衛官・自衛隊

自衛官の試験は、資格試験ではなく「採用試験」です。 イメージ的には就職試験と同じようなものと考えてもらえればいいと思います。 自衛官の種類はいくつかありますが、自衛官候補生と一般曹候補生について紹介し …

傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの検定資格:メンタルヘルス・マネジメント検定試験

この世に資格は数あれど、心の健康に関するものは、決して多くはありません。 それが医学生以外も受験できるものとなると、なおさらです。 しかしながら、今は鬱病の増加などにより社会的にも意識が高まっています …

楽天モーションウィジェット