傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの検定資格:メンタルヘルス・マネジメント検定試験

この世に資格は数あれど、心の健康に関するものは、決して多くはありません。

それが医学生以外も受験できるものとなると、なおさらです。

しかしながら、今は鬱病の増加などにより社会的にも意識が高まっています。

そこで注目されているのが、メンタルヘルス・マネジメント検定試験です。

スポンサーリンク

働く人たちの健康を守るために

資格を取得することは、なにも自分自身のためばかりとは限りません。

正しい知識を身に着けた1人が職場にいることで、環境の改善に役立てることができます。

中でも、心の健康における問題は、際立って深刻です。

そこには成果主義の高まりや労働状況の悪化が背景にあり、誰もが大きなストレスを抱えています。

それを放置していると、たとえ優れたシステムを構築しても、職場が正常に動くことはありません。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験を活用することで、心の病に関する学びを得ることができます。

こうした資格試験に類するものほど、勉強に対するモチベーションを向上させるものはありません。

そのため、企業をあげて参加することも多くなり、一般にも広く浸透するようになりました。

技術資格も企業の利益に繋がりますが、心の健康を改善する知識を得ることの恩恵は計り知れません。

鬱病が進行すれば、長期療養や退職に繋がり、人材の損失に繋がります。

もはや一般社員から幹部に至るまで、メンタルヘルスに関する知見は必須の時代です。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験を受けるには

大阪商工会議所が主催するメンタルヘルス・マネジメント検定試験は、2006年から始まりました。
比較的新しいものですが、受験者は多い年には約1万人にも上ります。

資格や検定全体で見ても、大規模なものであり、安定した人気です。
なぜ、これほどまでに受験する人がいるのかといえば、コースが分かれているのも一因といえます。

全部で3種類に分かれており、一般社員から経営幹部を対象とするものまで、幅広い選択が可能です。

セルフケアコースでは自らのストレスを把握し、状況に応じた対処を学びます。
これを知っておけば、不調を感じた際にも自分で対応できますから、長期化予防に有用です。
新入社員にも学ばせるべきコースといえます。

これがラインケアコースとなると、管理者が部下に対しての配慮を学習できますから、より実践的です。
上司がきちんと状況を判断し、適切に対処していくことは、基本中の基本といえます。

マスターコースはこれらに加え、心の健康と経営戦略の両立を目指すものです。

こうした良識を持っている会社こそ、今の時代に求められるあり方に他なりません。

合格を目指した学習方法

資格にしろ検定にしろ、合格を目指すのは当然です。
勝利から逆算して計画を立てるのは、個人にとっても会社にとっても、成功への近道となります。
心の健康を学ぶメンタルヘルス・マネジメント検定試験においても、その方程式は変わりません。

基本的には、公式テキストを元に勉強することになります。
ここから外れた問題が出ることはまずありませんから、まずはしっかりと熟読していきましょう。

このテキストは時代状況に合わせて改訂を行っているため、常に最新版を手に入れることが大切です。
他人のお古で済ませようとすると、新しい設問に答えられないことも考えられます。

これに加え、問題集などがあれば、より万全です。
過去問にそって、当日のシミュレーションを行いながら勉強することができます。

もし、試験というものに自信がなければ、通信講座に申し込むのも手です。
より検定試験に即した学習が受けられますから、合格への道筋が鮮明に見えていきます。

試験は年2回程度しか行われませんので、不合格になると半年待たなければなりません。
一発合格を目指し、効率よく学んでいきましょう。

検定試験の合格で得られるもの

他の資格同様、メンタルヘルス・マネジメント検定試験に合格すれば証明証の発行が受けられます。
名刺などに記載することもできますので、キャリアアップとしてもたいへん有益です。

合格証明証の発行に関しては申請が必要ですので、必要に応じて申し込んでいきましょう。

あまり学ぶ機会のない、心の健康に対する知識が身についたことが、なによりの成果です。

産業カウンセラーや心理相談員を目指すのであれば、その第一歩としても利用できます。
また、カウンセラー資格の中には、検定試験の合格が求められるものもあり、ますます重要です。

今後、メンタルヘルスと企業の関わりは密接にならざるを得ず、需要はさらに高まっていきます。
優れた人材ほど、メンタルヘルス・マネジメント検定試験を受けていく時代です。

なお、マスターコースの合格者は、登録することでフォーラムに参加することができます。
専用のメールマガジンを受け取れる他、関連するセミナーや交流会への参加が可能です。

見識を高めていくためにも、こうした場へ積極的に赴いていきましょう。

最後に

メンタルヘルス・マネジメント検定試験は、インターネットなどで気軽に申し込めます。
個人で公開試験を受ける方法だけでなく、企業や学校など団体での受験も実施中です。
不明な点は検定試験センターに問い合わせて、価値ある試験を開催していきましょう。

メンタルヘルス・マネジメント検定試験

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-

関連記事

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「実用日本語検定」

実用日本語検定は、外国人の日本語の能力を客観的にはかるための検定試験です。受験者は、留学生や日本語学校の生徒が大半で、年間約7万人もの人数が受けています。 日本語をマスターするには、語彙、文法、文型、 …

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「メンタルヘルス・マネジメント検定」

今の時代、ストレスを抱えていない人はいません。誰もが人間関係や仕事、家庭のことで悩みながら生活しています。 仕事や生活のストレスがたまると、心のバランスが崩れて、そのうちにうつ病などを発症してしまうこ …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:水先人

外航船や内航船など船舶が安全に航行するためには、水先人の有資格者の存在が重要です。 水先人は特定の海域に関する海底の地形や潮の流れなど、様々な環境に精通した専門家として船に乗り込み、船長に助言を行いま …

ニッチな外国語の資格:ギリシャ語能力検定試験

ギリシャ語学習の習熟度をはかれるものとして、ギリシャ語能力検定試験があります。

専門職には欠かせない!技術系の資格「酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者」

酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者は、法律(労働安全衛生法)で酸素濃度が低くなるような場所(タンク内や窒素などの不活性ガスが充満した所など)、または酸欠の可能性と共に硫化水素中毒の恐れもある場所(下水道 …

楽天モーションウィジェット