「森町サイクルツーリングコース」でサイクリングを楽しむ為のポイント!

森町サイクルツーリングコースは、静岡県の静岡市と浜松市の中間点あたりに位置しており、東京、名古屋から日帰りで行ける距離にあります。

スポンサーリンク

高速道路からのアクセスがよく遠方からも行きやすい

最寄りのインターチェンジは、新東名高速道路の森掛川インターチェンジ、または遠州森町スマートインターチェンジ(ETCのみ乗り降り可、PAと併設)、東名高速道路であれば袋井インターですが、新東名の方がより現地に近くて、走りやすいので、遠方から来られるであれば新東名をおすすめします。

森町は、遠州の小京都と呼ばれ、古くからの寺院や街並みが残る町で、北側には南アルプスの山々の眺めが美しく、そこから流れる清流は鮎釣りのポイントとしても有名です。また、静岡といえばお茶の産地であり、ここ森町でも茶畑を町のあちこちで見ることができます。

新東名の遠州森町PAでは、特産のお茶を使ったカフェコーナーがあり、抹茶ソフトクリームは人気商品です。実在か架空かはっきりしていませんが、清水次郎長の一味の森の石松は、ここの出身という説があります。

森町サイクルツーリングコースは、高速のインターから川をさかのぼること10kmほどの地点にある「アクティ森」という拠点を発着点とする5コースであり、オンロード・オフロード両方とも楽しめる、日本では珍しい充実したコースを有することが特徴です。

サイクリングコースというと、川沿い、海沿い、湖沿いというのが通常です。このコースは、既存の県道・林道などをつなぐサイクリングコースですが、コースのあちこちに道案内の看板を立てて、初めて来た人でも迷わないような工夫がされています。

なお、アクティ森ではレンタサイクルもあるので、自転車を持っていない、または車に積めない人でもサイクリングを楽しめます。

コース種類がロード、山道など多彩(山道編)

森町サイクルツーリングコースのコース5種類は、A、B、C、D、Eコースと名前がついており、ホームページによると、A、B、CはMTB向きでクロスバイクでも可、ロード、折りたたみ、軽快車(いわゆるママチャリ)は不可という判定が出ています。

クロスバイクは、パンクのリスクを考えるとあまりお勧めではありません。なお、必ず2人以上での行動をと呼び掛けているので、転落・転倒のリスクがそれなりにあると読めます。

Aコースは「里山MTB体験コース」で、全長17km、高低差240m、未舗装区間1.2kmと、河川敷や海沿いに慣れている人には、結構厳しい高低差です。景色を楽しみつつ、急坂では、無理して漕がずに押していくとか、休息をとりながら進むのがよいでしょう。

清流や江戸時代に建てられた旧家を見学するなど、のどかな雰囲気を楽しみましょう。MTBコースの中では、もっとも初心者向けではありますが、山道では押して歩くことを推奨するような、通りにくい道も存在するので、必ず地図の案内に従うようにしてください。

Bコース「菰張山MTB上級コース」は、614mの標高差に未舗装区間が全体の4割もあり、下りもそれなりに厳しいと見込まれるので、経験がある人向けです。山頂では、遠州灘や遠州平野を一望する素晴らしい眺めを楽しめます。地図には危険とか注意といった文字が多数書かれているので、スピードの出し過ぎやコースアウトなどにくれぐれも注意してください。

Cコース「大河内MTBロングコース」は、その名のとおり全長28kmもあり、未舗装区間は4kmほどです。大河内の集落から先は狭い県道で、乗用車が通るのでスピードを自制しないといけません。

ポタリングコースと森町サイクルツーリングコース近隣の観光地について

続いて、森町サイクルツーリングコースの中でも、ポタリング・サイクリング向けのコースの紹介です。Dコース(城ヶ平ヒルクライムコース)は、全長10.5キロ、標高差280m、未舗装区間なしのコースで、城ヶ平という山に登って眼下の景色を楽しみ、下ってからは太田川の河川敷を気持ちよく流すという感じです。

舗装区間だけですので、出力の大きい電動自転車での参加も可能です。河川敷は桜並木があるので、桜のシーズンはとてもいい眺めとなることでしょう。

Eコース(田園ポタリングコース)は、全長24km、標高差190m、未舗装区間なしと、5つのコースの中では最も負荷が少なく、ポタリング経験が少ない人でも乗れます。秋葉街道の古い町並み、小国神社や大洞院の参拝などがコースに含まれており、歴史を感じるサイクリングとなることでしょう。

なお、このコースのみコース案内標識がないので、スマートフォンのグーグルマップなどと、ホームページの地図を活用し、道から外れないように注意が必要です。

ポタリングでは、大掛かりな装備は不要ですが、目を保護するゴーグルまたはサングラス、手袋、長袖の服、長ズボン、水筒は用意するといいでしょう。体を守るのと、運動ですのでのどが渇くので、水分補給をこまめにしておく必要があります。

静岡まで足を伸ばした遠方の人向けですが、近所の観光地の紹介をします。

森掛川インターの東隣にある島田金谷インターを降りると、大井川があります。その沿線を大井川鉄道という私鉄が走っており、昔からSLの観光列車を走らせていることで有名です。通年ではありませんが、きかんしゃトーマスそっくりの様相の機関車が走っていることもあります。

予約制ですが、乗ってみるのも楽しいでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-レジャースポット, 旅行・レジャー
-,

関連記事

富士サファリパークをバスツアーで楽しもう!

サファリパークとは動物の生態を見せる形態の動物園で、全国各地に存在しています。 代表的なものをあげると、静岡県にある富士サファリパークや栃木県にある那須サファリパーク、和歌山県にあるアドベンチャーワー …

知識が広がる!国立科学博物館の魅力とは?

国立科学博物館は明治10年に創立された長い歴史をもつ都内でも有数の博物館です。 都内の博物館の中でも大規模な展示を行なっていることが魅力です。

初めての海外旅行におすすめの国TOP5

海外旅行はかつて添乗員付きのパッケージツアーが主流とされてきましたが、格安航空券や近年はLCCの台頭により、アジア方面への個人旅行が増えているのが実情です。 その中で、初めての海外旅行でパッケージツア …

初詣にもおすすめな「北海道神宮」の歴史

北の大地、北海道の開拓の歴史の中でも重要な北海道神宮は、札幌の開拓が本格的に行われるようになった明治時代初期に創建され、開拓者たちの心の拠り所になりました。 現在では、人口200万人に迫り、横浜や大阪 …

山形県のおすすめ温泉地3選

みちのくの山形県には、おすすめの温泉地があります。主なものは、奥羽山脈に沿って所在しています。 多くの観光客が訪れるところから、僅かな旅行者しかいないところまで、様々な場所があります。山形を旅行する場 …

楽天モーションウィジェット