アクション映画の代表3作品といえば?

アクション映画で特におすすめの作品を3つ紹介します。

スポンサーリンク

アクション映画と言えばコレ!

1.レヴェナント: 蘇えりし者

主演がレオナルド・ディカプリオとトム・ハーディ、作曲が坂本龍一という豪華キャストで話題になったアクション映画ですが、ただのアクション映画では無いところが大ヒットに繋がった作品です。

物語は1800年代の、狩猟部隊と先住民との衝突を中心に、同じ部隊の人間に息子を殺された男の復讐の話になるのですが、映像は終始大自然の中で撮られており、映像美とサバイバル、アクションが秀逸な作品に仕上がっています。

この映画は、1800年代の歴史的背景や装備を取り入れ、視聴者をまるでその年代に飛ばしたかの様な、背景にマッチした映像となっています。

撮影にもこだわっており、映像は自然光、劇中の自然や小道具、舞台にまでリアルを追求する徹底ぶりにより、まるでサバイバルアクションのドキュメンタリーの様な映像に仕上がっています。

見所としては、先住民との銃撃戦や熊との闘い、大自然でのサバイバル、俳優達の演技などが挙げられます。

前述の通り、リアルさを追求した作品ですので、動物の狩りや戦いには少々の残酷なシーンが映っていたり、瀕死の重傷を負う主人公のあまりにも生々しい怪我などに一歩引いてしまう方もいるかもしれませんが、過酷な時代やサバイバルを描く上ではこれ以上ない演出になっています。

主演のレオナルド・ディカプリオの初アカデミー賞主演男優賞作品ということもあり、知名度は高い作品です。

また、受賞に恥じない素晴らしい演技で、作中では観る人間を圧倒する振る舞いをしていますので、これから観る方には必見です。

レヴェナント:蘇えりし者 [DVD]

2.ジョン・ウィック

内容などどうでも良く、とにかくアクションが観たいという時には、この映画が最適でしょう。

それほどまでにアクションに特化した作品であり、日本のアニメや香港映画のカンフー、ガンアクションを取り入れており、日本人にも馴染み深い立ち振る舞いがある内容になっています。

物語は主人公が最愛の妻を失い、悲しみのどん底の中、死んだ妻からの贈り物であるペットの犬と新生活を始めるところからになります。

アクション映画ではよく見る展開ですが、そんな生活はすぐに破綻します。

偶然、自身が乗っている車をマフィアのボスの息子に目を付けられ、強奪されると同時に犬も殺されます。

その復讐の為に、マフィアを息子とボス共々壊滅させるという内容になっています。

この作品、とにかくアクションの時間が長い。

銃撃戦が一番多いのですが、その中にもカンフーを取り入れ、肉弾戦とのハイブリットな戦いを演じるので、観ていて飽きがこないのが特徴です。

主演のキアヌ・リーブスは御年50歳を過ぎていますが、そのことを全く感じさせない切れのある動きをしており、観る人を圧倒させます。

この手の内容が薄いアクション作品は単発ものが多いのですが、映画自体は大ヒットを受け、シリーズ2の製作が決定しています。

それほどまでにアクションが大勢の方に受け入れられたということでしょう。

主演のキアヌ・リーブスとカンフー、ガンアクションという単語から、大ヒットした3部作のマトリックスシリーズを彷彿とさせますが、もしかしたらそれに次ぐ作品になるかもしれません。

とにかくアクションを求めている方には是非ともお勧め出来る作品です。

ジョン・ウィック 期間限定価格版 [DVD]

3.ロック・ユー!

上記の2作品と比べると少し昔の映画にはなりますが、色褪せない内容とアクションという意味では全く引けを取らない映画です。

2001年に上映された映画で、今は亡きヒース・レジャーがハリウッドで初めて主演した作品です。

物語は中世ヨーロッパで、貴族に憧れる平民が、運と実力、人望を駆使して夢を叶えるという内容のもので、貴族と騎士しか参加出来ない馬上の槍試合を中心に描きます。

平民である主人公が貴族になりすまし、本物の貴族や騎士をなぎ倒していく様は痛快であり、この作品のキャッチコピーでもある、階級なんかブチ壊せというフレーズに相応しいストーリーとなっています。

作品の見所としては、馬上槍試合に焦点を当てたところにあります。

体術やガンアクションなどは一切無く、馬と槍でのみ戦う作品は非常に珍しい内容でしょう。

しかも中世の戦争などではなく、あくまで試合という設定上、規定のルールで戦うこととなります。

とは言え試合内容は非常にシンプルであり、物語を追っていけば自然にルールが把握出来ますので、その点は安心して観ることが出来ます。

後は馬上槍試合というものにどれだけ興奮出来るかになります。

冒頭にも書きましたが、この作品は若くして亡くなったヒース・レジャーのハリウッド初の主演作品となっています。

内容や演技、作品の仕上がり具合のどれをとっても秀逸な作品ですので、観て損をするということは殆ど無いかと思います。

また、恋愛要素も組み込まれており、ただのアクションで終わらないところも見所となっています。

ロック・ユー! [DVD]

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-,

関連記事

東野圭吾の小説のおもしろさとオススメの1冊

人気の小説家は数多くいますが、今回はその中でも東野圭吾さんについて紹介します。

人気でチケットが取れないと話題!美声がやみつきになる音楽劇4選

映画を見に行くというのも楽しくて充実した時間が過ごせるのですが、舞台で行われる演劇にもリアルタイムで演じているからこその魅力があります。 特に音楽劇の中には、美声がやみつきになると言われるほど高く評価 …

今推すべきアイドルとは?韓国の男性アイドル編

一時期の韓流ブームが落ち着きを見せる中、密かに熱い熱気を帯びているのがK-POPと呼ばれる、韓国人アイドルによる歌とダンスによるパフォーマンスです。 韓国の音楽業界は、ソロ歌手やバンドもある中で、ガー …

元気が出ないときに見たいミュージカル映画5選

元気が出ないときや落ち込んだときには、美しい音楽や楽しいメロディが心を癒してくれます。 おすすめのミュージカル映画を紹介します。

【ポスト宮崎駿?】庵野秀明と宮崎駿の関係について

宮崎駿と庵野秀明は、師弟関係といえます。 宮崎駿氏の本格的オリジナル長編アニメーション映画の第一作にあたる、「風の谷のナウシカ」で、庵野秀明氏は、とても重要なシーンの描写を任されています。 それは、「 …

楽天モーションウィジェット