プラモデルやフィギュアの塗装に!Mr.カラースプレーの特徴と使い方

Mr.カラースプレーはGSIクレオスが販売するスプレータイプの塗料です。

スポンサーリンク

Mr.カラースプレーは手軽に簡単に塗装できる

Mr.カラースプレーは溶剤系アクリル樹脂を原料とした超微粒顔料を使用しており、びん容器型の塗料であるMr.カラーと同系統の細かい噴霧を実現し、乾燥後は強い塗膜を作るため非常に高品質な性能を備えています。

このスプレーがあれば、エアーブラシを購入せずとも自由自在にカラーリングや塗装表現ができます。

できるだけ簡単に塗装したい、エアーブラシを使いたいけど使ったことがない、塗装作業を簡単にしたい方に利用されています。

塗装方法には筆ぬりとスプレー、エアーブラシという3つの方法がありますが、それぞれにメリット・デメリットがあります。

筆塗りは具材が安く最も一般的ですが、個々人の塗装経験やテクニックが出てしまうため、経験の長い方ほど完成度が高くなります。

スプレー塗装は全体をまんべんなく平均的に塗装できるメリットがありますが、容量が足りなくなっても補給できません。

エアーブラシは塗料やうすめ液を補給できるため大変便利ですが、エアーブラシ本体を購入しなければなりません。

Mr.カラースプレーは、筆塗りでは経験の必要なムラのない作業を実現し、エアーブラシ本体よりも安価であるというメリットがあります。

またスプレー1缶あたりの容量は100mlほどあるので十分作業ができ、容易に扱える用に作られています。

ガンプラをはじめとして、戦艦や戦車、戦闘機などの軍事兵器などのプラモデルから模型など、プラスチック製品全般に対応しており、使い勝手の良い塗料と言えます。

<大きなパーツは土台の上で塗装しよう/h3>
高品質なMr.カラースプレーを使ってカラーリングしてみましょう。

まず作業に必要な各カラーのMr.カラースプレー、紙コップ、キッチンペーパー、作業場所を汚さないために床にしくための新聞紙、塗装面に触らずとも角度を変えられるための土台(トイレットペーパーの芯や固定するためのガムテープ)、細いパーツを挟むための道具(洗濯バサミ)、ゴム手袋などを用意します。

それでは準備します。

床に新聞紙を広めに敷きましょう。

Mr.カラースプレーはノズル部分から広がるようにして塗装できるため、作業中に床を汚す可能性があります。
作業する場所よりも広めに新聞紙を敷いてください。

塗装中に対象物を動かすと指の跡が着きますので、トイレットペーパーの芯にガムテープなどの接着面を上にして貼り付け、その上にプラモデルを載せましょう。

次にゴム手袋をして、スプレー缶を上下にシャカシャカと振り、紙コップ内に向けて吹き出させ、色の確認と試し塗りをします。

このとき紙コップから塗料が跳ねるので、キッチンペーパーで蓋をしながら確認すると良いでしょう。

角度を変えて作業する際には、トイレットペーパーの芯を動かすしながら塗装するとムラのない仕上がりになります。

トイレットペーパーの芯の上にガムテープをくっつけて固定すると、乾燥させるときの移動でも芯を持てるのでかなり便利です。

細いパーツにはプラスチック製の洗濯ばさみを使いましょう。

季節によって変わりますが、乾燥には1~2日置きます。

使用上の注意を説明します。
Mr.カラースプレーは火気厳禁になっています。

もし火に向けて噴射すると、可燃性原料に火がついてしまうため大変危険です。
乾燥しやすいからといってストーブなどの近くで使用することは絶対に避けてください。

また換気の良い場所で作業してください。

Mr.カラースプレーで完成度を高めるコツ

まず何度もスプレーすることです。
一度だけスプレーするのではなく、2~4度ほどシューッとスプレーして塗装してやります。

全体にムラなく塗装できるスプレー缶であっても、一度だけできれいに作業できるわけではありません。
そのため、パーツ全体の色合いを見ながら、何度か吹きかけてやってください。

洗濯ばさみでは挟めなかったり、挟むと塗装ができないほど小さなパーツの場合は、長めの爪楊枝や竹串、クリップなどを使いましょう。

これらの道具は市販されているので購入するのも簡単ですし、小さなパーツの塗装や乾燥を効率的にしてくれます。

色をつけたくない部分にはマスキングテープを貼っておきましょう。
マスキングテープをデザインカッターで必要サイズに切り分け、パーツに貼ることで、その分には塗料がかからなくなります。

またスプレーとパーツに一定の距離を置いてスプレーする、一定方向向かってスプレーを動かす(左右や上下に往復させる)、一度に決めようとせずに回数を重ねる、拭き始めはパーツを外し動かした時にパーツに当たるようにするとよいでしょう。

もし塗装にホコリが付いてしまった場合には、完全に乾燥してからカッターでホコリを削り取り、その部分だけ、さっとスプレーするとよいでしょう。

Mr.カラースプレーは乾燥後に高い塗膜ができるため、プラモデルや模型の塗装の完成度を向上させ、楽しくカラーリングができる高品質なスプレータイプの塗料です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「C-STUDIO」

C-STUDIOは、コスプレイヤーが作ったスタジオで、ワンフロア少人数から定員15名まで撮影ができるコスプレスタジオです。 都営新宿線及び大江戸線の森下駅A6出口から、南東に向かって徒歩約3分で到着す …

大人だからこそ夢中になる!建造物模型の楽しみ方

海外では木製帆船模型がキングスホビーと呼ばれ、大人のホビーの代表格といってよいのですが、日本では建築物模型がそれに相当するのではないでしょうか。 建築物模型と聞いて皆さんは何を思い浮かべますか? 世界 …

マイクロエースの鉄道模型の魅力と特色

マイクロエースに名を冠するは、アリイ製作所であり、かつて1980年代前までは、主にキャラクターモデルのプラモデルを製作販売していました。 かつては、他社製のスケールモデルである、戦車や飛行機、カーモデ …

日車夢工房の鉄道模型の魅力と特色

日車夢工房は、鉄道模型ファンなら知ってる方も多くいる老舗です。 こちらのメーカーの特色は、新幹線を制作している日本車両という有名なメーカーが、運営を行って鉄道の製品グッツの販売や、様々な鉄道に関する企 …

コスプレの強い味方!”コスパティオ”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

アニメや漫画、ゲームといったサブカルチャーの人気は日本国内だけではなく、今は世界中に広がり、子どもだけではなく大人も楽しむようになりました。 しかもただ作品を見る、読むといった消費行動だけではなく、同 …

楽天モーションウィジェット