お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【心臓疾患の発症の低下】

味噌は、1300年もの間、日本人の食生活を支えてきました。

スポンサーリンク

栄養成分豊富!お味噌汁を飲もう

お味噌とは?その歴史や種類はどのようなものか

飛鳥時代の頃に、中国から伝えられたといわれていますが、日本で初めて「味噌」が文献に出てきたのは平安時代のことです。

しかし平安時代には、味噌は他の食品に付けたり、そのまま食していました。しかも高貴な人たちだけのものだったのです。

鎌倉時代に入って「お味噌汁」が登場し、武士の間で「一汁一菜」という食文化が確立されてきました。室町時代に入ると、大豆の生産量が増えて、農家の間では自家製の味噌を作る家庭も出てきました。

戦国時代は、戦場での食料として味噌をもちこみ、仙台や信州などの武将がその地域の味噌を作っていました。それらの味噌が、江戸時代に入ってから江戸に送られてきて、庶民の食料となったという歴史があります。

かつて、各地域の武将が戦場に持っていくために作っていた、各地独特の味噌が現在も伝えられているのですが、味噌の種類には「米みそ」「麦みそ」「豆味噌」の3種類あり、大豆と塩をベースに米や麦が使われます。

豆味噌は、米や麦を使わずに作っているものです。

日本で約8割という一番多く作られ食されているのが「米みそ」です。米みその中には「甘みそ」「甘口味噌」「辛口みそ」があり、それらの中にも赤、白、淡色という色に分かれています。

甘みそは、近畿よりも西の地方と、東京でよく作られ用いられています。甘みそでも、東京は赤い味噌です。

辛口みそは、信州から北の地域で多く作られ用いられています。

「麦みそ」は、九州や四国、中国地方で作られています。麦みそにも、甘口と辛口があります。

「豆味噌」は、中部地方で作られているものです。

そして、それぞれの味噌を混ぜ合わせた調合味噌というものもあります。

味噌に詰まる栄養はどのようなものか

食文化の欧米化に伴って、味噌汁をあまり食べないという人も多くなってきたのですが、戦国時代に、武将たちが作ってまで戦場に持ち込んで戦ってきたと言われるお味噌には、とても豊富な栄養があるのです。

かつては、お味噌は調味料ではなく「おかず」として使われていました。

戦国武将もそうですが、日々の農作業のお弁当は、ご飯と味噌だけでしたが、それでも充分元気に重労働をすることができたのです。

味噌には、それだけの健康効果とパワーがあるのです。「味噌は医者殺し」という言葉が出るほど、味噌を食している人には医者にかかることがない程、元気に過ごすことができるのです。

味噌の主成分の大豆には、良質なたんぱく質や脂質、糖分、ビタミン、ミネラルなど、体に必要な栄養素が豊富に含まれています。

しかし、大豆はバクテリアや菌、強い日差しなどから身を守るために、サポニンやレクチンなどの有害物質も含まれています。ただそれらの有害物質は、加熱によって軽減されることが分かっています。

そして、中国では紀元前1000年にはすでに、ある菌を発酵させることで、これらの有害物質を無害にすることが発見されていたのです。

その菌は、発酵や侵漬させることで出てくる微生物なのです。味噌は、発酵して作られているので、大豆の有害物質は見事になくなり、素晴らしい栄養素を摂取することができるという食品なのです。

ペプチド・アミノ酸などのたんぱく質、イソフラボン、ビタミンE、サポニン、トリプシンインヒビター、レシチン、こりん、褐色色素、食物繊維、ビタミンB2、B12、麹や乳酸菌、酵母などの酵素、リノール酸などの栄養が味噌から摂取できるので、健康効果が期待できる食品なのです。

お味噌汁として毎日飲んで、疾患予防や健康効果を高めよう

このように栄養満点の味噌は、現在は調味料に使われたりお味噌汁として食されているのですが、食の欧米化によって、お味噌汁は日本人の食卓からどんどん減ってきていました。

しかし最近は、お味噌汁の健康効果が様々な疾患の予防や、健康維持に役立つことが見直されてきて、お味噌汁の摂取が推進されてきています。

味噌には塩が含まれているので、塩分を控えめにしている高血圧の人などは、お味噌汁も少し控えめにしているという人もいるのですが、最近の研究では塩分を他の食品で摂取するよりも、高血圧のリスクは少ないという結果も得られています。

お椀いっぱい当たりのお味噌汁なら、食塩は約1グラム含まれているのですが、そのお味噌汁と、同じ濃度の食塩水をマウスに与える実験をしたところ、味噌汁を飲んだマウスの血圧は、食塩水を飲んだマウスよりも常に下回っていたという結果が出ました。

またその理由として、味噌汁には利尿作用があり、摂取した塩分を排泄しやすくしているということもわかったということです。

そして味噌汁の成分が、血管を広げる作用があることもわかったのです。

さらに、心臓疾患を起きやすくする交感神経の活性化も、食塩水に比べて起きにくいことが分かり「心臓疾患の予防のためにもお味噌汁」が推奨されているのです。

しかしそれでも食塩が気になるなら、作り方を工夫することで不安を軽減することができるのです。

だしは鰹節などでしっかりととり、旬の野菜や豆腐など良質なたんぱく質や、食物繊維もしっかりと摂取できるような味噌汁を作って、1日1杯食べることで心臓疾患をはじめ、様々な疾患の予防が期待でき、また健康効果だけでなく美肌など見た目の「美」の維持にも期待できるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

滋賀県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

観光やビジネスで旅行に行くときには、ご当地グルメを楽しみにしているものです。 ネットで気軽に購入できるようになったとはいえ、実際にその土地で、その空気感の中で、現地の人が直接調理してくれる地元の食材や …

豚肉ダイエットにおすすめの食材:キムチ

ダイエットをするというと、お野菜中心・こんにゃくや海藻などローカロリーな食材中心の生活を強いられるものと思っている方は多いでしょう。 お肉を食べるとしてもささみや胸肉などの油の少ないパサパサの部分だけ …

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「カマンベールチーズ」

年齢と共にお肌にうるおいがなくなってきたとか、基礎代謝が落ちて、体が思うように動かなくなってきたと感じる方、特に女性は、ホルモンバランスの関係もあり、男性よりも衰えを感じてしまうでしょう。 だからとい …

包丁いらずの時短レシピ:手軽にもう一品編

料理を作るときには包丁とまな板を使っていることは多いです。 ですが、包丁いらずの料理を作ることで、気軽にもう一品をテーブルにのせることができます。

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ルイボスティー

世界各国で人気のあるハーブティーの一つであるルイボスティーは、不老不死のお茶とか、奇跡のお茶と呼ばれるくらい、色々な効果があるといわれています。 ハーブティーは、その名の通りハーブを原料として作られま …

楽天モーションウィジェット