アメコミ映画の代表3作品といえば?

アメリカン・コミックスの人気作品はいくつもありますが、特に代表的と言える作品を3つ紹介します。

スポンサーリンク

アメコミ映画と言えばコレ!

1.バットマン

バットマン(BATMAN)はアメリカのDCコミックス社が出版しており、映画やアニメなどさまざまなメディア化がされている人気のアメコミ作品です。

架空の都市であるゴッサム・シティを舞台に、大金持ちで実業家のブルース・ウェインが黒のヒーロースーツに身を包み、バットマンとなって街を脅かす悪と戦うストーリーで、いくつも映画化されています。

1989年に映画監督のティム・バートンによって映画化され、全米で人気を博し、日本でも大ヒットしました。

さらに「バットマン・リターンズ」や「バットマン・フォーエヴァー」などが制作され、全世界においてヒットします。

シリーズは途切れてしまいますが、映画監督のクリストファー・ノーランが制作した「バットマン・ビギンズ」において設定が一新され、その後も続編である「ダークナイト」や「ダークナイト・ライジング」が公開されました。

2016年、新たに「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」において登場し、スーパーマンと共演しています。

バットマンの魅力の1つに、ストーリーに登場するさまざまな悪役(ヴィラン)があります。

ジョーカーは真っ白な肌にピエロのような顔で、笑いを常に浮かべるバットマンの宿敵です。
非常に残忍な性格で鋭い頭脳を持ち、何度もバットマンを苦しめました。

キャットウーマンはアンチヒロインで、バットマンとは複雑な愛憎関係を持っています。
時と場合によって敵にも味方にもなる魅惑的なキャラクターです。

その他にもさまざまなヴィランが登場し、ストーリーを盛り上げています。

ダークナイト ワーナー・スペシャル・パック(初回仕様/3枚組) [Blu-ray]

2.スーパーマン

スーパーマンはアメコミに登場するヒーローで、DCコミックスから出版されており、何度も映画化されている人気作品です。

大都市メトロポリスにある新聞社デイリー・プラネットに勤務するクラーク・ケントが主人公で、一見地味な感じのする男性ですが、実は惑星クリプトンからやってきた宇宙人です。

事件や事故が起こるとスーパーマンになり、人々の平和を守るために大活躍します。

着ているビジネススーツを脱ぐと、その下には青いコスチュームを着ていて、胸にアルファベットのSがあり、赤いマントを羽織って大空を飛ぶことが可能です。

1978年にリチャード・ドナーが監督し「スーパーマン」が制作され、大ヒットを記録しました。

その後、続編がいくつか制作され、スーパーマンの活躍が描かれています。

2006年「スーパーマン・リターンズ」として再び制作され、スーパーマンが地球を旅立ってから5年経過したストーリーが描かれた作品です。

2013年にザック・スナイダー監督による「マン・オブ・スティール」が制作され、アメコミのDCコミックスにおけるクロスオーバー作品として第1作目の作品で、スーパーマンがまだ赤ん坊の頃の惑星クリプトンからストーリーは始まります。

その後2016年にバットマンと共演した「バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生」が制作され、スーパーマンの宿敵レックス・ルーサーが登場しスーパーマンを苦しめました。

同じDCコミックスのキャラクターであるワンダーウーマンも登場し、スーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーズ」の誕生が描かれている作品です。

バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 [DVD]

3.アベンジャーズ

アベンジャーズはアメコミであるマーベルから出版されたコミックシリーズに登場する地上最強のヒーローチームです。

アイアンマンやキャプテン・アメリカなどキャラクター毎に制作された映画もありますが、アベンジャーズはマーベルが生み出したヒーローたちが集結した映画作品で、さまざまなヒーローやヒロイン、ヴィランが登場しています。

第二次世界大戦の英雄キャプテン・アメリカや、事業家であり科学者であるトニー・スタークが変身するアイアンマンなど、多彩なキャラクターが世界平和のために敵と戦う作品です。

北欧神話の神様マイティ・ソーはハンマーを使って敵をやっつけ、緑の巨人ハルクはブルース・バナー博士がガンマ放射線を浴びてしまい、巨人に変身し怒りのパワーで強くなることができます。

ナターシャ・ロマノフはすご腕の女スパイで、作品では魅惑的なファム・ファタール的な存在です。

2012年にクロスオーバー作品として「アベンジャーズ」が制作され、瞬く間に大ヒットしました。

その続編として「アベンジャーズ エイジ・オブ・ウルトロン」が制作され、お馴染みのヒーローたちが活躍しています。

キャラクター単体としては、「アイアンマン」シリーズや「インクレディブル・ハルク」、「マイティ・ソー」シリーズなどが制作され、それぞれ世界中で人気を博しました。

2016年「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」では、アイアンマンチームとキャプテン・アメリカチームに分かれてアメコミのヒーローたちが戦います。

スパイダーマンも登場し、今後の活躍が期待される作品です。

アベンジャーズ MovieNEX [ブルーレイ DVD デジタルコピー(クラウド対応) MovieNEXワールド] [Blu-ray]

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 映画
-

関連記事

曲の聴き方が変わる!レゲエの話

日本でもファンが多い音楽ジャンルのひとつが、レゲエです。 レゲエについて紹介します。

日本での海外ドラマ流行の歴史

海外ドラマには日本のドラマにはない魅力が満載。 昨今ではインターネット配信サイトも増加し、海外ドラマも気軽に見られるようになりました。 一度見始めたらついつい夢中になってしまう海外ドラマは、実は案外古 …

過去にTwitterで炎上したことがある芸能人まとめ

Twitterは日常的なSNSとしてすでに社会に浸透しています。 でも書いているほうは「つぶやき」でも、それは明らかに本人の「発言」として認識されてしまうのです。 そんなTwitterで炎上を起こして …

ダンスが印象的な海外アーティストとは?~男性編~

世界的に有名で、人気がある男性海外アーティストの魅力の一つに、彼らのダンスの技術があります。 歌のうまさや曲の素晴らしさはもちろん、ダンスの技術も高く、多くの国で彼らのMVは流され、ダンスを真似してい …

フィルム・ノワール映画の特徴と代表作

フィルム・ノワールというものをご存知でしょうか? 映画のジャンルのひとつですが、明確な定義が難しいものでもあります。 そんなフィルム・ノワールと作品について紹介します。

楽天モーションウィジェット