安くしたい!引っ越し費用の値下げ交渉術

引越しをするときの費用についてはいろいろな交渉術がありますよね。

値下げをしたい、なるべく安くしたいというのはもう当たり前のことで、値下げ交渉も様々な形で行われています。

この方法ですが、いろいろな交渉術があります。

スポンサーリンク

いろいろな交渉術を知っておこう

不動産仲介業者から案内してもらう

この不動産仲介業者とは、賃貸で家を借りるときに紹介してもらう業者のことです。

最近はネットで住宅情報をチェックして内見の予約をし、不動産仲介業者のお店に行って内容を詳しく聞いたり、他の情報を確認してから下見、というパターンが多いでしょう。

また、不動産仲介業者へネット上で相談して、直接物件を見に行くというパターンもありますね。

実はこの不動産仲介業者は不動産だけではなく、引っ越し業者の紹介や案内もしています。

業者によっては中間マージンなどが発生することがありますが、それでも価格が安くなることも少なくありません。

ただ、確実に安くなるかどうかは他の方法とも検討して比較してみることがベストです。

なるべく荷物量を減らす

費用を節約するためには、荷物の量を減らすことが大事です。

例えば、古い家具や安っぽい家具は本当に新しい家に必要なのかどうかをチェックしておき、必要なさそうなら遠慮なく処分してしまいましょう。

自転車や趣味に合わなくなった置物なども処分して、できるだけ荷物を減らすことが大事です。

最近の引っ越し業者は中古品買い取りなどもしています。

引っ越しのついでに不要なものを処分したり、家具・家電を売ってお金にするのも費用節約につながります。

また、不要な本や服、趣味のものなどは引越し業者では取り扱っていないことが多く、もし取り扱っていたとしても買取金額はそれなりのことが多いです。

専門的なものは専門店の買取りに出すのがおすすめです。

必要なサービスを明確にする

持っていく荷物やその先でやってもらうサービス(家電の取付や初期設定など)があれば、その内容を明確にしておきましょう。

荷物を自分で梱包するのか、業者におまかせするのかによっても変わってきます。

これは引っ越しの時にどういうことをしてもらうかによって、値下げ交渉や費用が全く変わってくるためです。

自分で梱包するほうが確実に安くなりますし、またやってもらうサービスによっては、近所の家電店に出張を依頼したほうが安くなる場合もあります。

このため、必要なサービスは事前に明確にしておきましょう。

引越し業者比較サイトを利用する

そして、引越し業者ごとに比較してみましょう。

簡単な見積もり程度なら電話だけでも大丈夫ですが、今はインターネット上でいろいろな引越し比較サイトがあります。

業者ごとの比較ができたり、大手会社だけに絞りたい場合などに対応しているところも少なくありません。

気をつけたいのは、このような比較サイトなどに申し込むと、本当に電話やメールなどがひっきりなしに来ます。

業者の数は多い上に、時間帯などを問わずにメールや電話が来ることが多いものです。

このため、メールアドレスは普段使わないメールアドレスを取得し、電話も普段使うものではなく別の電話番号を取得するか、あまり使わない電話番号を使うようにしましょう。

中には非常識な時間に電話してくる業者もありますので、夜に電話してきてほしくない場合は電話連絡の時間帯を指定したり、電話アプリの方で調整しておきましょう。

引越し業者から訪問見積もりを取る

簡単な見積もりをもらったら、その中から気になる業者を数社に絞り込みましょう。

そして、それらの業者から訪問見積もりを取るようにしましょう。

このときに、価格だけで選ぶのではなく、良い業者を選ぶためには営業の対応なども見ておきたいところでしょう。

また、そもそも最初から「他社と比較して決める」ということを明確にしておくといいですね。

こうすると、最初から費用重視の人だとわかりますから、引っ越し業者も努力してきます。

できるだけ安くしようとしてくれる場合があります。

ポイントなどもチェック

また、数百円から数千円くらい高額になる程度なら、他のサービスにも目を向けましょう。

最近は引っ越しによってポイントが付いたり、見積もりで特典が付く場合もあります。

こういった特典なども換算して、最も良さそうなところに依頼するようにしましょう。

ただ、不動産仲介業者などからの価格を安くしているプランの場合、ポイントがつかない場合もあります。

このため、ポイントが付くかどうかなどは事前にチェックしておきましょう。

ポイントなどまで見て合計でいくらくらい安くなりそうか、ということを見たいところです。

相見積もりをもとに、良さそうな業者に相談

最後に、いろいろな条件から比較して費用をチェックしましょう。

値下げ交渉のときは「この業者がこの金額で出してきているが、もう少し安くならないか」というようなことを提示するといいですね。

ちなみに、いくら安くても営業さんの対応が悪かったり、評判の悪いところはおすすめできません。

評判が悪いと後でトラブルになる可能性も高いので、できるだけ評判の良いところを利用しましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

いつから始める?胎教ってどんなのもの?|適度な運動をする

そもそも胎教とは何でしょう。それは、人によってとらえ方が変わります。 妊娠中から赤ちゃんに話しかけたりすることによって、親子の絆を深めるコミュニケーションという考え方もあれば、音楽を聴かせたり絵本を読 …

繊維の種類と特徴を把握する:化学繊維

化学繊維の仲間に分類される再生繊維の特徴ですが、元々天然繊維でもあります。

初心者におすすめのペット:カエル

見た目が苦手という人も少なくはありませんが、種類によっては非常に綺麗で他の生き物にはない魅力があるのが、カエルです。

すっきり片付け!クローゼット収納術

クローゼットを見てください。 スキマがありませんか? これは、うまく空間を利用できていないということです。 ちょっとした収納のコツをマスターすれば、うまく空間を埋められます。

繊維の種類と特徴を把握する:ウール

衣類に使われる繊維として、綿やシルク、ポリエステルなどが存在しますが、これらの繊維だと、身体を温める機能に関しては、やや心許ない部分があります。 薄い生地を作り出すのは得意としても、厚みがあり、ふんわ …

楽天モーションウィジェット