引っ越し費用を安く済ませるコツ


引っ越しをすると何かと費用がかかってしまうものです。

少しでも費用を安くしたいと考えている人も多いですが、情報収集をしっかり行い、自分のニーズに合わせた引っ越しの方法を探すことで費用を少しでも安く抑えられます。

スポンサーリンク

引っ越し費用を抑えるためのポイント

友人に手伝ってもらう

近くに引っ越す場合は、業者へ頼まずに自力で行うとかなり費用が安く済みます。

友人に引っ越しの手伝いを頼む場合は、しっかり役割分担を決めて効率的に行うといいでしょう。

大型の家具や家電を運ぶ際には男性2名は必要で、車を運転できる人も必要になります。

車がない場合は、レンタカーが必要になります。

また、引っ越しを手伝ってくれた人たちへのお礼も必要です。

あまり大勢の人に手伝いを頼むと、お礼も沢山必要になり、業者に頼むよりも高くつく場合もあるので気をつけてください。

友人に手伝いを頼む場合は、車を持っている人に手伝ってもらったり、最低限の必要な人数だけにすると費用を抑えられます。

宅配便や単身プランを利用する

一人暮らしの引越しの場合は、上記の友人に手伝ってもらう方法の他に、荷物を宅配便で送るという方法もあります。

また、単身用のプランを用意している会社も多いので、荷物があまり多くない場合は利用するといいでしょう。

業者によって単身用プランの内容が違いますが、コンテナ1個分に収まるくらいの荷物なら、かなりリーズナブルな料金で利用できます。

ただし、ベッドや大きな家具はコンテナ1個にすべて収まらず、複数台のコンテナを用意しなければならなくなります。
その場合はかなり費用も高くなってしまいます。

大型の家具や家電がある場合は、単身用プランを利用せず、一般のプランを利用する方が、かえって費用が安く済むこともあります。

実家から一人暮らしをするために引っ越しをする場合は、全ての荷物を一気に運ばない方が費用を安くできます。

春に引っ越す場合は、冬物の布団や衣類、こたつやストーブなどは実家に置いておき、冬になったら送ってもらうようにすると、荷物が少なくなり費用を抑えられます。

古い家具や家電を引っ越しの時に持っていくか迷うこともありますが、古いものは処分してしまい、引っ越し先で新しい家具や家電を購入する方が、トータルだと費用が安くなることもあります。

荷造りは早めに

荷造りは時間がかかるので、できるだけ早めにおこなうことが大事です。

当日までに荷造りが終わっていないと、追加料金が発生する業者もあるので注意が必要です。

荷造りを引っ越し業者に依頼する場合は、業者によって費用も大きく違うので、相場価格をしっかり調べることが大事です。

相場を知らないと、高額な価格でもこんなものかと思い契約してしまいます。

たまに相場よりも極端に安い業者もありますが、そういう業者は後でオプションで追加料金が発生する可能性もあるので気をつけてください。

見積もりの時に、業者にどうしてそんなに安いのか聞いてみることも大事です。

しっかり理由を答えられる業者なら大丈夫ですが、適当にごまかす業者だと悪徳業者の疑いもあるので気をつけてください。

見積もりの時に、どういう時に追加料金が発生するもかもしっかり確認をとると後で後悔しません。

業者に見積もりを依頼する場合は、1社に絞らず複数社から見積もりをだしてもらうことが大切です。

最低でも3社以上から見積もりを出してもらうといいでしょう。

忙しくて家まで見積もりに来てもらえないという場合は、一括見積サイトを利用すると簡単に複数社から見積もりを出せます。

実際に見積もりに来てもらう場合は、スタッフの対応もしっかりチェックするといいでしょう。

スタッフの対応がいい加減な所は、後でトラブルに巻き込まれることもあるので気をつけてください。

ランキングサイトや口コミを利用して引越し業者を選ぶ方法もあります。

費用やスタッフの応対などを比較できるので、業者選びにはとても役に立ちます。

自分と同じタイプの引越しをした口コミを参考にすると、業者選びに失敗しません。

できれば繁忙期を避ける

引っ越し業者が忙しいシーズンを調べておき、余裕があるならそのシーズンを避けて業者に依頼すると比較的費用を安くできます。

3月・4月は業者が一番忙しい時期なので、できるだけその時期は避けると費用も安く抑えられます。

土日や祝日も引っ越しをする人が多いので、できれば平日に業者に依頼すると費用も安くなります。

早朝や夜中は割増料金を取られることが多いので、時間指定なしにすると費用が安くなることが多いです。

エアコンの取り付けや洗濯機の取り付けも引っ越し業者に頼めばやってくれますが、費用はどうしても高めになるので、専門の業者に依頼すると安く済みます。

不用品の回収なども引っ越し業者に依頼するとやってくれますが、こちらも専門の業者に依頼した方が安く済むこともあります。

引っ越しをする場合は、段ボールも多く必要になりますが、引っ越し業者に頼むと費用がかかるので、できれば自分で用意すると余計な費用がかからずに安く済みます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

絶対欲しい調理家電!クビンスのヨーグルト&チーズメーカー

家庭で、手作りのヨーグルトやチーズを作ることができるクビンスのヨーグルト&チーズメーカーを、使ってみませんか。 温度を20度から65度に保つことができるので、低温でヨーグルトやチーズを発酵させることが …

絶対欲しい調理家電!フィリップスのノンフライヤー

おいしい揚げ物を、家庭で簡単に作れる調理家電のフィリップスノンフライヤーが人気です。 フライ料理などがおいしく簡単にできて、なおかつ取り扱いがしやすいなど、調理家電に求められる機能がしっかり整っている …

ネット銀行活用術 : 関西アーバン銀行の特徴

関西アーバン銀行は、大阪府に本店がある地方銀行として存在します。創立は大正11年で、かなり古い歴史を持っているのがポイントです。地方銀行ではあるものの、都市銀行の三井住友銀行グループの傘下であるため、 …

100万円を貯めるために、電力会社や契約プランを見直そう

車や住宅の購入、教育資金や老後資金など、お金は人生においていくらあっても足りません。 普段から節約を心がけて貯金をしておけば、必要な時にすぐにお金を用意することができるので、生活にも余裕が生まれます。 …

いまさら聞けない年金入門|年金よりも生活保護の方がおトク?

老後に年金がもらえるのかどうか、不安を感じている人は少なくありません。 近年では、派遣や契約社員という雇用形態で働く人も増えており、厚生年金に加入をしていない期間が長い人や、加入はしていても支払ってい …

楽天モーションウィジェット