プラモデルやフィギュアの塗装に!Mr.カラーの特徴と使い方

Mr.カラーは、株式会社GSIクレオスから販売されている模型用塗料です。

1960年代から親しまれている歴史ある製品であり、国産のものとしては最大規模のカラーバリエーションを誇っていて、ビビッドなものから落ち着いたカラー、メタリックカラーまで非常に豊富です。

スポンサーリンク

模型用塗料の定番中の定番、Mr.カラー

フィギュアなどのキャラクターモデルから各種ロボット、またミリタリーモデルのリアルな表現、汚れた金属の再現度が高いとして、古くからのマニアからビギナーまでに愛用されています。

特に航空機プラモデルメーカーによっては、最初からMr.カラーの色指定を製品に記載しているほどで、あらゆる方面に定番製品として認知されているのです。

Mr.カラーはアクリル樹脂系塗料であり、有機溶剤が含まれています。

その溶剤が乾燥する際に塗装面が強化、厚い塗膜を作りあげてくれるので、長期間美しい塗装を楽しめるのです。

しかし、工業用ラッカー塗料よりは安全性が高いアクリルラッカーを使用しているとはいっても、やはり有機溶剤が含まれているという事は扱いには細心の注意を払わなくてはなりません。

換気は特に重要で、風通しの良い場所で作業を行う必要があります。

筆塗りでも問題なく使用できるのですが、本製品はエアブラシ用の塗料として使用する方が非常に多います。

これはやはり重ね吹きが基本のエアブラシでは、乾燥が早いMr.カラーが重宝されるのです。

そして、その際には目に見えない程こまかな粒子が作業している場所に漂うことになり、換気だけでなく、マスクをして体に侵入することを防ぐといった工夫が大切です。

筆塗りも良いが、エアブラシ塗装がおすすめ

Mr.カラーは元々プラモデルに使用することを前提とした塗料ですから、スチロール樹脂系のモデルとの相性は抜群です。

また、金属モデルやレジンキットにも問題なく塗装することができ、多くの方に親しまれています。

現在、日本では多くの模型用塗料がありますが、Mr.カラーはどのようなキャラクターモデルにも相性がよく、比較的落ち着いたノーマルな発色ということもあり、ミリタリー関係のリアルな再現度が高いのも特徴です。

そして、ビギナーが筆塗りを行ったり、ある程度モデラーとして腕を上げた際に手を出すことになる、エアブラシにも相性が良いことが知られています。

有機溶剤系塗料の乾燥の早さが一因ですが、色を自分で調合するエアブラシでは、豊富なカラーバリエーションのあるMr.カラーはそれこそ無限の拡がりを見せてくれるのです。

乾燥の早さは、あらゆる塗装テクニックを試したり練習するにも最適で、ユーザーの数だけオリジナルを生み出せるといっても過言ではありません。

ただし、エアブラシで使用する際には若干注意が必要で、Mr.カラーの原液をそのままエアブラシのハンドピースに入れてしまうと、クモの糸のような形状の塗料が噴き出てしまい、キレイに塗装することができません。

これは塗料が濃すぎるからで、これまでにエアブラシ専用の塗料しか使用したことがない方ではやってしまいがちな失敗です。

ですので、Mr.カラーでエアブラシ塗装をする場合、あらかじめ塗料をうすめ液で薄くする必要があります。

しかし薄め過ぎると、今度は塗料の飛び散りが激しくなってしまうので、そこは試行錯誤して最適な濃度をつかみ取るようにしましょう。

長い歴史が今後も続いていくことが予想されます

Mr.カラーは完全に乾燥したあとには強い塗膜を作りますから、可動するロボットなどのキャラクターモデルには特におすすめです。

完成後も様々なポーズをとることができるのがプラモデルをはじめとする可動モデルの魅力ですが、その際は手で触れることになるので、塗膜が弱いと手の脂等で色が剥げていくのです。

Mr.カラーではちょっとした衝撃でも剝がれなかったりするほど塗膜が強く、そのことによって水性アクリル塗料やエナメル塗料を塗装面に上塗りすることも可能、様々な表現ができるのです。

具体的には、広い面積をMr.カラーで塗装後、その上に細かな塗装を行う際には各種塗料を用いるということです。

エナメル塗料のうすめ液を使用してもMr.カラーの塗膜が剥がれることはありませんから、目の書き込みや細かなモールドを浮かび上がせるような表現を簡単に行うことができるのです。

Mr.カラーはカラーバリエーションの豊富さ、塗装した際のリアルな再現度、また塗膜が強いことによる色の持ちの良さが素晴らしく、入門者から上級者まですべてをフォローする塗料と言えます。

有機溶剤の独特のニオイ、換気に注意しなければいけないところなど、少し気になる点はありますが、模型専門店はもとより、ちょっとしたおもちゃ屋さんでも販売されていたりと、全国のどこであっても、子供から大人まで簡単に手にすることができるのも魅力です。

特にガンダムは数十年にわたってシリーズが続いていて親子で楽しむ方が多いですが、そのプラモデルを塗装するガンダムカラーもずっと引き継がれていき、今後も家族間で親しまれていく存在と言えるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

知らないと後悔する!アクション系のスマホゲームアプリおすすめ3選

スマホゲームも非常に進歩しており、今まではゲーム機とソフトを買わなければならなかったような本格的なゲームがアプリでできるようになりました。 そんな中でもプレイヤーがついつい没頭してしまうようなアクショ …

時間を忘れて没頭できる!プラモデル作り

小学生の時代にプラモデルを作ったことがある男性は多いのではないでしょうか。 プラモデルには2つの楽しみがあり、1つは作る楽しみ、もう1つは完成した時の達成感を味合う事が出来ると言う楽しみです。 作り始 …

思わず大人買い!神羅万象チョコの魅力

バンダイキャンディの神羅万象チョコは、大人であってもハマってしまう魅力があるわけですが、これは食玩の持つ魅力を、最大限に引き出しているからではないでしょうか。 食玩というのは、お菓子のおまけとして玩具 …

ゲームの代表「ADV」の意味と特徴について

ゲームジャンルのひとつ、アドベンチャーゲームについて紹介します。

ボードゲーム「マラケシュ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク マラケシュはどんなゲーム? マラケシュ(Marrakech)は簡単にルールが覚えられる対戦型頭脳派ゲームで、初心者も気軽に手を出しやすいです。

楽天モーションウィジェット