忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「葉酸」

葉酸とは、ビタミンB群の一種で、ほうれん草の葉から発見されたことが、その名の由来となっています。ほうれん草の他にも、動物のレバーなどにも多く含まれる成分です。

その主な働きとして、赤血球の生成、細胞の再生、ホモシステインの分解や排出に寄与していると言われています。

スポンサーリンク

美容効果バツグン!お味噌汁の栄養成分

葉酸がもたらす健康効果に関して

その中で、細胞の再生は、美容に関して非常に重要な役割を担っています。

肌のシミなど色素沈着の原因として、ターンオーバー能力の減退が考えられます。老化とともに、このターンオーバーは遅くなり、その結果シミなどが目立ちやすくなります。

しかし、葉酸の細胞再生の役割が、ターンオーバー機能の補助を担い、肌を若々しい状態に保ってくれることが考えられます。

さらに、男性にも嬉しいメリットがあります。葉酸は、たんぱく質合成を抑制する働きがあると言われたいます。そのため、髪の毛にハリや艶がでると言われています。

また、毛包の細胞分裂を促すため、育毛にも寄与します。つまり、薄毛に対しても効果があるということがわかります。さらに、神経系の働きを整える作用があるため、鬱病の改善やアルツハイマーの症状に対しても、効果が期待できると言われています。

また葉酸は、妊活中の女性にとって非常に重要な栄養素であると言われています。受精ができて、着床に至るまでに、受精卵は細胞分裂を繰り返します。

その細胞分裂が不十分であると、着床に至らないケースがあります。その細胞分裂を、促進する働きがあると言われているためです。

このように、老若男女問わず様々な健康効果が期待できる栄養成分だということです。

葉酸が不足することから考えられる健康被害

上記のように、健康に関して様々なメリットをもたらしてくれる栄養成分であることがわかります。その葉酸が不足すると、健康に対してどのような影響があるのでしょう。

一時的な不足によるものとしては、食欲不振や口内炎などが挙げられます。しかし、本当に怖いのは、この栄養成分が慢性的に不足した時に起こる問題です。

葉酸が不足すると、ホモシステインが増加します。ホモシステインは、肌の潤いやハリにを保つコラーゲンの質を低下させると言われています。そのため、この栄養成分が不足するということは、肌の老化にもつながります。

さらに、ホモシステインは血栓の原因となり、動脈硬化を引き起こすおそれがあります。動脈硬化は、脳卒中や心筋梗塞のリスクを高めるため、結果的に死に至る可能性もあります。

さらに、妊婦さんの場合、胎児に影響を及ぼす恐れがありますので、より注意が必要となります。

一つ目に、流産のリスクが高まることです。葉酸が不足することで、血流が悪くなります。その結果、胎児に充分な栄養が行き渡らない可能性があります。

二つ目が、胎児の神経管閉塞障害です。これは、子どもの神経系に障害をもたらす先天性の異常で、運動障害やADHDになる可能性が高まります。

さらには、無脳症として生まれるケースもあります。また、この栄養成分はダウン症とも密接な関係があると言われています。海外のあるデータでは、充分に摂取できている場合、生まれてくる子どものダウン症のリスクが、70%軽減されたという報告があります。

そのため、妊娠期間においては、通常よりも多くの葉酸を摂取する必要があります。

お味噌汁から葉酸を摂取することのメリット

その葉酸を摂取するために、お味噌汁がよいということは知っていましたか?

お味噌汁は、朝忙しくてご飯が作れないという方にとっても、夜に作りおくことができます。

そして、お味噌汁と葉酸の関係ですが、まず、味噌の原料である大豆には葉酸が含まれています。さらに、葉酸摂取のために入れたい具材として、ほうれん草、かぼちゃなどの葉酸を含む野菜です。

葉酸は加熱により、その成分が壊れてしまうため、およそ半分程しか摂取されないと言われています。そのため、複数の葉酸を含む食材を組み合わせることで、その量を確保するとよいでしょう。

そして、朝にお味噌汁を飲むことには他にもメリットがあります。温かいものを飲むことで、胃や腸の活動を開始させます。その結果、便通が良くなる効果も期待できます。

さらに、朝お味噌汁を飲むことで体が目覚め、代謝が活性化されます。そのため、全体的に見るとダイエット効果も期待できそうです。

ダイエット効果があり、さらに美容効果もあれば、朝お味噌汁を飲もうという方が増えるかもしれません。

実は、大豆にはリノール酸が含まれており、このリノール酸はメラニンの合成を抑制します。即ち、美白効果が期待できます。

朝お味噌汁を飲むことは、葉酸を摂取し健康的な体作りができるとともに、美容効果も期待でき、そして、胃も目覚めるため、朝ご飯が食べれるようになることもあります。

その場合、葉酸摂取のための最高の朝ご飯は、納豆ご飯とお味噌汁なのでぜひ実践してみてください。

このような、朝お味噌汁を食べる食生活で、朝からすっきり、そして健康な生活が実現できるかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「生のトマト」

基本は1年を通して発症するリスクがあるのですが、特に3月から4月にかけて注意したいのが、スギやヒノキが受粉をするために放出する花粉を吸いこむことによる花粉症です。 花粉症を発症すると、目の充血や涙、そ …

肌にいいビタミンCは【ゴーヤ】で摂ろう!

沖縄料理の代表でもある、ゴーヤチャンプルーで知られるゴーヤですが、普段はあまり食べないという人が多いかもしれません。 体には良さそうだけど、あまり詳しく知らない、少し興味があるという人に、魅力を紹介し …

甘酒に入れて美味しくアレンジ!【レモンのはちみつ漬け】

甘酒は日本では古来から飲まれており、日本書紀にも甘酒の起源となる飲み物の記述があるほどです。 原材料のお米を発酵させてつくるのですが、お米だけでこんなに甘くなるのと思えるくらい天然の甘さがあり、マクロ …

お米を美味しく炊く裏技:サラダ油を加える

日本人の米離れが進んでいるといわれながらも、やはり日本人にとって無くてはならないのが炊き立てのご飯の存在です。

豚肉ダイエットにおすすめの食材:キムチ

ダイエットをするというと、お野菜中心・こんにゃくや海藻などローカロリーな食材中心の生活を強いられるものと思っている方は多いでしょう。 お肉を食べるとしてもささみや胸肉などの油の少ないパサパサの部分だけ …

楽天モーションウィジェット