牛乳や飲料の製造過程が見れる!森永乳業・東京多摩工場の工場見学

牛乳
森永乳業・東京多摩工場では、生産されているラインが牛乳やカップ飲料、キャップ付きの飲料になっています。

旅行のついでに家族で見学したり、修学旅行や学校の社会科での見学にも人気のあるスポットです。

スポンサーリンク

森永乳業の東京多摩工場を見学してみよう

ここでの工場見学のポイントは、VTRで牛乳や乳製品が作られる工程を学ぶことと、実際の工場のガラス窓から商品の製造されるところを見学できることにあります。

無料体験のオプションとして、チーズ作り、風味パネルマイスターなどがあり楽しめます。

見学可能日は平日の月曜日から金曜日までで、祝祭日や年末年始、夏期の一時期は見学できません。
あらかじめ見学予定日の2か月前の午前9時からネットで予約を受け付けしていますから、こちらを利用しましょう。

まずは工場についての説明からスタートします。

その後に牛乳・乳製品ができるまでの工程をVTRで確認します。

それから場所を移動して、いよいよ工場内の見学です。

牛乳だけでなく、カップ飲料やジュース、キャップ付きの紙パック飲料などが作られている様子を見ながらスタッフに質問することもできます。

大きなガラス窓の見学通路からは、次々と製品が製造されているところを見ることができます。

一通り見学したら見学記念撮影をして、旅行のいい思い出にしましょう。

見学期間は①10時から11時30分②13時から14時30分の一日2回で各90分となっています。

人数は個人が5名から14名まで、団体は15名から60名となっています。
いずれもファミリーデー実施期間を除き、対象年齢は幼稚園・保育園年長組以上からになっています。

無料体験を楽しもう

せっかくみんなで森永乳業・東京多摩工場へ見学に来たのですから、ぜひ体験コースを楽しみましょう。

10分程のオプションコースとして、①チーズ作り②風味パネルマイスターの両方を体験することもできます。
時期によって体験の内容が異なりますから、予約時に体験コースの希望を伝えておきましょう。

①チーズ作りについて

温めた牛乳にお酢を入れることでチーズに変化していくシーンを体験できます。

カッテージチーズのような白く柔らかなチーズは毎回好評で、シーズができたら試食タイムです。

②風味パネルマイスターについて

味のスペシャリストや風味パネルマイスターの体験をします。

森永乳業では独自の「風味パネルマイスター制度」を導入しています。

安全・安心・おいしさを保つためにマイスターに認定された味覚のプロフェッショナルが品質チェックをしているのです。

工場から異常風味の製品を出さないようにする目的で導入されました。

風味マイスターは人間の舌が感じられる限界の薄さの五味である甘味・塩味・酸味・苦味・旨味を判断できる人で、森永乳業独自の認定資格です。

とても厳しい資格なので、グループ会社約5,700人の社員の中で素の資格を持っている人は66人しかいないほどです。

こうしたマイスターたちの味覚チェックで、味の異常を感じたらすぐに製造ラインをストップしてチェックします。

マイスターの認定資格は1年で、3年連続でマイスターに認定されると「グランドマイスター」として5年間の任期が与えられ、通常の業務と一緒にその能力を活かした業務をします。

「基本味覚識別テスト」や「特別味覚識別テスト」の全問に正解した人のみがマイスターの称号を与えられるものです。

工場見学で知る牛乳や乳製品作りのあれこれ

徹底したオートメーション化や、安全と品質管理を丁寧にすることの大切さを工場見学を通して消費者が実際に見るというのはいいことです。

環境問題にも取り組んでいるので、小さい頃からそうした場面に立ち合うことは将来のためにも役立ちます。

家族で同じ体験をすると共通の話題も増えて楽しいものです。
家族旅行の1ページに加えてみるのもいいでしょう。

牛乳についてのクイズも楽しく、牛乳の飲み比べ体験というのもあります。
牛乳と乳飲料、無脂肪乳の違いなども学べるので食生活の勉強にもなります。

「親子でたのしい工場見学会」では、オリジナルのビヒダスヨーグルトを作ったりしています。
これは夏休み特別企画で実施されたもので、小学生と保護者が参加しています。

森永乳業・東京多摩工場には「デザート・ヨーグルト棟」があり、ビヒダスヨーグルトやアロエヨーグルトを作っています。
1日に12万個がここで作られていて、入口にある貯乳タンクには1本あたり牛乳が100トン入っていますが、これは牛乳パック10万本分にあたります。

実は東京多摩工場ではアイスは作られていませんが、アイスの工場見学の希望がとても多いのも事実です。
そこで特別企画ではVTRで勉強したり森永製品である「MOW]についてのお話もありました。
実際にMOWのクリーミーミルクに好きなトッピングをして、自分だけのオリジナルアイスを作る体験もしたのです。
簡単クッキングをしながら森永の乳製品に関する知識と理解を深める体験となっています。

最後に

森永乳業・東京多摩工場では、見るだけの社会見学ではなく、実際に何かを体験することでより理解を深めるための楽しい社会見学を実施しています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

バーミンガム(アメリカ・アラバマ州)のおすすめ観光スポット

アメリカ、バーミンガムに行くなら行っておきたいスポットはいくつもあります。

ポーツマス(アメリカ・ニューハンプシャー州)のおすすめ観光スポット

アメリカ合衆国ニューハンプシャー州にあるポーツマスは、人口2万人を擁する1800年に設立された、アメリカ国内初の海軍工廠の造船所の存在で知られています。 また、1905(明治38)年にポーツマス条約の …

キューバ旅行のおすすめ観光スポット

キューバは、最近トレンドになっている国のひとつで、独特の空気感があることと、自然が雄大なところが人気の秘訣です。 キューバは、ここ数年で、行っておきたいと言われている国で、社会主義国家のため独特の空気 …

ノックスビル(アメリカ・テネシー州)のおすすめ観光スポット

アメリカのテネシー州にあるノックスビルには、たくさんの観光スポットがありますが、中でも人気となっているのがマブリーヘイブンハウスです。

茨城県のおすすめ旅行スポット

何かと注目度が低いとされてしまう茨城県ですが、実は茨城県は海や山、また霞ケ浦などの湖沼地帯もあり、旅行の見どころは決して少ないないのです。

楽天モーションウィジェット