モテたい人におすすめの趣味:カクテル作り

居酒屋に行けばカクテルを飲むことができますし、市販でも缶でカクテルは販売されているため気軽にお酒を楽しむことができます。

しかし居酒屋などで飲むカクテルというのはリキュールとジュースを一定の割合で割って混ぜただけの簡単なカクテルで、覚えれば誰にでも作ることができます。

スポンサーリンク

カクテル作りができるとモテるわけとは?

お酒を飲む場として少し格式が高く感じてしまうバーは、居酒屋や市販のカクテルとはまったくの別物です。

もちろんただ混ぜるだけのカクテルもありますが、その他様々な技術を駆使して作られるカクテルが多いため、お酒の種類も非常に豊富です。

カクテル作りでは使用するリキュールやジュースなど、様々な液体の比重を考えなければなりません。

比重によってはうまく混ざり合わず、いくらレシピ通りに作っても美味しいカクテルにはなりません。

またシェイカーなどの専門の道具を使用する際、どれくらい振ればいいのかなどは素人には判断が難しいものです。

カクテル作りというのは様々な技術を要します。

そのため「趣味がカクテル作り」と人に言うとなんだかかっこよく感じますが、それには多くの知識と技術を要します。

自分がカクテルの知識があれば、女性をバーに連れて行った際に恥ずかしい思いをしなくても済みます。

お酒を飲む人はたくさんいますが、シェイカーを振れる人などそう多くはいません。

自宅にバーカウンターがあるという人でないかぎり、バーに行かなければカクテルを作る様子など見る機会はありません。

おいしいカクテルを作る技術と目で見て楽しませる演出という2つのポイントがモテる大きな要因となっています。

カクテル作りを趣味にするには知識が必要

様々な材料をただ混ぜ合わせるだけと思われがちなカクテル作りですが、実はそんな単純なものではありません。

例えばカクテル作りでよく目にする「シェイク」という技術ですが、これは比重が大きく違う材料同士を混ぜ合わせる技術です。

アルコール度数が非常に高いお酒を、空気を混ぜ合わせる事でまろやかにしてくれる働きがあります。

また「ステア」という技術は、ミキシンググラスに材料を入れてマドラーでかき混ぜた後にグラスに注ぎます。

シェイクでは濁ってしまうという場合などに使う方法です。

このようにどんな見た目のカクテルにしたいのか、どんな味にしたいのかによって使う技術は変わってきます。

ただ混ぜるだけのように見えますが、やり方を間違えれば美味しいカクテルにはなりません。

カクテル作りには様々な道具が必要です。

しかしすべてを揃えなければならないというわけではありません。

趣味でカクテルを作るのであれば、まずは初心者向けのお酒に挑戦しましょう。

そして必要な最低限の道具だけ用意するようにします。

徐々に難しいお酒に挑戦していく場合には道具を買い足していくというようにしましょう。

お店で作る場合には、お客様からお金をもらうため美味しくないお酒を出すわけにはいきません。

ただ技術を見せるという演出は形になったとしても、味は誤魔化すことができません。

しかし趣味であれば自分が好きなように作り、納得いくレベルまで作ることができれば良いわけです。

もし練習をするのであれば、味見などを自分だけではなく家族や友人などにお願いしましょう。

美味しいかどうかを言ってもらうだけでも上達が早くなります。

「趣味はカクテル作り」と言えるようになろう

男性なら誰しもが自分の知識や技術をアピールしたいと思うものです。

だからと言って多くの男性が趣味としているサーフィンなどを趣味として選んでしまうと、周りの男性に差をつけることができません。

むしろ女性からすれば「カッコイイ趣味を言っておけばいいと思っているのか」と思われがちです。

自分をアピールしたい、他の人と一緒にしてほしくないと思うのであれば、あまり人と被らない趣味を見つけるということも必要です。

カクテル作りというのは憧れる人は多いものの、実際に実践する人というのはそれほど多くはありません。

性別問わずお酒が好きという人はいても、作る側の知識や技術まで詳しい人というのはあまりいないため、そんな中で詳しいところをアピールするとカッコよく見られるのです。

またカクテル作りがモテるのは「次につなげやすいから」です。

例えばカクテル作りが趣味だと言えば「今度はバーに一緒に行こう」というデートの約束を取り付ける事も可能です。

その他にも自宅にバーカウンターがあるのであれば「家に飲みにおいでよ」と自然に誘うことも可能です。

ただカッコイイというだけではなく、次のデートの約束を取り付けやすいというメリットもあるのです。

女性もお店に行った際に安心して任せる事ができるため、頼りがいがある男性という印象を与えることができます。

本当にモテたいのであれば、ただカクテルが作れるようになるだけではいけません。

カクテルの種類であったり、バーでのマナーやお酒の楽しみ方など、お酒に関する様々な知識を身に着けておく必要があります。

そうすれば「大人の男性」として更にモテるようになります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-,

関連記事

「Tera De Marche」で見つけるハンドメイドの魅力

「Tera De Marche」は、ホビーイベントの中では珍しく、お寺を会場にした何でも市です。 東京、上野にある宋雲院の室内で年に数回開催されていて、ハンドメイドのグッズから、食品などさまざまな掘り …

フリマアプリ「プラット」の特徴や使い方

インターネットオークションよりも、もっと手軽で便利に楽しめるとしての人気が高まっているのが、フリマアプリです。 そして、プラットもその一つに数えられるのですが、気になるのがどのような特徴があるのかでし …

別世界を体験できる!スキューバダイビング

アウトドアスポーツを楽しむ人が多くなっています。 アウトドアスポーツは屋外で楽しむと言う事だけではなく、自然がある場所で、自然との触れ合いを魅力に感じる人が多いからだと言えましょう。

結構変わってるマニアックな趣味:ゴミの分別

マニアックに見られる趣味のひとつが、ゴミの分別をすることです。 ゴミの分別自体は各自治体によってルールが設けられていますので、分別自体をすることは変わってることでも何でもなく、社会人としても必要な作業 …

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:絵画

退職などで時間ができると、生きがいとなる趣味があることで人生が非常に豊かになります。 現役時代は無趣味で仕事だけに邁進してきた人は、多くの場合時間を持て余すことになり、老化が早く進んでしまうケースがあ …

楽天モーションウィジェット