引っ越しの荷造りをスムーズに行うコツ


引っ越しで苦労したという意見が少なくないのが荷造り作業です。

家中の物をまとめていきますので手間がかかるものですし、単にまとめるだけでなく安全に運べるように工夫しなければいけません。

しかしコツを押さえておけば面倒な荷造りもスムーズ且つ上手に行えるようになるはずです。

スポンサーリンク

荷造りのコツ

オフシーズンの物から荷造りをする

まず基本的なコツはオフシーズンの物から荷造りを開始することです。

荷造りをする時には、どこから手を付けたら良いのか分からずになかなか作業が進まないものですが、使わない物からまとめるようにすれば動き出しやすくなります。

例えば春の引越しなら秋冬に使う物ですと出番も先ですので、そういった物からどんどん荷造りを行っていきましょう。

反対に使いそうな物を荷造りすると、いざという時に困りますから計画的に行うことが大切です。

使う場所ごとに荷物を分けて詰める

荷造りはブロック分けをして行うのもコツと言えます。

引っ越し先での荷解き作業をする際に、梱包した中身がリビングで使う物だったり寝室で使う物だったりすると整理をするのも大変です。

リビングの物はリビングの物だけで詰めるようにした方が後が楽ですから、やたらと詰めたりせずにブロックごとに梱包していきましょう。

ダンボールの準備

ダンボールのサイズはいくつか用意しておくと便利です。

大きめの方が便利に思われるかもしれませんが、中身を詰め過ぎてしまうと重くなり運びにくくなります。

できるだけダンボール全体の重さを均一にすることが大切ですので、いくつかのサイズを用意し、小さいサイズには重たい物、大きなサイズには軽い物を入れるように工夫してみましょう。

梱包作業を進める時は、ダンボールの補強をきちんと行っておきましょう。

その際に心がけたいのが、底面に十字のかたちでガムテープを貼りつけておくことです。

意外とHのかたちで補強をする人も多いものの、荷物を入れた時に負荷がかかりやすいのは底面の中心であり、Hのかたちですと底が抜ける恐れがあります。

底面の中心を補強するのが基本ですので、下準備としてやっておくと良いでしょう。

荷物を詰めていく時のポイント

実際に荷物を詰めていく時にも心がけた方が良いことがあります。

特に食器類には十分注意した方が良いと言えます。
運搬をする際の振動によってお皿やコップが割れるケースは多いですから、きちんと対策をすることが大切です。

食器類を安全に運ぶためには、それぞれを丁寧に包装するのが基本と言えます。
その際には緩衝材や新聞紙を使うようにしましょう。

そして個々で包装をしたら、お皿の場合は縦にして詰めていきます。
横にすると上の皿の重量で破損することもあります。

コップについては飲み口を下向きにして入れましょう。
底面を下にすると意外と割れやすく、特にワイングラスのようなものは足からダメになりますので注意が必要です。

ひとつのダンボールにあまり量を入れ過ぎないように気を付ける必要があります。
下のお皿などに負荷がかかってしまいますので、いくつかに分けて梱包をした方が安心です。

ダンボールに詰め終えたら、隙間をしっかりと埋めておくことも忘れてはいけません。

運搬中に中身が動くと割れやすくなりますので、丸めた新聞紙などを隙間に入れて固定をすることが大切です。

最後に中身について記載しておくのもおすすめです。

食器が入っていると分かるようにしておけば、運ぶ時にも注意しやすくなりますし、引っ越し先で整理する時にもスムーズに行えます。

家具家電を荷造りする時のポイント

家具家電についてですが、ベッドや本棚などですと基本的には分解し、テレビやパソコンなどもコード類を抜いて運び出します。

その際には付属品をなくさないように注意が必要です。

例えば、ベッドの組み立てに必要なネジやボルトなどを紛失すると後々になって困ります。

ですから分解する時に本体にテープなどで貼り付けておいた方が良いでしょう。

組み立ての時にもスムーズに作業ができて安心です。

また、テレビなどのケーブルについてもちゃんと分かるようにしておくことが大切です。

いろいろなケーブルをごちゃ混ぜにしておくと、どれがどれだか分からなくなってしまうこともありますので注意しましょう。

先に荷造りしない方がいいもの

引越し日に向けてこうした作業を着々と行っていくことになりますが、ただその作業の中で一緒にまとめないようにした方が良い物もあります。

まず掃除道具です。

全ての荷物を運び出したら掃除を行うかと思われますし、その時に掃除道具がなくて困るというケースも案外あります。

そのため掃除機をはじめ、洗剤やスポンジ、雑巾、タオルなど、掃除に使いそうな道具については残しておくと良いでしょう。

貴重品についても最後まで残しておいた方が安心です。

通帳や印鑑、カード類、その他の大事な物は最後まで残して自分で運ぶのが基本です。

ですから他の荷物と間違わないようにダンボールなどには入れない方が良いですし、貴重品袋などに入れて一目で分かるようにしておきましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-,

関連記事

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : フライヤー

天ぷらやフライ料理などは、自宅で作ることが可能です。鍋やフライパンなどに油を入れ、加熱して衣をつけた食材を投入して揚げますが、自宅で作ると揚げたてを食べられるのが魅力的です。 香ばしく、ジューシーな味 …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:弔電を送る際のマナー

お通夜や葬儀に参列出来ない場合に、お悔やみの気持ちを表すメッセージとして、弔電を送るのもマナーに適ったことです。 ただ、故人に失礼のないように、遺族の気持ちを逆なでしないように、送るように注意する必要 …

洗い方をマスターする:キッチンマット

キッチンマットにも、洋服と同じように洗濯表示が付いているものであり、その指示に従って洗う必要が出てきます。

美を追求する最新美容家電 ― スチーマー ―

美容家電があれば、エステサロン並みのケアを自宅で体験できます。スチーマーもそのような美容家電の1つですが、この機器は顔に対して蒸気を当てることで使います。 蒸気を当てると、様々な効果を引き出してくれま …

注意しておきたい:猫がかかりやすい病気について

少子化に伴い今後ますます増えていくであろうペットの需要ですが、既にペットを飼っている人も大勢いますね。 人気のペットと言えば猫です。癒しになり大事な家族の一員ですが、生き物を飼うという事は苦労もありま …

楽天モーションウィジェット