巧妙なトリックに騙される!傑作ミステリー小説3選

小説を読む楽しみは人それぞれですが、ミステリー作品には巧妙なトリックに騙される、あるいはそのトリックを見抜くと言う楽しみがあります。

いわば、自分とその小説の作者、あるいは作品内における探偵役、犯人との頭脳比べは、小説ならではの楽しみに満ちています。

スポンサーリンク

綾辻行人さんの「十角館の殺人」

まず最初の小説は、綾辻行人さんの「十角館の殺人」です。ミステリー小説において、何かおすすめの作品はないか、トリックが冴えた作品はないかと聞かれた時に、ミステリーファンの多くが挙げる作品です。

綾辻行人さんは、本作以外にも数多くのミステリー小説を発表されていますが、氏の代表作として今作を挙げるファンも少なくはありません。

本作の舞台は、海に囲まれた孤島に建てられた謎の館「十角館」です。そこに訪れた大学生7人が、次々と命を奪われていくと言うのがストーリーです。

読んだことはないけれど、タイトルだけは知っていると言う方も多いかもしれませんが、海の孤島、閉ざされた館、その中で次々と何者かによって命が奪われていくと言う構図は、世界的ミステリ作家、アガサクリスティの「そして誰もいなくなった」を彷彿とさせる流れです。

事実、「十角館の殺人」は、「そして誰もいなくなった」のオマージュ作品としての一面も、持ち合わせています。

次々と登場人物たちがいなくなり、一体、犯人は誰なのか、と読者は混乱に陥ります。しかしその果てに明かされる結末のトリックは、まさに衝撃的の一言です。

世界が反転したような、衝撃すら味わうはずです。またこのトリックは、小説だからできたもの、と言うのもまた心憎いポイントです。

十角館の殺人 <新装改訂版> (講談社文庫)

有栖川有栖さんの「双頭の悪魔」

綾辻行人さんと共に、新本格派と呼ばれる、ミステリー界における新たな潮流、その作家として名前が挙げられることが多いのが、有栖川有栖さんです。

そして二作目は、そんな有栖川さんの「双頭の悪魔」です。異なるふたつの場所「木更村」と「夏森村」で同時に起こる殺人事件に、大学の推理研究会たちのメンバーが挑むと言うのが、本作のあらすじです。

この構図だけでも面白いのですが、本作の最大の特徴として、読者への挑戦状が3度も挿入されていると言う点です。

ただ3度も読者への挑戦状が挿入されているのには理由があり、そして3度目の読者への挑戦状こそ、本作のトリックの暴くために乗り越えなければならないものになっている、と言うのがポイントです。

つまり、1度目と2度目の挑戦状をクリアして驚いたとしても、3度目の挑戦状をクリアすることで、更なる驚きが待っていると言うわけですから、1冊で3度も驚くことができるミステリー小説です。

同時、絡まった糸を解くようにして、本作に潜んでいた謎が解明されている論理的で、丁寧で、繊細な推理法は、美しさすら感じさせるほどと言うのも、魅力のひとつです。

双頭の悪魔 (創元推理文庫)

山口雅也さんの「生ける屍の死」

山口雅也さんもまた、新本格派作家と呼ばれることのあるミステリー作家のひとりです。そんな山口さんの傑作として名高い「生ける屍の死」は、まずその設定から風変りです。

舞台は、ニューイングランドの片田舎、とここまでは普通なのですが、そこではなんと、死者が相次いで蘇ると言う現象が発生していると言う設定です。

こんな怪奇な現象が起きている中で、霊園を営む一家に殺人者の凶行が襲い掛かります。しかし、先にも述べたとおり、死んだものが生き返ると言う現象が続いているので、当然、命を奪われた人も蘇ります。

本作品において、探偵役をつとめるグリンもまた、何者かに命を奪われたのに蘇ったうちのひとりです。

本作品の魅力は、誰が殺したか、そしてどのようなトリックを使用したのかと言うところだけではなく、何故、殺したのかと言う動機部分にもあります。

命を失われた人が蘇る世界において、それでも誰かの命を奪うと言う凶行に及ぶのは何故なのか、その謎は日本と諸外国における、ある文化、風習の違いが大きなカギを握っています。

様々なトリックを潜り抜けた先に明かされたその動機には、深い感慨のような気持ちを抱くかもしれません。

生ける屍の死 (創元推理文庫)

三作者さんのシリーズ作品

以上に挙げた三作者さんに関しては、他にも数多くの作品を発表されています。たとえば綾辻行人さんの「十角館の殺人」は、「館シリーズ」とも呼ばれるシリーズものの1作目です。

館シリーズは、謎の建築家、中村青司が建てた、あまりにも個性的な館を舞台に事件が発生すると言う共通項があります。

「水車館」「迷路館」「人形館」「時計館」「黒猫館」「暗黒館」「びっくり館」「奇面館」と続くのですが、より本シリーズのミステリーとしてのトリックを楽しみたいのであれば、必ずこの順番通りに読むことが求められます。

それから有栖川さんの「双頭の悪魔」は、大学の推理研究会の部長、江神二郎と作家を目指す有栖川有栖を主にそえた「学生アリスシリーズ」の3作品目です。

このシリーズは「月光ゲーム」「孤島パズル」「双頭の悪魔」「女王国の城」、そして短編集の「江神二郎の洞察」と続きます。

また有栖川さんのシリーズものにはもうひとつ、「作家アリスシリーズ」と呼ばれるものがあります。

こちらは大学の准教授、火村英生とミステリ作家、有栖川有栖が主に添えられており、「学生アリスシリーズ」とはまた異なる魅力を持ったシリーズです。

山口雅也さんは、いくつかのシリーズ作品を書いておられますが、その中でもおすすめは「キッド・ピストルズシリーズ」です。

現実とは少し異なり、探偵の権限が強化されている英国を舞台に、パンクな探偵たちが謎に挑むと言うストーリーです。

最後に

以上、3作品を傑作ミステリー小説として挙げていきましたが、当然、この3作品以外にもトリックの秀逸さに長けた、あっと驚くしかない、面白くて仕方がなく気が付いたら夜が明けていた、と言うようなミステリー作品は数多くあります。

この3作品を足掛かりに、そこから様々なミステリー作品に触れることができるのは、とても素晴らしいことです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-エンタメ, 書籍
-,

関連記事

心が揺さぶられたアニメの名言・名台詞の代表といえばコレだ!

アニメには、心を揺さぶられる名言や名台詞が多くあります。 ここでは、アニメの名言として、良かったと思うものをいくつか紹介していきます。 アニメの名言には、このセリフが出てきた背景が重要になるので、この …

東野圭吾の小説のおもしろさとオススメの1冊

人気の小説家は数多くいますが、今回はその中でも東野圭吾さんについて紹介します。

劇場へ見に行こう!今見るべき「歌舞伎」の魅力に迫る!

日本の古典で、ちょっと真面目そうな感じの能や狂言、文楽に比べ、歌舞伎は一番見やすい伝統芸能です。

情報収集でよく見ているニュース・報道番組3選

最近のニュースや話題の物事など、ネットで情報収集する人もいますが、自分が調べていなかったことについても知れるのがテレビでしょう。 広く情報を得るのにおすすめなニュースや報道番組を紹介します。

音楽パフォーマンスも見どころの海外ドラマ、gleeの面白さや魅力

gleeは20世紀フォックステレビジョンで制作されたアメリカのテレビドラマシリーズです。 2009年に最初のシーズン1が放送されると瞬く間に人気を集め、2015年に放送された完結編であるシーズン6まで …

楽天モーションウィジェット