春から一人暮らし!気になる引っ越し費用の相場は?

スポンサーリンク

一人暮らしの引っ越し費用の相場を知っておこう

3月や4月などの年度の始まりとなる季節には、新生活で一人暮らしを始める社会人や学生が非常に増えます。

一人暮らしをするために引っ越しをする場合には、自分で引っ越し行う方法と業者に依頼する方法が挙げられます。

一人暮らしとなると荷物もそう多くはなく、また新しい家具や家電を購入したとしても新居にそのまま運びこむことで、残りの必要なものを自分で運ぶ形をとることができます。

しかし荷物が多い場合や、遠距離の引っ越しの場合には、業者に依頼することになります。

一人暮らしの引っ越しは荷物もそれほど多くないので、業者に依頼したとしても費用はそんなにかからないだろうと安心している人もいるかもしれませんが、時期によっては高額な費用がかかることもあるのです。

引っ越し料金の決まり方

そもそも引越し料金とはどのように決まるのでしょうか。

法律により、ある一定の基本料金が定められています。

内訳としては、荷物を運ぶためのトラック代、荷物を搬出したり搬入するために必要な作業員の人件費、引越し先まで移動する際のガソリン代や高速道路の料金が挙げられます。

これらの基本料金に様々なものをプラスして、価格が決まっていきます。

3月や4月の引越しの繁忙期には、価格が上乗せされます。

反対に引っ越しの少ない時期や、平日などには費用はぐんと安くなるでしょう。

一人暮らしの引っ越しの場合には、家族での引っ越しに比べると荷物の量が少ないので、トラックは小さいタイプでも大丈夫でしょう。

作業員も一人や二人でも対応できることがあるので、家族の引っ越しに比べるとかなり安くなるといえます。

しかし、一人暮らしの引っ越しの場合には、通常と同じように行うと、価格が高くなってしまいます。

荷物が少なければ単身パックがおすすめ

そこで一人暮らしの引っ越しにおすすめなのが「単身パック」と呼ばれるものです。

単身パックは、同一市内などの近距離での移動であれば、1万円台で利用できる可能性もあります。

同一県内であっても、3万円から4万円ほどで利用することができるでしょう。

単身パックは多くの業者で取り扱いが行われているプランですが、専用のボックスに入るだけの荷物を運んでもらうシステムです。

専用ボックスをほかの荷物と一緒に宅配便のように郵送することで、トラックや作業員にかかる費用を抑えることができるのです。

単身パックの利用が向いている人といえば、一人暮らしでも「荷物が少ない人」です。

たとえ一人暮らしでも荷物が多い人の場合には、専用のボックスに入りきらなくなり、入りきらなかった荷物を運ぶ費用が高くなってしまう可能性もあるのです。

きちんと見積もりを取ってから利用した方がよいでしょう。

一人暮らしの引っ越し料金の相場

それでは、一人暮らしの引っ越しにかかる費用の相場とはどのようになっているのでしょうか。

・同一市内などの近距離の場合、3万円から5万円前後
・同一県内の中近距離の場合、3万円から8万円前後
・遠距離の場合、5万円から15万円ほど

引っ越し費用を少しでも抑えるために

一人暮らしといっても、業者を依頼する場合には、少しでも引越し費用を安くしたいものです。

荷物をなるべく減らす

やはり単身パックを利用するのが最も良い方法であるので、専用のボックスに荷物が収まるように、できるだけいらない荷物は捨てるようにしましょう。

もったいなくて捨てられないというのであれば、リサイクルショップに持ち込んだり、オークションを利用して販売するという方法もあります。

自分にとっては必要のないものでも、他人から見れば非常に必要であったり、ほしいものである可能性はあるのです。

複数の業者から見積もりを取る

そして引越し費用を抑えるためには、複数の業者から見積もり請求を行うということです。

これは費用を安くするためには、必ず必要であるといえます。

1社しか見積もりを取っていないのにすぐに契約を決めてしまう人もいるかと思いますが、これでは費用を抑えることはできません。

引っ越し料金は業者によってばらつきが非常に多いものです。

そのため複数の業者に見積もりを依頼し、比較したうえで業者を選ぶと良いでしょう。

もちろん安いことがいいこととは限らないので、価格だけでなくサービスや内容、ときには口コミなどを参考にして、総合的に判断すると良いでしょう。

しかし引っ越しの見積もりを複数の業者に依頼することは、なかなか時間がかかるものです。

仕事などで時間が取れない人の中には、めんどくさくなって最初に見積もりを取った業者に決めてしまうという人もいるかもしれません。

そこでおすすめとなるのが引越しの見積もりを一括で請求することができるサイトです。

一度請求すれば、複数の業者の見積もりを請求することができるので、忙しい時にもぴったりの方法です。

利用したいと感じた業者を2~3社選んだら、値引き交渉を行うことができるでしょう。

値引きが無理だとしても、特典を増やしてくれたりする可能性もあるので、しっかりチェックしておきましょう。

最後に

一人暮らしの引越し費用であれば、なんとか5万円以内には抑えておきたいところです。
新生活が始まると、なにかとお金がかかるものです。
節約できるところは、しっかりと抑えるようにしましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:各宗教の香典の表書き

人が亡くなった時のお別れの方法はさまざまであり、それは国によっても宗教によっても違ってきます。 一般的では、マナーを守って用意しておいたことであっても、その宗教では失礼にあたることもあるので、注意が必 …

後悔しないで!妊娠中にやっておきたいこと|資格取得

お休みはレジャーに、お買い物に、とアクティブに動いていた方にとって、妊娠した途端に体を気遣わなくてはならなくなり、思うように出かけられなくなるという事は、大きなストレスになってしまいがちです。 自分の …

フリマアプリ「ハロマ」の特徴や使い方

あなたの自宅には、きっと使わないまま余っているものがあるはず。 置いておいても場所をとるし、埃をかぶっていくだけ。 ぜひフリマアプリで売って、すっきりさせましょう。本当に使ってくれる人が、買ってくれる …

100万円を貯金するために、財形貯蓄と財形給付金を知ろう

貯金で100万円貯めたいけど、なかなか貯められない方、それは貯金の仕方に問題があるかもしれないです。 お金を確実に貯める貯金方法として、財形貯蓄や財形給付金があります。 どのようなものなのか解説します …

生活をよりスマートに|注目の最新家電「DC扇風機:ツインバード」

夏日ではなく、もはや猛暑日や酷暑まで言われている昨今では、クーラーでも全くもって追いつかないぐらい、暑さを感じると思います。 その中で扇風機を強風にして風を作ったとしても、単に熱風が襲ってくるだけです …

楽天モーションウィジェット