傷ついた人を癒す!心理・メンタルケアの資格:メンタルケア心理士

数多くある心理カウンセラーの資格の中で、いったいどのような資格を選べばよいのでしょうか。

また取得によって、どのように活躍の場が広がるのでしょうか。

今回は、メンタルケア心理士について紐解いてみましょう。

スポンサーリンク

ただのカウンセリングだけで終わらせない

ストレス社会と言われる現代、心と体のバランスを崩してしまう人も少なくありません。

悩みを一人で抱え込まずに、誰かに相談したり、ストレスをためないように工夫したり、そういったことはとても大切だと言われています。

しかし、ストレスを溜め込むのはいけないとわかっていても、どうすればよいのかわからない人は多いでしょう。

そこで頼りになるのが、メンタルケア心理士なのです。

最近は心理カウンセラーにかかわる資格も増え、活躍の場がどんどん広がっています。

その中でもメンタルケア心理士は心の健康アドバイザーとして人気が出ている資格です。

もちろん通常のカウンセリング相談を受けることも出来ます。

しかしこの資格はカウンセリングの技術に特化しているだけではないのです。

心は体とも密接な関係を持っています。

心が病んでしまうと、体まで病んでしまうこともあり、その逆もしかりです。

脳や神経、体のあらゆる器官、神経症や精神状態、治療に使われる薬剤、こういった専門知識を広く取得するのがこの資格の特徴なのです。

厚生労働省の後ろ盾がある資格

メンタルケア心理士は国家資格ではありません。

しかしジョブ・カードという厚生労働省により認定資格です。

ジョブ・カードとは、職業において一定の能力があると認められた場合にのみ認定される、公的に求められている証なのです。

最近は医療機関だけでなく、介護施設や学校、福祉施設、企業などでもメンタルケアに取り組んでいるところが増えています。

そういった場所で即戦力として活躍するには、一定のレベルの知識を取得していなければ使い物になりません。

単なる初心者レベルのメンタル資格では、仕事としての即戦力が期待できないのが現状なのです。

メンタルケア心理士は、どのような職場でも活躍できることを想定しており、カウンセリングの基本技法だけでなく、解剖生理学や精神医科学などの専門的な分野も学ぶのが特徴です。

ジョブ・カードに認定されているということもあり、メンタルケアの人材を探している施設にとっては、かなり期待度が高いとも言われています。

この資格は、各施設での就職に有利に働くだけでなく、将来的に独立を目指す人にもおすすめとも言えるのです。

忙しい人でも取得が可能

しかしいくら取得しておくと有利な資格と言っても、必ず学校に通う必要がある、試験会場が極端に少ないなどの理由があると、取得は難しいとも言えるでしょう。

こういったメンタルケアに関する資格は、すでに社会に出ている人が働きながら取得を目指したり、家庭と両立させながら勉強したりすることも多いです。

その点で、メンタルケア心理士は通信講座で学ぶことが出来るといったメリットがあります。

仕事や家庭に影響を与えずに、自分の開いている時間で学ぶことが出来るというのは、資格を目指す人には大変うれしいことでしょう。

またさらに、この資格は在宅受験が可能という特徴があります。

試験会場が遠いので行くのが大変、体が不自由で会場まで行くことが困難、自宅に介護する人がいるから家を空けるわけにはいかないなど、様々な理由で会場受験が難しい人にも門戸が開かれているという安心感があります。

在宅受験は、自分でまとめたノートなどを見て試験を受けることが出来ます。

実技試験の代わりに、一定文字数の実技内容を記述する問題も出題されます。

自分にとって、会場受験と在宅受験のどちらが良いのか選択することが可能なのです。

活躍の場が今後も広がる

最近の医療機関では、医師や看護師だけでなく、リハビリに従事する人やメンタル相談に精通している人などが、同じチームを組んで患者の治療に当たることが増えています。

ただ単に病気やけがを治療するだけが目的ではなく、いかに以前の生活に近づけることが出来るかという点も大切にしているからです。

そういった面では、患者を精神的に寄り添って支えるメンタルケアの従事者は、医師よりも長い時間患者と向き合う可能性もあります。

高齢化社会や医療技術の発達により、これからの世の中はこうした精神的な支えが必要になる人がますます増えていくと予想されています。

また、小学校や中学校などの教育機関でも、心のケアが必要だと思われる児童が増えています。

こうした医療現場に限らない活躍の場が、メンタルケア心理士には今後もっと求められることでしょう。

一度取得しておけば、結婚や出産、病気の治療といった後でも、再び活躍の場を見出すことも可能です。

活かせる資格ということであれば、メンタルケア心理士は目指すに値する資格であるといえます。

最後に

メンタルケア心理士は、ただの心理カウンセラーではありません。
精神面だけでなく、解剖生理学といった医療分野も勉強します。
民間資格でありながら、厚生労働省からの後ろ盾であるジョブ・カードを認定されており、即戦力として就職にも有利な資格なのです。
今後も、医療機関だけでなく教育機関等でも活躍が見込まれています。

特定非営利活動法人医療福祉情報実務能力協会

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

身近な国家資格:運転免許

今や誰もが持っている資格と言えるのが、運転免許です。 特に地方在住者にとっては必需品と言っても過言ではないものですが、首都圏などの交通インフラが整っている場所では使用頻度が少なくなる可能性もあります。

学生の時にとっておきたい資格:秘書検定

学生の大きな目標としては、就職活動を成功させ、希望の就職先に入るという事でしょう。 しかし、多くの人が希望する企業などはそれだけ競争率も高くなるため、入ることが難しくなるという事があります。 就職での …

当たり前をきちんと知る!日本語の資格「日本語教育能力検定試験」

日本語教育能力検定試験とは、日本語教員となるために学習している人や、日本の言語を教える教員として教育に携わっている人を対象に、その教育の実践に必要とされる基礎的な知識や能力が水準に達しているかどうか、 …

海で仕事をしたい人にピッタリの船舶関係の資格:海技士(通信・電子通信)

船舶の運航に関わる海技士の資格は様々な種類がありますが、その中でも外部との通信を通して船の安全を守るのが海技士(通信・電子通信)という仕事です。 船舶の情報に関するスペシャリストとも言える存在で、万一 …

イベント好き必見!作品作りの関わる資格「MIDI検定」

電子楽器の演奏データを保存したり、送受信するための世界共通規格として、MIDI(Musical Instrument Digital Interface)が用いられてきました。 MIDI形式のファイル …

楽天モーションウィジェット