お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【脳卒中の発症の低下】

お味噌汁は、和食の中でも特にお馴染みの料理です。

特に日本で採れる海産物や野菜は、味噌との相性が抜群だったので、古来より愛飲されてきました。

具材の選択肢が豊富なことや、多くの家庭に味噌が常備されていることから 、毎日欠かさずに飲んでいる方も、たくさんおられるかもしれません。

もはや、日常の習慣に溶け込んでいる味噌汁ですが、実は高い健康効果を持っています。

スポンサーリンク

優れた健康効果!お味噌汁を毎日飲もう

日本伝統のお味噌汁には隠れた健康効果があります

味噌は、大豆を原材料として使用した調味料であるため、根本的にタンパク質が豊富です。大豆の頃から豊富な栄養素は、発酵という過程を経て味噌へと姿を変えることで、さらなるアミノ酸を生み出します。

その結果、脳卒中の予防、美容効果、血管の弾力性維持、アンチエイジング効果など、多数の良い影響が期待できます。

例えばお味噌汁には、遊離リノール酸という成分が含まれており、これにはメラニンの合成を防ぐ効果があります。そのため、お味噌汁を飲むことで、シミやソバカスを防ぎ美肌に繋がっていきます。

さらには、味噌には大豆ペプチドという成分が含まれているので、血液循環が活発になります。

血液循環には、体の各部位に酸素を運んで、二酸化炭素などの老廃物を排出する役割を担っています。血液循環が活発になると顔色も良くなるので、見た目年齢がグッと若くなるというメリットがあります。

血液循環が全身の老廃物を取り除いてくれると、浮腫みや弛みの解消効果も期待できます。特に朝は、前日の過ごし方によって浮腫みが発生することもありますが、その悩みをお味噌汁が解決してくれます。

そのため、朝ごはんにおいては、特に重要な献立と言えます。

特に脳卒中の予備軍の方は必見!風邪やインフルエンザ、脳卒中の予防にも

人間の体は、日々の生活の中でストレスや紫外線などに晒されます。すると、体内には、活性酸素と呼ばれる物質が生み出されてしまいます。活性酸素は、健康な細胞を傷つけてしまうこともあり、これがシミやシワなどの原因ともなります。

これがいわゆる、細胞の酸化です。その対策としても、お味噌汁がオススメです。

味噌には、ビタミンEやコリン、ダイゼインなどには、細胞の酸化を防ぐ働きがあります。細胞を酸化させずに、健康な状態を維持することは、アンチエイジングへの効果が期待できます。

他にも、酸化を防ぐ成分はありますが、お味噌汁ならば、毎朝飲むことが出来て続けやすいのも大きなメリットです。

ヨーグルトが腸の吸収を助けることは有名ですが、味噌にもその働きがあります。

それは、ヨーグルトと同様の発酵食品である味噌にも、腸内改善が期待できます。味噌が腸を掃除してくれることで、有害な物質を排出することとなり、便秘や下痢などの改善すると言われています。

それだけでなく、腸にはナチュラルキラー細胞という免疫細胞があります。腸内が健康的になれば、このナチュラルキラー細胞の働きが増すので、様々な病への対策となります。

特に風邪やインフルエンザなどは、免疫力次第で発症するかどうかが決まります。それゆえ、毎日味噌汁を飲んでいれば、それらへの予防となります。

また、脳内の神経伝達の促進に重要な役割を果たす、コリンも含まれています。これにより、集中力のアップや脳卒中の予防などに効果が期待できます。

脳卒中の対策になる食材は、非常に貴重な存在であるため、医学の世界でも健康効果に対して注目しています。

具材を工夫すればさらなる健康効果が

お味噌汁には、様々な具材を入れることが出来るので、その具材を工夫すれば、さらなる健康効果が生み出されます。

例えばワカメを具材として使用すれば、味噌の効果と組み合わさって、骨粗しょう症への予防につながります。また、キノコ類を加えると、より一層の便秘解消効果を生み出します。

キノコ類はとにかくカロリーの低い食材なので、追加して入れても太る心配はほとんどありません。

血液循環をさらに改善したい方には、玉ねぎを入れるのもオススメです。

玉ねぎには、そもそも血液をサラサラにする効果があるのですが、これが大豆ペプチドと連携することで、相乗効果を生んでくれます。

味噌を熟成するときには、メラノイジンという成分が生成されます。この成分には、食後の血糖値の上昇を抑える効果があります。そのため、糖尿病が心配な方にも安心して飲んでいただけます。

ただ、塩分の取り過ぎには注意しておきましょう。白味噌には空腹感を抑えて、満腹感を抱かせてくれるギャバが豊富に含まれています。それゆえ、ダイエットを考えている方は、白味噌でお味噌汁を作るというのも有効な方法です。

お味噌汁は、飲むタイミングを工夫することで効果をアップさせることが出来ます。

理想的とされているタイミングは、朝ごはんの最後です。味噌汁を飲む効果を最大限に生かすには、1日の始まりである朝がぴったりです。

それに加えて食事の最後に飲めば、長い間満腹になった感覚が持続します。このおかげで食後のデザート、3時のおやつ、夜食などを食べることを抑制できます。

間食が減ることによって、大きなダイエット効果が期待できます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

包まない時短レシピ:餃子

餃子を食べるのは美味しいけど、作るのがすごく手間です。 皮に包んだり丸めたりするのにすごく時間がかかってしまうため、他の料理を作る時間がなくなってしまったりします。 そこで、皮に包まないで簡単に作る事 …

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ユーカリ

ユーカリは、フトモモ科に属するユーカリ属の総称です。 属名を英語で示した際の、ユーカリプタスという言葉が縮小された名称がユーカリで、このような呼び方をするのは、日本だけのようです。

みんな大好き!ミルフィーユ鍋の基本&アレンジ

冬の定番ごはんといえば、なんといってもやっぱり鍋! 作るのも簡単だし、スープや具材を変えれば味のバリエーションは無限。 中身によってはヘルシーに仕上げられてダイエットにもばっちりです。 CMでもおなじ …

トマト鍋に入れると一層美味しくなる具材:カマンベールチーズ

トマト鍋の具材として、カマンベールチーズを加えてあげると、より一層濃厚で、とろけるような味わいを楽しむことができます。 そんなみんなが大好きカマンベールチーズは、栄養豊富です。カルシウムやタンパク質な …

栽培しやすいハーブの種類:ターメリック(ウコン)

ターメリックは奇跡のスパイスと呼ばれるほど素晴らしいパワーを持っているハーブです。 日本ではウコンという呼び名でなじみ深いスパイスでもあります。

楽天モーションウィジェット