女性が思わず惚れる!将棋が趣味だとモテる理由は?

近年、将棋がブームを迎えています。
様々な人が遊ぶことができ、年齢に関係なく将棋の話で盛り上がることもあるほどです。

女性の中には趣味が将棋と答える男性のことが好きになるなど、将棋をする男子がモテるという現象が今起きています。

スポンサーリンク

将棋をやっているとモテるポイント

考えている姿がかっこいい

将棋は思っている以上に考えなければならないゲームです。

単純に駒をとっていると、数手先に潜むワナにハマってしまうということもあるため、一手ずつ考えて指していくことが求められます。

例えば、こうしたワナをかいくぐっているというのが女性がわかれば、男性に対して、この人はすごいという感覚を持つようになります。

考えている姿はまさに真剣そのものであり、大会の時にヘラヘラしながら指している人は誰もいません。

男性のかっこいい姿を見ると、女性は素直にかっこいいと思います。

その姿に真剣さが加わると、それまでにさほどいい印象がなかった人でも印象を変えるほどのインパクトを与えるため、将棋を趣味にしている男性はモテるということにつながっていきます。

仕事中の姿に惚れる女性が多くいるように、将棋などで多少怖い顔をして考えている男性を見てると、女性はキュンとします。

もちろん、それで勝てば最高ですが、たとえそこまで強くなかったとしても、楽しみながらやっていれば、魅力的に思えるため、いずれにしてもモテるようになります。

覚悟を決めて決断をするところ

将棋というゲームは持ち時間があり、場合によっては一手10秒で指すことを要求されたり、持ち時間3分の中で決着をつけなきゃいけなかったりします。

そのため、優柔不断では確実に負けてしまい、どこかで決断を下さなければなりません。

多くの女性は優柔不断な男性を嫌いますが、その対極にいるのが将棋を趣味としている男性であり、時間のない中、どんどん決断をしていく人を見ていると、この人はすごい人なんだというのがわかり、好きになっていきます。

覚悟を決めて決断をするのは時間に迫られた時だけではありません。

下手をすれば無謀な手かもしれないけれど、もしかしたらすでに勝負が決まっているかもしれないという局面において踏み込むことができるというのは、男性であってもかっこいいと思えるほど簡単にできることではなく、女性からすれば当然のようにすごく感じるようになります。

勝負に出ることはそう簡単にできず、普通の人であれば躊躇するのがほとんどです。

そんな中、踏み込んでいけるというのはかっこよく思え、それが将棋だったとしても同じことです。

負けを認められる潔さ

負けを認めるということは実に難しいことであり、苦しい行為でもあります。

あまりにも悔しくて負けを認めたくないという子供も多く、子供の時に将棋を学ばせると礼儀を知ることができるだけでなく、負けを認めるために心の整理をつける習慣が子供の時から身に付き、自分の心をコントロールすることが可能です。

こうした潔さというのを女性は好み、素直に負けを認め、自分の至らなさを振り返る行動に、器の大きさを感じるようになります。

日常生活において、見苦しさを見せる男性というのが実に多く、謝ってほしくても簡単には謝ってくれない、非を絶対に認めようとしないという人が目につきます。

女性でなかったとしてもそういう男性は腹立たしい存在ですが、一方で、負けたことを素直に認め、冷静に振り返ることができる人を見れば、そのこと自体にすごさを感じるのは当然と言えます。

普段の生活でそういうことをする人がいないというのは、希少価値をそこから感じることにもつながるため、自然とそうした人はモテるようになり、将棋への印象が上がります。

将棋を指す手つきがかっこいい

プロ棋士を見ると、その手つきはとてもかっこよく、手先がとてもきれいであり、しかもしなやかに駒をとり、盤面に打ち付けられた音も上品であることから、それだけで神秘を感じます。

普段の日常生活で接している人が将棋を指していたとしても、いつも以上に魅力的に感じるようになります。

手つきがうまければプロになれると言われるほど、この手つきは誰でも簡単にできるものではなく、最初は不格好になりがちでぎこちなさを感じます。

男性の手がきれいだと、女性はその手に興味を抱きます。

特に指先などを手入れしていると、それだけで好印象を覚えるなど、手先の部分というのは将棋に限らず、モテるポイントになりやすいのが実情です。

そんな中、手つきがかっこいいとなれば、かなりの相乗効果になることは容易に想像ができると言えます。

近年はネット将棋というものが流行しており、将棋は強いものの実際に駒を触れたことがないという人が多くいます。

実際の将棋盤で対局をしていて、しかも手つきがかっこいいという人は相当な腕前です。

最後に

将棋を趣味とする男性が好きになるパターンは、自らも将棋をはじめ、自分では及ばないほどその男性が強いからという理由も増えてきています。
多くの面で女性にモテる趣味でもあり、始める年齢が遅くても強くなることはできます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-趣味
-

関連記事

結構変わってるマニアックな趣味:コスプレ

最近は市民権を得るようになってきたものの、マニアックな趣味といえばコスプレがあります。 誰もが気軽に楽しむことができる趣味の一つになりつつあります。

初心者にもおすすめ!登山の魅力

現代はストレス社会とも言われており、日々の生活の中でストレスを抱えている人は大勢いると思います。 自然の中にいると、普段の忙しさやストレスから解放されるような不思議な感覚になります。 登山はリラックス …

身体を動かしてリフレッシュできる趣味:バスケットボール

ストレス社会が叫ばれて久しい昨今、いかにして溜まったストレスを解消するかは大きなテーマです。 休日などに身体を動かして発散したいと思う人に最適な趣味が、バスケットボールです。

老化防止にもなるクリエイティブな趣味:カメラ

フィルム時代にカメラを始めたベテラン諸氏の中には、一般大衆にとってのカメラとは記録写真を撮るための道具であって、素人の趣味としては敷居が高いとお考えの方がいると思います。 確かに昔はそのような傾向があ …

手軽に始められる趣味、カルトナージュは実は極めると奥深い!

カルトナージュは、元々フランス発祥の手芸で、カルトンという厚紙で組み立てた箱に、中厚手くらいの丈夫な綿や麻の布生地や、好みの色柄のラッピング用紙を貼り付けて装飾することを言います。

楽天モーションウィジェット