秋冬のマストアイテム!ファーの種類

2017年の秋冬ファッションでも、昨年に引き続きファーアイテムがマストです。

プチプラなものも多く、種類が出始めています。

定番はファーサンダルや小物系は、手軽さゆえに売り切れることもありますので、早めに要チェックです。

スポンサーリンク

秋冬に人気のファーシューズは今年も健在

秋冬用のファー種類としては、フェイク素材がベースとなります。ボリュームを演出しながらも、華奢さでかわいらしいファーサンダルは、まさに秋にぜひ持っていたいものの一つです。

プチプラ価格では、500円(税抜)から、カラーはグレー・ミルクティー・迷彩柄・ブラックなど、どんなファッションにも合わせやすいものが揃っています。

初秋はまだまだ残暑で暑い日もありますが、このサンダルで足元から早速秋の装いにしていくことができます。

この素材の使い方として、布地をサンダル上部にまっすぐ付けるパターンと、二つの布地をクロスさせて配置させるパターンがあります。

大人っぽさを演出するなら、後者となります。ソックスを合わせても、素足で履いても、全身コーディネートを締めてくれます。

シューズでは、かかと部分がない、ローファースリッパが安定の人気です。

内側にファーを張り巡らせ、低いながらもヒールもあり、見た目はきちんとしているのに、履き心地が楽なことから、履くシーンを選びません。

フラットで抜け感のあるシューズは、パンツスタイルにもスカートにも合わせやすいです。ボーイッシュなスタイルでも、足元にファー素材で柔らかさを持ってくると、そのギャップで女子力が上がります。

さらに機能面においても、足先・足首を温かくしてくれますので、一度履いたら手放せなくなる人も多いです。

カラーやデザイン違いで、いくつか揃えておくと、コーディネート力アップです。

使い勝手抜群のファー小物類

昨年に引き続き人気のあるのが、フェイク素材を使った、ヘアゴム・ピアス・バッグ・チャームなどの小物です。

小さめアイテムで使うと、ファーの魅力である、女性らしいボリューム感が全体のアクセントになります。小物であれば、価格もプチプラですので、ちょっとしたプレゼントにも最適です。

特に、バッグチャームは、一瞬でフェミニンなイメージに、早変わりさせることができるパワーを持っています。

単色だけでなく、二色使いなどカラーバリエーションもあり、チェーンやパールを添えたものなど、種類も豊富に出てきています。

バッグでは、クラッチタイプやミニショルダーが昨年秋冬の主流でした。肌触りが良いため、どんな形にしても、寒い季節にもすすんで持ちたくなります。

クラッチタイプであれば、小さくて控えめなのに、ピンポイントでボリュームが出て、アピール力があります。季節感の演出力も、抜群です。

今年も、これらの形は引き続き人気がありますが、これらに加えさらに進化して、今年はサイズ大きめ手提げタイプが登場しています。

布地の柔らかさに、ファー独特のもふもふ感が合わさって、なんとも言えないシルエットが最大の魅力です。

大きめサイズは、さまざま荷物を入れることができて機能的でもあり、存在感もバッチリです。

普段使いとして、気軽に持ち歩けるトートタイプは、まさに秋冬シーズンを通して大活躍しそうです。

二つの持ち手をそのまま腕や肩に掛けるだけでなく、片方を反対の持ち手に通して持つと、さらにふんわりしたシルエットになります。

シャギー素材など毛足の長いファー

今年は、一般的なフェイクファーに加え、毛足の長いファーが注目を集めています。

毛足を長くした種類でもさまざまある中、シャギー素材を使用した肩掛け、ベストなどを始めとした、トップスに人気が集中してきています。

カラーは、スモーキーピンクやベージュなど、大人しめのものもありますので、トップスやジャケットでも、違和感なく取り入れることができます。

シャギー素材を使ったロングベストは、ボヘミアン感を出しますが、足元にヒールを取り入れればしっとり系に、ベストやコートのショート丈であれば、ゆったりながらもルーズ感を抑えて、きちんと感を出すことができます。

セレブの間で、昨年から大きめサイズのファーストールを、斜めに取り入れたファッションは、かなり人気があるようです。

全身同系色のスタイルに、差し色として使うケースが多く、見た目にも温かそうです。

ファーであれば、どの素材でも上半身にボリュームを作り出しますので、全体のバランスを取って、すっきりさせるためには、ボトムスに細身のものを合わせるのがポイントです。

毛足の長い素材は、サンダルなど足元から取り入れるのも、初心者向けです。

また、この素材を袖部分にのみ使ったトップスも、色味を暗色系にするとモード感満載となって、着こなしやすくなります。

今年も、人気続行のファーを取り入れたいけれども、去年とは一味変えたいという人に、シャギー素材はぴったりです。

色使いも、ポイントの一つです。

最後に

ファーコーデは、今年も秋冬のマストアイテムですが、まだ暑さが残る季節から、すでにファー素材の取り入れは始まっています。

小物類からちょっとずつ取り入れ、冬に向かって季節感を楽しむことができるのも、ファーの持つ魅力の一つと言えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ファッション
-, , , , ,

関連記事

リブニットセーターの魅せ方「淡い色を選んで差し色に」

リブニットセーターの魅せ方を、難しいと感じる人は多いのではないでしょうか。実は簡単なポイントで、すごく素敵な着こなしが実現できます。 それは淡い色を選んで差し色にすることです。拍子抜けするくらい簡単で …

万能アイテム!ボーダーカットソーの選び方:首元のパイピング

ボーダーカットソーには、さまざまなデザインがあり、ボーダーの幅や色の組み合わせ、生地の厚みなどの素材面の違いであったり、長袖や半袖などの袖の長さ、丸首やボートネックなどの襟ぐりの形などもあります。 襟 …

モテる20代・30代の必須アイテム「リラックスパンツ」

モテるアイテムとしては、長いこと流行しているのがリラックスパンツです。 リラックスしたい気分のとき、あまり気合を入れないコーディネートのとき、気軽な普通の日のコーディネートに重宝されているアイテムで、 …

トレンドカラー!モスグリーンのボトムスを使ったコーディネート

トレンドカラーであるモスグリーンは、ボトムスに取り入れれば、暗くなり過ぎる心配もなく、大人っぽいコーディネートが完成します。 トップスを変えれば、雰囲気を簡単にチェンジすることもでき、一枚持っていると …

革の鞄を長持ちさせるお手入れ&保存方法

革の鞄は上手く使い込む事で長持ちしますし、風合いが増して見た目も良くなります。長持ちさせるコツは、適切なお手入れと保存をする事です。 専用の道具を持っていれば、誰でも簡単にできますので、大切な革の鞄を …

楽天モーションウィジェット