引っ越し準備は何から始めるべき?


今の住まいから引っ越しすることになったら、すぐにでも準備に取り掛かった方がいいでしょう。

引っ越しの準備は大変な作業ですから、間近になってから荷造りを始めても、当日までに終わらずに慌てることにもなりかねません。

スポンサーリンク

引っ越し準備に必要なこと

まずは思い付くままに、やらなければならないことを書き出して、リストを作っていきましょう。

引っ越しの準備で必要なことを大きく分類すると、「荷造り」と「各種の手続き」に分けられます。

書き出した内容が荷造りに入るか手続きに入るかを分けたら、その準備をいつまでにやらなければならないか整理しながら並べていきます。

引越し当日の1ヶ月前までには取り掛からなければならないものもありますし、2週間前まで手が付けられないものもあるでしょう。

1週間前まで、前日まで、当日と順番良く並べましょう。

引越し後にやるべきことも同じようにリストアップしてスケジュールを立て、分かりやすい場所に貼っておくと予定通りに進めることができます。

退去の連絡

一番初めにやるべきことは、退去の連絡です。

アパートや賃貸マンション、賃貸一戸建てといった物件にお住まいの方は、契約している物件の解約手続きを行う必要があるため、不動産管理会社や大家さんに連絡をして退去する旨を伝えます。

なぜ早く連絡しなければならないかと言うと、賃貸物件のほとんどが1ヶ月前までに退去の報告をすることを契約書に明記しているからです。

ただ物件によっては1ヶ月よりも前に報告するよう定めている場合もあるため、入居するときに賃貸人と交わした契約書の内容を再確認しておきましょう。

引っ越し業者探し

退去の連絡と同時に始めるのが、引っ越し業者探しです。

特定の業者に決めている場合は別ですが、どの業者を選んでいいか分からないというときは、一括見積もりサービスの利用をおすすめします。

このサービスはインターネットの画面上で料金の見積もり依頼が簡単にできるようになっており、お住まいのエリアで利用できる業者から見積もり額を提示してもらうことができるのです。

業者が提供しているプランやオプションサービスなど詳しい内容は業者のホームページで調べられますが、どの位の料金がかかるのかは見積もりを取らなければ分かりません。

一括で見積もりを依頼すれば、各業者から届いた見積もり額を比較できるので、一番安い業者と契約できるというメリットがあります。

ただし、繁忙期の引っ越しでは業者探しから始めて、確実に予約が取れてから退去の連絡をすることがポイントになります。

年度末となる3月やゴールデンウィーク、夏休み期間中、年末などは引っ越しの繁忙期となるため、自分が希望する日に業者の予約が取れない可能性があります。

部屋の片付けと荷造り

引越し日が確定したら、部屋の片付けと荷造りを始めましょう。

片付けを始めると、普段しまったままになっている押し入れやクローゼットの奥の方から大量の不用品が出てくる場合があるので、ゴミ袋やビニールひもなどを用意しておくと安心です。

押し入れの奥にはいつか使うかもしれないと収納したままになっているものがありますが、荷物を減らすためにも引越しの機会に思い切って処分するというのも一つの方法です。

家庭ゴミとして処分できるものはゆっくりでも構いませんが、粗大ゴミとなる大きな不用品は出せる日が限定されていますから、早めに手配した方がいいでしょう。

混雑状況によっては粗大ゴミの回収日に間に合わず、そのまま新居に運ぶことにもなりかねません。

荷造りは先に普段使っていない衣類や雑貨、食器類などをダンボールに詰めていきます。

毎日の生活に必要なものは残しておき、前日に荷造りできる状態にしておきましょう。

各種手続き

引越しの1週間前になったら、各種の手続きに漏れがないか確認しましょう。

役所では転出や転居の届けを行いますが、同時に国民健康保険や印鑑登録の廃止手続きなども済ませます。

役所で必要な手続きは一人一人違うため、どのような手続きを受け付けているか分からないときは、役所で聞きながら進めていくといいでしょう。

電気、ガス、水道は解約の手続きと開始の手続きの両方が必要です。

今の住まいで使っている電気、ガス、水道のそれぞれの事業所に連絡をして、供給の停止と最終料金の支払いについて確認しましょう。

新居では当日から使い始めることができるように、しっかり準備をしておかなくてはなりません。

インターネットの回線とプロバイダ契約を行っている方は、そのまま同じ会社を使う場合と別の会社に切り替える場合とで扱いが違ってきます。

新居でも同じ会社を使い続けるなら引っ越しすることを告げるだけで構いませんが、切り替える場合は時間がかかるので、できるだけ早めに手配を済ませておきましょう。

クレジットカードや保険、携帯電話などの住所変更手続きは引っ越し後に行ってもいいですが、郵便物が届いたときに困らないよう、郵便局で転送の手続きを行う必要があります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-暮らし
-, ,

関連記事

いまさら聞けない年金入門|専業主婦の年金について

年金制度には知っていると得をして、知らないと損をするという仕組みがたくさんあります。しかし、それを教えてもらえる機会はそうないのが現状です。 自分で調べて年金事務所に足を運ばないと、せっかく用意された …

繊維の種類と特徴を把握する:ウール

衣類に使われる繊維として、綿やシルク、ポリエステルなどが存在しますが、これらの繊維だと、身体を温める機能に関しては、やや心許ない部分があります。 薄い生地を作り出すのは得意としても、厚みがあり、ふんわ …

ハガキで出そう!引っ越しの挨拶状の書き方

引っ越しをした際は挨拶状を出す必要があります。 最近はメールなどで済ませてしまう人も増えてきましたが、メールだと埋もれてしまって数ヵ月後には忘れられてしまう可能性もあります。 きちんとハガキで挨拶状を …

格安スマホと大手キャリアとの違いは?

格安スマホの台頭によって、大手キャリアからシフトする人が増えています。 ただ、格安スマホが登場してからの歴史は、まだ長くありません。 そのため、大手キャリアとはどのような違いがあるのか、まだよく分から …

初めての一人暮らし:ルームシェアのメリット・デメリット

これまで実家で生活していた人が、初めての一人暮らしにチャレンジしてみると、寂しくなったりしてしまいます。また、意外とやらなくてはならないことが多いなと思うのではないでしょうか。 その点、ルームシェアで …

楽天モーションウィジェット