簡単に出来るマグカップスイーツ♪【チーズケーキ】の作り方!

チーズケーキには、大きく分けて3種類があります。生地に火を入れてから焼くベイクド、気泡で膨らませた軽い食感のスフレ、火を入れず冷やし固めるレアの3つです。

どれもチーズケーキというジャンルに分類されますが、味も作り方も全く異なります。

しかしそれも特別な道具が必要なわけではないので、自宅でも簡単に作ることができます。自宅にあるマグカップを使えば、ちょっとしたおやつにもなります。

スポンサーリンク

チーズのコクが出るベイクドチーズケーキの作り方

まず常温で柔らかくしたクリームチーズに、グラニュー糖を加えてよく混ぜます。そして、全卵を少しずつ加えていきます。

この時に、一気に卵を入れてしまうと分離してしまうので、少しずつというのがポイントとなります。

次にふるったコーンスターチを加えて混ぜ合わせ、最後に生クリームを加えます。これで、生地は出来上がりです。

この生地を鍋に入れて、火にかけます。チーズは焦げやすいので、弱火にかけます。

表面に、ふつふつと泡が出てくるまでしっかり火にかけるのですが、焦げ付かないように、絶えず木べらやゴムベラで混ぜるようにしましょう。

生地が沸いたら、サラダ油を薄く塗ったマグカップに生地を流し込み、180℃のオーブンで焼いていきます。

このチーズ生地からはたっぷりの油が出るので、それを吸収するという意味も込めて、マグカップの底にはスポンジあるいは食パンなどを敷いておくと、よりマグカップケーキに近づきます。

竹串をさして生地がついてこなければ、焼き上がりです。粗熱をとれば、完成となります。

すぐに食べても良いのですが、少し冷蔵庫で寝かせた方が、味が落ち着いておいしいチーズケーキになります。

軽い食感がおいしいスフレチーズケーキの作り方

スフレチーズケーキは、気泡によって大きく膨らみ、軽い食感なので、お子様からお年寄りまで多くの人に愛されているチーズケーキの定番です。

マグカップで作ることによって、自宅スイーツというよりもお店のケーキのように、本格的な感じが出せます。

まず常温で柔らかくしたクリームチーズをしっかりねり、卵黄、溶かしバター、コーンスターチの順番で少しずつ混ぜ合わせます。

牛乳+生クリーム+グラニュー糖を鍋に入れて人肌まで温め、グラニュー糖が溶けたら、チーズ生地に加えて混ぜます。

レモン汁を加えて混ぜたら、一度シノアを使って生地をこしましょう。そうすると、キメ細かでなめらかな食感になります。

卵白とグラニュー糖でメレンゲを作り、数回に分けてチーズ生地と合わせます。

この時に気泡を潰さないよう、ホイッパーでふんわりと混ぜ合わせるのがポイントです。

マグカップにサラダ油を薄く塗り、中にチーズ生地を入れて、オーブンで湯煎焼きにします。

蒸気の力も使ってじっくり焼くため、160℃という低温で1時間近く焼きます。もちろん焼き時間は、型の大きさなどによって異なります。

生地がしっかりと膨らんで焼きあがったら、粉糖をかけて完成です。

温かいものにフルーツソースや生クリームなどを添えて食べると、ホテルのスイーツのようなオシャレなチーズケーキになります。

爽やかな味が特徴のレアチーズケーキ

レアチーズケーキは、オーブンで焼かずゼラチンで冷やし固めたものです。そのため作るのも簡単ですし、暑い時期には嬉しいスイーツとなります。

まず常温で柔らかくしたクリームチーズを、しっかりとねります。卵黄と粉糖を湯煎にあてながら、しっかりと混ぜ合わせ、白くなったらクリームチーズと合わせます。

次に、ふやかしたゼラチンとレモン汁を火にかけ、ゼラチンが溶けたらチーズ生地と合わせます。

そして7分立てにした生クリームと合わせ、マグカップに生地を流し込んで冷やせば完成なのですが、生クリームを合わせる前に、コアントローを加えるとより風味豊かなケーキになります。

冷え固まったら、出来上がりです。

そのまま食べても良いのですが、チーズだけでは飽きてしまうという人の場合は、フルーツソースを上にかけたり、またフレッシュのフルーツと一緒に食べると、フルーツの酸味と甘味で、よりおいしいレアチーズケーキになります。

もし何かフレーバーを加えたいのであれば、チーズ生地にフルーツのピューレを加えたり、フルーツの果肉を加えて混ぜてから冷やし固めると、様々なバリエーションのレアチーズケーキができます。

マグカップだから型を買う必要がない

お菓子作りというのは材料だけではなく、様々な器具も買う必要があります。

調理とは違ったものを使うことも多いため、道具がそろわなければなかなか作ることができないという人も、少なくはないでしょう。

しかし、チーズケーキに関しては、どの種類のものを作るとしても、特別な道具は必要ありません。

ケーキの型がなかったとしても、マグカップさえあれば十分できます。

一般的なケーキの型で作ると、焼きあがった後に、型からはずしたり、カットしたりという手間がかかりますが、マグカップに入れて焼けばそのまま冷やして食べることができるので、洗物も減りますし手間も減ります。

お子様のために、可愛らしいマグカップで作ってあげると、より喜んでもらえるでしょう。

好きな大きさにカットできるように作ってしまうと、ついつい食べ過ぎてしまう可能性があるので、小さめのマグカップで作れば、食べ過ぎ防止にもなるというメリットがあります。

良い点ばかりがあるマグカップですが、ベイクドやスフレのようにオーブンを使用する場合には、必ず耐熱性かどうかというのを確認する必要があります。

最後に

ちょっとしたおやつが欲しいとなったときに、チーズケーキはとても簡単にできます。

好みによって、どのタイプを作るのかということを考えることができますし、またアレンジもしやすいという特徴があります。

時間があるときに作って保存し、おもてなしとしてお客様に出しても喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「お肉と煮る」

1日に必要と言われている野菜の量はかなりのもので、生野菜、サラダとして意識して摂取しようとすると、かなり大変なことになってしまいます。 生のままだと大量に感じられてしまいますし、途中で食べるのに飽きて …

料理のアクセントに!たくあんの活用法

たくあんは酸味と甘味のバランスが素晴らしいだけでなく、独特な歯ごたえを同時に楽しめることも魅力の食品です。 この魅力を十分に引き出すための活用法を実践すると、料理のアクセントとしても十分に使えることに …

2017年注目のスーパーフード:大麦

キヌアやチアシードなど、スーパーフードと呼ばれる食材が最近では美容や健康に良いとされスーパーなどでも見かけるようになりました。 そんなスーパーフードが2017年に流行るとされている食材に大麦があげられ …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【クッキーやパンケーキに入れる】

鮮やかな赤色が特徴のクコの実は、ナス科クコ属の果実です。別名「ゴジベリー」とも呼ばれています。

山形県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

山形県は、くだもの王国として有名ですが、そばや三元豚、そして米沢牛など、おいしいものがいっぱいの県です。 山に囲まれた、豊かな自然の中ではぐくまれた名物グルメを、ぜひ堪能してください。 ここでは、気軽 …

楽天モーションウィジェット