お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【胃がん予防】

今は、健康によいと欧米からも期待されているお味噌汁ですが、がん予防にも効果があると研究結果から出ています。

スポンサーリンク

お味噌汁の、優れた健康効果

お味噌汁には胃がん予防の効果が!

毎日お味噌汁を飲むと人と、全く飲まない人とで比べると、胃がんの死亡率が低いと調査結果ができています。

とくに男性は、毎日お味噌汁を飲んでる人は、3割以上も全くお味噌汁を飲まない人より死亡率が低い結果となっています。

しかし、お味噌汁で気を付けなくてはいけないのは塩分です。各家庭によっても味噌の分量は違うので、塩分量も違ってきますが、やはりお味噌汁の飲みすぎは、塩分過多により透析など違う病気を引き起こす結果になりますので、ほどよい量がベストです。

また、お味噌汁の具も、胃がん予防の最適な具があります。例えば『わかめ』です。お味噌汁には、抜群の相性ですよね。わかめにも健康効果があると、定評があります。

わかめに含まれる水溶性植物繊維は、お味噌汁の塩分を吸着してそのまま体の外へと、排出する働きがあるということです。

相性抜群だけではなく、知らず知らずに健康維持につながる飲み方をしていたのは驚きですね。

他にも、ミネラルに一種であるカリウムを含む、里芋、ごぼう、にんじん、大根、ねぎ、しいたけなどの植物性食品も、塩分の排出を助けてくれることです。

また血管を丈夫に保つのも、胃がん予防につながってきます。たんぱく質を多く含む、豚汁にするがおすすめです。

味噌だけではなく、味噌汁に入れる具材の組み合わせも、胃がん予防につながることが研究からわかってきています。

日本人にはなじみの深い味噌汁が、海外へも健康効果が高いと定評が高いはうれしいですよね。

味噌汁には健康効果以外にもダイエット効果が!

日本家庭の食卓には、必ずといっていいほど、味噌汁がありますよね。小さいころから、なじみ深い味噌汁ですが、今は健康効果やダイエット効果があると評判高くなってきています。

味噌汁と言ったら、食卓のわき役イメージがありますが、よくよく考えていると、立派なおかずですよね。しかも、メインに近いくらいの料理です。

それは、味噌汁の具材によって、主張が変わってくる不思議な料理です。

ダイエット効果としては、その具材がポイントです。

味噌汁に、たくさんの野菜やお豆腐などをいれることによって、メイン料理として置き換えてしますのです。

水分が多いので、満腹感もえられ、かつビタミン、ミネラル豊富で、健康的に痩せることもできます。

また、味噌にはダイエット効果を高める物質も多く含まれています。味噌の原料である大豆には、タンパク質が多く含まれていて、タンパク質は体内で消化・分解されてアミノ酸になります。

そのアミノ酸に中のロイシン、イソロイシンなどには、脂肪燃焼を促進する効果があります。

その他味噌には、大豆ペプチドという成分も含まれています。この成分は、腸内環境を整える効果があり、便秘解消も期待できます。

さらに大豆サポニンという成分も、腸に働きかけてくれます。脂肪の吸収を抑えて、脂肪の分解や燃焼を促進する効果があるので、体重が減少していきます。

そして何よりも、味噌を味噌汁にすことで、大豆単体で吸収するよりも、胃腸に負担もかからず、消化吸収うまくできるのです。

味噌汁は、健康的なダイエットを促進してくれて、からだの中からきれいになることもできるのです。

味噌汁は万能!インスタントにも効果はあるのか!

ここまで、味噌汁には胃がん予防や健康効果またダイエットのも効果があるとわかってきましたね。

いい所しか見つからないのであれば、飲まないわけにはいきません。かと言って、味噌汁は毎日作るの大変ですよね。おいしい味噌汁には、やっぱり出汁をしっかりとるところが大事です。

毎日、昆布や鰹節からとるのはまず無理!って方も多いはずです。最近では、味噌自体に出汁がすでに含まれているものも増えてきています。お湯に溶かすだけで、おいしい味噌汁ができるのはいいですよね。

それでも具材を用意するのは面倒という方は、インスタントはいかがでしょうか?

インスタントにも効果はあります。

フリーズドライの粉末タイプは、素材を凍結させて、真空容器で水分を瞬間的に蒸発させて作ります。一瞬なので、栄養分が失われることは、あまりないと考えられます。

また、生タイプのもは加熱により殺菌をするので、ある程度の栄養素が失われる可能性があります。栄養素は菌と同じで熱に弱いので、手作りの場合でも、沸騰はさせないようにしましょう。

また手作りで作る際も、自分の体調や、改善したいことによって、具材も変えるのがベストでしょう。

例えば、透析や塩分過多による病気を持っている方には、わかめなどの海藻を多く入れて飲むのがいいでしょう。

これは先ほどにもありましたが、ほどよい塩分だけ残し、いらない塩分は体の外に排出してくれる作用があるのです。

ダイエットを期待している人は、腸内環境を整える食材を合わせるのが、おすすめです。例えば納豆です。整腸作用があり、便秘解消につながり、必然的にダイエット効果があらわてきます。

最後に

一人暮らしで、味噌汁を飲む機会が減っている方は、ぜひ一日一杯、お味噌汁を飲んでみる努力をしてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

花粉症は食べ物で悪化もする!食べると悪化する食べ物「小麦粉」

毎年、スギをはじめとした花粉が悲惨する時期になると、花粉症に悩まされている人は少なくありません。 毎日のニュースや天気予報でも、花粉の飛散情報をこの時期になると伝えています。 花粉症になってしまったら …

岐阜県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

岐阜県には、歴史的な有名な史跡、温泉施設など色々と楽しめる観光名所があります。 そして、意外と知られていないのが、全国的に浸透していない、ご当地グルメがあることです。 食を楽しみながら旅行をすることで …

肌にいいビタミンCは【パプリカ】で摂ろう!

シミやそばかすの悩みを解消したり、いつまでもきれいな肌をキープするためには、栄養をしっかり補給することが大切です。 美肌のためのビタミンと言われているビタミンCは、パプリカを使って摂取するのがおすすめ …

いつもの刺し身が美味しくなる!昆布締めの作り方

昆布締めはもともと富山県の郷土料理で、北海道から仕入れられていた上質の昆布を使って作られていました。 作り方には様々ありますが、家庭でも簡単に作ることができるので、作り方を覚えておくと粋な和食としてお …

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【ちり酢】

鍋物・湯豆腐・てっちり・サラダ・焼肉などに用いられる薬味のちり酢は、聞いたことがないという人もいるかもしれません。 ちり酢とは、柑橘類を加えて作られた合わせ醤油のことで、だいだい・ゆこう・柚子・すだち …

楽天モーションウィジェット