忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「リン」

お味噌汁に多く含まれている栄養成分の中で、ミネラルの一種に分類されるリンについても注目してみましょう。

この成分は、人間の体内に存在するミネラルの中でも、特に重要な役割を担っていることが知られています。

体内では、マグネシウムやカルシウムと一体化することで、骨と歯の原料として使用されることにも注目してみてください。

日常的に食事をする途中では、リンがしっかりと含まれていることで、筋骨が丈夫な肉体が作られることになるわけです。

スポンサーリンク

朝食にはお味噌汁を飲もう!

お味噌汁の健康パワーの源になるリンの役割

リンをバランス良く摂取するために、味噌汁は大変に優れた機能を持っています。

主原料になる味噌には、最初から含まれていますが、発酵の製法によって充実度が増しています。大豆に対しては、米麹や麦麹などを使うと、麹菌が有用な働きをして様々な栄養成分を増やしてくれます。

ミネラルの栄養成分も同時に増えることになるわけですから、栄養不足になりがちな現代人にとってもうれしい食材です。

体力向上を目指して筋肉を付けたい場合にも、豊富に含まれているリンのおかげで、タンパク質の代謝が活発に働きます。こうした特徴があるため、夏場の時期でも、基礎代謝を向上させたいと願っている人にも役立つことになるわけです。

骨の原料として使われる一方で、補酵素としても働きながら筋肉を丈夫にさせて、スポーツに必要な体力を養うことができるのも利点です。

お味噌汁からリンを摂取する場合には、多種多彩な原料を加えることで、過剰になる可能性が軽減します。さらに、多品目の内容にすることが簡単ですから、栄養成分の全体的なバランスも優れています。

ダイエットの食事で活用する方法もおすすめ

ビタミンB1と糖質が豊富な主食に対しては、リンの量が多いお味噌汁を一緒に添える食事にすると、ダイエットにとっても理想的な形になります。

この仕組みも補酵素の働きによるもので、糖質の代謝を促して、ダイエットに適した体質を作るためにも適しています。普段の食事が肉食中心で、糖質の量も過剰になっている場合には、この組み合わせを食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。

汁物料理としての特徴がありながらも、副菜としての利点もあることで、ダイエット中に枯渇しやすい栄養成分を、徹底的に底上げすることができます。

忙しいために市販の弁当を食べることが多い人も、ダイエットのことも考えて即席のお味噌汁を食べることで、リンの不足による問題を解決できます。

さらに、全体的なバランスも良くなりますので、肉類だけからリンを摂取することがなくなります。

植物性から動物性の食材に至るまで、味噌やダシ汁との相性が良い素材であれば、何でも加えることができます。肉類が苦手な人は、低カロリーな魚介類を加えることもできますが、この場合にも、リンの量を底上げすることが可能です。

ダイエット中には過酷な運動をしたり、無理な食事制限をすることもありますが、お味噌汁を組み合わせるだけでも、楽になります。

運動に必要な体力や骨格筋を作るための栄養成分が多く、スタミナの源になるビタミンB群も含まれています。

リンをはじめとするミネラルが、体力を底上げしながら、葉酸や鉄に代表される造血成分も同時に働くことになりますので、体の両側からエネルギー補給して、ダイエットを成功に導くことができるわけです。

豊富なリンは、アンチエイジングのためにも役立つ

リンは、骨格や歯を支える栄養成分ですから、若い頃からお味噌汁を食べている人は、アンチエイジングの生活習慣を実践していることになります。

不足によって歯が衰える場合には、食事の楽しみが大幅に減ってしまうことが考えられます。摂りすぎても困ったことになる栄養成分ですが、多種多彩な具材を入れてお味噌汁を食べるようにすれば、過不足がない状態で食生活を楽しめるようになるわけです。

リンが不足して骨が弱ってくると、老後には満足に歩けなくなる可能性があります。

歯が弱ることも困りますが、骨が弱体化して歩けなくなると、外出する楽しみも減ってしまいます。そのため、リンが豊富なお味噌汁を欠かさずに食べるようにして、骨の老化にも対抗することが大切です。

原料の味噌には、骨を作る成分としてカルシウムが多いのですが、乳酸発酵によって吸収率も優れていますから、牛乳などの乳製品が苦手な人も試してみてください。

カルシウムの量も含めて強化したい人は、煮干しの粉末を入れて食べることもおすすめできます。こうすることで、鉄分やDHAも含めて補うことができますので、老後の健康対策も充実します。

最後に

老後になってからもお味噌汁を食べる人は、脳の老化にも対抗していることになります。

しっかりとした咀嚼をすると、脳に良い刺激が伝わって、脳機能にも良い影響を与えることになります。さらに、脳の中ではリン脂質として働くことで、精神から若返りを支えていることになるわけです。

細胞膜の材料として使われる機能を持っていることも重要ですから、老化を明らかに実感する前から不足を防ぐことが大切です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

グルテンフリーで食べていい食品:もちのレシピ

最近、グルテンフリーダイエットという言葉をよく耳にしますよね。 ハリウッドセレブの間で人気に火が付き、日本の有名芸能人も実践しているということでじわじわと浸透しつつあります。

花粉症の症状を改善してくれる食べ物「ローズマリー」

ハーブのローズマリーは、シソ科で地中海が原産地です。ハーブの花、葉、茎に効能があり、清涼感のある強い香りが特徴です。

鳥取県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

日本一、人口が少ない県として有名な鳥取県は、他県に比べてなかなか脚光を浴びる機会がないのですが、豊かな自然と海に囲まれた環境から、おいしいものがたくさん存在します。 鳥取県だからこそ味わうことができる …

無理のない「糖質制限ダイエット法」

人間が毎日スムーズに活動するために欠かせない栄養素の一つが、三大栄養素の一つである糖質です。 生命維持にも欠かせないものであるため、毎日積極的に摂取することが望ましいのですが、一方で現代人は糖質の摂り …

【ひじき】には食物繊維が豊富に含まれている!

ひじきには、食物繊維が豊富に含まれているので、ダイエットをするときにも、便秘解消にも大変役立ちます。 減量時には便秘になりやすい人でも、食物繊維が多い海藻をメニューに加えれば、その心配はなくなりますし …

楽天モーションウィジェット