忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「亜鉛」

お味噌汁の栄養成分の中には、人間の成長機能に影響を与える亜鉛も非常に多く含まれていますから、成長期の子供にも食べさせることは理にかなっています。

原料の味噌に含まれるだけでなく、具材になる魚介類や海藻類にも豊富なことから、不足分を総合的に解消できる内容になっているわけです。

スポンサーリンク

しっかり食べて、朝から元気!朝食にはお味噌汁を飲もう

栄養成分の中では亜鉛が豊富なことが特に魅力的

お味噌汁に含まれている亜鉛は、数百種類の酵素の働きをサポートする役割も担っています。

この影響で、他の栄養の吸収を助けながら、健やかな体を作るための手助けをしてくれるのです。このような機能を持った料理を一品だけでも加えると、副菜としての機能を同時に付け加えることが可能になります。

普段からミネラル不足が深刻で、体力に不安を持っている人は、毎日の習慣として欠かさずに食べてみてくだい。

栄養成分としての働きが優秀なために、お年寄りの健康を支えるためにも役立っています。塩分の摂り過ぎが気になるために、子供たちから控えるようにと注意されることも珍しくありませんが、実際には理想的なバランスで成り立っています。

発酵中に増加したミネラルには、カリウムも含まれているために、塩分の過剰摂取を抑えながら必要な亜鉛は十分に吸収できます。

そのために、老後の体力不足や健康不安が心配な場合にも食べるようにすると、栄養成分の恵みをたっぷりと受けることができます。

学生や働き盛りの人は、忙しい朝には食事を軽く済ませてしまうことがありますが、お味噌汁を飲むだけでも、栄養成分の充実度が違ってきます。亜鉛やトリプトファンも摂取すれば、活力の源を朝一番で補給できます。

亜鉛不足を手軽に解消できることは、大きな利点

亜鉛は不足させやすい栄養成分として代表的なものですが、枯渇が深刻になる場合には、味覚障害の問題を発生させることが知られています。

伝統的な和食が当たり前だった時代には、朝からお味噌汁を飲むことによって、亜鉛を大量に摂取していました。鰹節やシジミが多く使われていたためでもありますが、この伝統は現代でも十分に通用するだけの魅力を備えています。

亜鉛を他の料理から摂取しようとしても、食材の品目数を増やすことに苦労して、結局のところは不足させてしまうことが珍しくありません。

ところが、お味噌汁には海の幸から山の幸までの多彩な食材が入り、原料の味噌も含めて亜鉛が豊富な内容です。

基本的には一品の料理になるわけですが、複数の種類の料理を作った場合と同様に、栄養が豊富になることが重要です。おかずは肉類が中心で、質素な副菜を添えるだけの食事になっている場合でも、お味噌汁を添えるだけで亜鉛不足の問題を解消できます。

味覚障害になると、様々な分野で影響が出るため、繊細な味覚が必要な仕事をする人も、たっぷりと摂取することが大切です。

繊細な味付けで調理すると、カツオだしの旨味も分かりやすくなるわけですが、同時に亜鉛を多く吸収していることも見逃せません。味噌とカツオだしの旨味に加えて、野菜や魚介類からの甘味も加わる内容になることも利点です。

不足による問題は味覚障害だけではありませんから、大人も子供も積極的に食べることが大切です。

忙しくて調理の時間が取れないときには、即席のお味噌汁も使うようにして、朝から亜鉛を欠かさずに摂取していきましょう。

様々なシチュエーションに合わせて食べて、栄養成分を吸収

亜鉛が豊富なお味噌汁は、忙しい朝に利用することは特におすすめですが、他にも利用できるシチュエーションが多数あります。

状況が変わっても飲み続けると、成長や美容に必要な栄養源が枯渇する心配がなくなります。塩分が気になる場合であっても、薄味にして具材を多くする工夫をすれば、1日3食のペースで食べることもできます。

亜鉛は、具材にも多く含まれていますので、高血圧が心配な場合でも工夫次第では健康的な料理に変わります。

夕食の時間帯に作るときには、胃腸への負担を考えて具材を選んでいきましょう。

大根の葉を加えれば、亜鉛やカルシウムの量も充実しますが、硬い部分を加えると消化に悪くなることがあります。大根の葉は、新芽の柔らかい部分だけを選んで使うようにすれば、夕食用としても最適な一品になります。

菜の花やホウレンソウを使う場合でも、柔らかい部分だけを厳選して加えていきます。葉物野菜を入れるときには、大豆食品の豆腐や油揚げを一緒にすると、亜鉛や鉄の量を多くすることができます。

ランチの忙しい時間帯には、即席のお味噌汁から亜鉛を摂取するのも賢い方法ではないでしょうか。

この場合には、フリーズドライのネギやホウレンソウを一緒に入れたり、おぼろ昆布や煮干しの粉末を加えると、亜鉛をはじめとする栄養成分を簡単に増やせます。

具材を入れてからは、味噌と熱湯を注ぐだけで完成しますので、忙しい人でも安心して作れます。

旅行先のホテルで朝食を食べる場合でも、お味噌汁があるコースを選んで亜鉛の不足を予防しましょう。

アウトドアでキャンプや登山をする場合にも、朝の栄養源として飲むことがおすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

東京で全国各地のご当地B級グルメを食べる方法

ご当地B級グルメを食べたいと思ったらその土地に行って食べてみるのが良いですが、時間や交通費を考えると、そのためだけに出向く人は少ないのではないでしょうか。 東京にいながらにして、ご当地B級グルメを満喫 …

大人になって気付いた美味しい春の食べ物「ふきのとう」

ふきのとうは、春が来る頃を示す山菜で、春を表現する山菜として扱われることもあります。 日本全国の山や野に自生しているため、時期になると各地でふきのとうが見つかるようになります。

女性ホルモンを増やす食べ物:ナッツ

女性ホルモンを健全に保つことができる栄養価の高い食べ物の代表格として、ナッツがあります。

花粉症の症状を改善してくれる食べ物「ヨーグルト」

つらい花粉症の症状の改善に、市販の薬を頼ったりする方も多いです。その対策も、決して間違いではありませんが、なかには眠たくなる成分が配合されている花粉症の市販薬もあります。 正確な表現をすると、この眠た …

ヘルシーなバター「ギー」の健康効果!【治癒効果やリラックス効果】

インドを中心とした、南アジアで広く使用されているバターオイル「ギー」は、その豊富な栄養成分から、食用だけでなく治療にも使われる万能オイルです。 そのため、日常的に摂取することで、健康や美容に高い効果を …

楽天モーションウィジェット