女性が思わず惚れる!サッカーが趣味だとモテる理由は?

スポーツをやっている男性というのはカッコよく見られるものですが、その中でも特にモテるのがサッカーです。

数あるスポーツの中でもなぜサッカーをやっている男性がモテるのか、そこにはいくつかの理由があります。

スポンサーリンク

サッカーをやっているとモテるポイント

リーダーシップがある

バレーボールやバスケットボールのように、サッカーも1つのボールを奪い合い、それぞれのポジションの役割を果たしながら得点を決めるために競うスポーツです。

チームで戦うのですが、他のスポーツとは違う点があります。それはそれぞれがリーダーシップを持っているということです。

どんなにスキルがあっても、試合は1人で行うものではありませんし、ゴールも1人で決められるものではありません。

必ず誰かにパスをしてうまくボールをつないでいくことが重要となってくるスポーツです。

他の競技はどこにボールを出し、誰が攻撃するのかという指示を周りの誰かが行ってくれます。

それに対してサッカーは自分がパスを出したい人に指示を出したり、動いてもらったりするため、ゲームに参加している全員が指示を出している状態になります。

つまり、チーム戦であっても全員がリーダーのような役目を果たしていると言えるのです。

個々のスキルやプレイスタイルが出やすいサッカーは団体戦ですが個人のスキルが非常に注目されます。

そのため受け身になる人間が少なく、堂々と自分自身を出すことができる人間が多い傾向にあります。

人間関係を築いていくのが上手い

どのようなパスワークをするのか、どういった作戦で攻めていくのかなどのゲームの方向性はチームで作戦をねらなければなりません。

つまりチームが一丸となって戦わなければならないのがサッカーです。

プレイ中は人からの指示を待つのではなく、自分が周りに指示を出して動いてもらうことも重要となってきます。

しかしこういったリーダーシップを持った人間が集まると衝突してしまう恐れもあります。

それを防ぐためにも重要なのが人間関係の構築です。

チーム全員が協力し合って初めて勝利を手にします。もちろんサッカーに対するスキルも重要ですが、どれだけチームで協力し合えるかがポイントとなってくるのです。

サッカーをする男性というのはそれを理解しているため、良好な人間関係を築き上げるのが上手な傾向にあります。

そのため学校などでもサッカー部の男性の周りには友達が多いですし、女の子からも人気があるのです。

ルックスだけではなく、その人間性が魅力的になっているからこそサッカーをしている男性の周りには人が集まってくるのです。

周りのことをしっかり見ている

広いフィールドでたくさんの人が走り回ってボールを追いかけます。

そのためボールを見失うことは許されませんし、同じチームのメンバーがどのような動きをしているのかも見ながら自分の立ち位置を考えなければなりません。

そのためサッカーをするのであれば広い視野と臨機応変な対応が求められます。

サッカーで広い視野を培ってきた人というのは、サッカー以外の場面でも自然と周りを見ることができるようになります。

困っている人にいち早く気づくことができたり、人の表情の変化などを察してあげたりということが非常に上手です。

つまり人間観察に長けていると言っても良いでしょう。

周りに目を向けることができ、また気づいてあげられるというのは当たり前にできることではありません。

なぜなら人間というのは自分のことに必死になることが多いからです。

そんな中で周りのことを気にかけることができ、また行動にうつすことができる男性というのは、年代問わず多くの女性から人気を集めます。

これができるのは広いフィールドで戦い、仲間と協力し合ってプレイするサッカーならではのモテるポイントです。

オシャレで華やかなイメージ

同じ団体スポーツでも、野球はあまりモテないのにサッカーはモテます。

この違いは一体なんなのでしょうか。

実は野球というのは団体戦に見せかけた個人戦のようなスポーツです。

守備の場合はある程度動く範囲が決められていますし、攻撃の場合には1人ずつバッターに立つため個人の力を出す場面が多いスポーツです。

それに対しサッカーは終始団体行動なので1人だけでプレイするという場面がありません。

こうしたことからチームプレイができるサッカーの方が人気がある傾向にあるのですが、それだけではなく容姿やイメージにも大きな差があります。

野球は昔から坊主の人が多い傾向にあります。

帽子をかぶる必要がありますし、気合を表現するためにも昔から野球をするなら坊主というのが暗黙の了解のようになっています。

それに対しサッカーをする男性の髪型は非常に様々です。中には染めている人もいます。

つまりスポーツに左右されることなく、自分に一番似合っている髪型のままでスポーツに挑むことができるのです。

プライベートにおいても野球をしている人よりもサッカーをしている人の方がオシャレで華やかな印象の人が多い傾向にあるため、そういったイメージが一般化してしまっているというのもモテる理由の1つです。

最後に

スポーツをやっていればどれも同じと思ったら意外と違いがあるものです。
学生時代からモテるスポーツというのはいくつか挙げられますが、その中にサッカーが入っているというのも納得です。
イメージだけではなく、モテる理由というのが存在した結果が明確に表れていると言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

将来仕事にできそうな趣味:バリスタ

音楽が好きでずっと楽器をやってきたから仕事はその関係に進みたいとか、絵を描くことが大好きだからそれを仕事として生きていきたいと思うと、とても楽しみになってくるものです。 しかし仕事にするということは収 …

ハンドメイド販売するなら「tetote」でこだわりのお店始めよう!

手作り品の通販サイトを探しているなら、tetoteがおすすめです。ハンドメイドの作品を、アーティストが販売しているので完全オリジナル、世界にひとつだけのアイテムが購入できます。 アーティストにとっては …

華道の魅力と習うメリット

華道とは、室町時代から続く日本伝統文化の一つ。 花や枝物を器に活けることで、その花達にもう一度命を吹き込む技術でもあります。

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:クラブ

放課後・仕事上がりの時間帯。ただ家に帰ってダラダラとテレビを見たりスマホをいじったりするだけじゃ、味気ない…。 身体を動かしたいけれど、夜の時間ではできるスポーツも限られまる…。 そんな体はうずうずす …

絶妙な美しさ!石を積むアート「ロックバランシング」

密かにブームになっていることが意外と巷には存在しますが、「ロックバランシング」もそのひとつと言えるでしょう。 恐らく初めて耳にされる方も多いかと思われますが、要は積み上げた石でバランスを取るアートのこ …

楽天モーションウィジェット