キノコで菌活しよう!


みなさん、菌活をされていますか?

キノコは好き嫌いが分かれがちな食材で、苦手だという方も多いとは思いますが、多くの可能性を秘めたスーパーフードなのです。

スポンサーリンク

身近にある菌類キノコ

菌類と聞くと、細菌などを含めあまり良いイメージを持たない方が多いのではないでしょうか。

しかしキノコを含め、世界の菌類はとても重要な役割を果たしています。

種類によっては有害なものや、繁殖しすぎることで害がでるものもありますが、人間を含めほとんどの生き物の体内、あるいは大地には菌が存在し、不要物を分解するなどの役割があります。

キノコはまさしく「大きな菌」であり、その効能は計り知れません。

キノコの栄養素

キノコには食物繊維が多く含まれています。

食物繊維には腸の働きを良くし、有害物質とともに体外へ排出され、大腸ガンを防ぐなどの作用があります。
また、余分な脂肪の吸収を妨げ、血圧やコレステロール値を下げる役割も果たしています。

キノコ類はこんにゃくや海藻などと匹敵するくらい低カロリーなうえに、ビタミンや葉酸、ミネラルなどの健康に欠かせない重要な成分がバランスよくふくまれているため、ダイエットや糖尿病治療にも効果的です。

主に含まれている栄養素は葉酸、ミネラル、ナイアシン、ビタミンB1、B2、D2などがあります。

葉酸は赤血球を作る際に重要な役割を果たしています。
特に妊婦や胎児にとってはとても大切な成分なので、積極的に摂取することが求められています。

ミネラルは骨の形成などに関わっており、きのこに多く含まれるカリウムは高血圧や心不全などの予防に効果があります。

ナイアシンは熱に強く調理してもなかなか壊れない栄養素で、アルコールの分解や、皮膚・粘膜の健康維持を助けます。

ビタミンB1は疲労回復や糖質の代謝に効果があり、毎日摂取しなければならない栄養素です。

ビタミンB2は肌や髪、目の補修、そして口内炎の予防などに効果がある成分です。

ビタミンD2は日光によって生成される成分で、カルシウムの吸収を促し、骨を丈夫にする働きがあります。

エルゴチオネインは長年紫外線などによってコラーゲンが破壊され傷ついた肌を従来の化粧水などでは届かなかった真皮から修復する作用があり、アンチエイジングなどに効果的です。

いろいろあるキノコ

キノコにはエリンギ、まいたけ、しめじ、まつたけ、しいたけ、えのき、なめこ、マッシュルームなど様々な種類のものがあります。

どれも栄養満点で低カロリーですが、食感や風味だけでなく栄養分の割合なども違うため、効果や他の食材との組み合わせなど、いろんな使い分けをすることが出来ます。

キノコのうまみ成分であるグアニル酸は、洗い流すと簡単に落ちてしまいます。

また、加熱しすぎると香りが消えてしまうので、キノコ本来のうまみを味わうには天日干ししたものを使用するか、洗い流さず加熱しすぎないように調理するよう心掛けてください。

天日干しするとビタミンDやうまみ成分グアニル酸が増えます。

そうすれば、キノコをよりおいしくいただけます。

厚生労働省では一日に約10gのキノコ類を摂取することを推奨していますが、それだけの量を摂るとなるとなかなか難しいですよね。

キノコの発酵食品もある

キノコそのものを食材として利用するほかにも、摂取する方法は沢山あります。

最近ではキノコが菌類であることを生かし、麹や乳酸菌、酵母の代わりにキノコを使用した発酵食品が人気を博しています。

キノコの菌糸体はタンパク質やでんぷんを分解する酵素を作りだすことができるため、従来の発酵食品のようにおいしく健康的な発酵ができるのです。

これらの発酵食品に使用された発酵方法は「キノコ発酵」と呼ばれ、菌活ブームに火をつけた原因の一つとなっています。

キノコ発酵による発酵食品は、従来のものに比べて抗酸化作用や血栓防止機能の備わっている上に、アミノ酸や酵素も豊富であり、きのこ本来の栄養素も損なわれず含まれており、より健康的な食材になっています。

ビールやワイン、チーズ、黒豆や大豆などの豆類、そして味噌などの発酵食品が主にきのこ発酵での成功例が多数上がっており、その効能はあらゆる研究所で認められています。

製造過程では他の余分な菌類が混入しないようにしっかりとクリーンされた無菌室にて製造されています。

また、キノコ特有のその美容成分から、発酵食品のみならず、キノコ発酵を利用した化粧品やその他健康食品なども販売されています。

特に近年注目されているきのこ発酵による発酵黒豆はアミノ酸が豊富で、朝すっきり起きられない方や楽にダイエットしたい方におすすめのサプリメントになっています。

最後に

キノコにはダイエットやお通じ以外にも美肌効果などもあり、様々な分野で活躍する万能食材です。
みなさんもぜひ菌活を始めてみて下さい。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

【ごぼう】には食物繊維が豊富に含まれている!

ごぼうという野菜で最も注目するべきことは、水溶性と脂溶性の食物繊維が、非常に多く含まれていることです。 ダブルの食物繊維の力により、過剰な食欲は低下しますし、これステロールは排出されやすくなり、アンチ …

【キャベツ】は脂肪吸収を抑える力がある!

キャベツは春が旬で、価格も安くなり美味しく食べれますが、春以外の季節でもいつでも手に入って、使いやすい野菜でもあります。 ただ、刻んだだけのコールスローにしてもいいし、野菜炒めや煮込み料理にも使えるま …

醤油で菌活しよう!

菌活とは、発酵食品を接触的に食べて、身体の内側からキレイになろうという活動のことです。 醤油も発酵食品の一つです。

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【ご飯と一緒に炊く】

日本人の平均寿命は、年々高くなっていき、これは喜ばしいことですが、大切なのはいつまでも健康でいることです。女性の場合、美容に関しても重要になってきて、いくら長生きできても、体が動かず寝たきりの生活であ …

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「シンプルに炒める」

冷え性や、体が冷えやすい現代人に人気なのが「ホットサラダ」です。 生野菜のサラダに比べて体を冷やすことがなく、食材や調味料・ドレッシングなどによりアレンジが無限大で、組み合わせによってはおしゃれなカフ …

楽天モーションウィジェット