自分のスタイルをしっかりと見極める

「どうしたら毎日生き生きとしていられるかな」
「どうしたら楽しく前向きにしていられるかな」
など平凡で普通な生活をしていると、ついつい不満が出てきてしまいます。

本当は、何もない毎日がとても贅沢なことなのですが、ただの毎日をもっと意識的に過ごすために、
「自分らしくありたい」
「自分らしく生きる」
ということがあげられます。

意識をあげるために、おしゃれやファッションの力を借りることもできます。

自分らしくあるために、自分のスタイルを持っていたい、作っていきたいと思うのはとても自然なことです。
若いうちは、周りの友人たちのファッションやメイクに影響を受けて、それなりの雰囲気をまとうことが出来たのではないでしょうか。

おとなしく見られる、派手なイケイケタイプ、清楚なタイプなど、いろいろな自分を演出していたと思います。
自分がどうありたいかよりも、周囲からどう見られたいか、どう思われるかが一番の関心事です。仕事や結婚などを経て、周囲からどう見られるかなどに構っていられないからこそ、その分今の自分に不安が生じてしまうわけです。

スポンサーリンク

ライフスタイスの変化

20代の頃は何も意識しなくても、お肌の張りもツヤも勢いもあって、どんな色、素材のお洋服も違和感なく着こなせると思います。
だから、このデザインなら着てみたい、とかかわいいとか、そんな直感に頼って選んでも、正解です。

むしろ、そのような選び方の方が自分のスタイルを見つけやすいかもしれません。
いろいろなパターンに出会う可能性があり、そのようにしていく中で、いい感じと思うものを選択していけばいいからです。

でも、もう少しオトナになった30代40代の方は、お仕事や出産子育てなどで、いつの間にか気が付いたら体形が変化しているものです。
少しずつ気が付かないうちに変化しているので、ある日、かつて好きだったお洋服の袖を通してみてハッとしてしまうのです。

オトナになればオトナが似合うよう、見極めることをしていけばよいのです。

食わず嫌いせずチャレンジ

「以前は白が似合ったわ。だから、また白を買うわ」

ではなく、同じ白でも、まぶしいほどの白なのか、クリームかかった白の方が似合うのかなど、好みだけでなく、食わず嫌いでなく試してみるのも大事なチャレンジです。

さらに、同じようなデザインであっても、本当にぴったり似合う形というものもあります。
例えば、首周りがすっきりしたクルーネックでも、どの程度まで首のラインがきれいに見せられるかなど、モノによって違ってくるからです。

素材にしても同様です。
張りのある素材、テロンとした素材、これらは体形を上手に隠してくれて、なおかつ素敵に見せてくれます。余談ですが、テロンとした素材のお洋服なら、何となくおっとりと物腰も優雅に振る舞いたくなります。

だから、いつでも、自分は絶対このスタイルしかないのだと決めつけすぎないで、時には面倒でも時間をかけてお洋服との出会いを作るのも大切です。
何といっても、自分を引き立てるためのお洋服ですから。

似合う色というのもあります。
肌の色、髪の色、目の色などから似合う色を見つけていくものです。色は人の印象も左右することがあります。
冷たい人と思われるより、温かみのある人と思われたいなど上手に色使いを取り入れたいものです。

色白の方、健康的な肌の方、目鼻立ちの印象から、不思議なくらいしっくりといく色を発見することが出来ます。ざっくりと表現すれば、色白系の方は青みがかった色、健康的な肌の方は黄味がかった色が肌に馴染みやすいようです。
例えば同じピンクであっても、コーラルピンク、サーモンピンク、ショッキングピンクなど種類があります。「好きな色」と「似あう色」が異なることもあるかもしれませんが、それらも恐れることなく、一旦試してみることをおすすめします。

好きなスタイル、例えば、エレガントな感じ、アクティブな感じ、シンプルな感じ、定番など、これまでの自分の方向性を持ちつつも少しずつ修正して新たな道を探っていくことが、結局はスタイルを作り上げていけるのではないでしょうか。
磨き上げることに、「ハイこれでおしまい」なんて終わりがないことなのですね。

大事なのは、時々は自分のスタイルや状況を見極めて、バージョンアップさせていくことです。
決して、過去の自分ばかり追い求めることをせず、昔も似合っていたから、今も似合っているはずだなどの思い込みもなくしてもましょう。

自分を見極めることを恐れずに、チャレンジすることも大切ではないでしょうか。それがスタイルの確立につながります。

おしゃれは流行しているものを意味もなく身に付けることだけではなくて、自分に似合うものを見極めることです。
そしてやっぱり大切なのは、自信を持つことなのではないでしょうか。
自分を理解して、日々バージョンアップしていると思うだけでとても愉快なことです。

最後に

自分のスタイルをしっかり見極めることが出来たら、それからまた新しい自分になれますし、もっともっと自分を好きになれるでしょう。
自分を好きでいられたら、心に余裕ができ誰にでも親切にすることが出来ます。

毎日の良い循環がこれまで以上に生活を生き生きとさせてくれます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-ビューティ, ファッション
-, ,

関連記事

グルテンフリーダイエット:キヌアのアレンジレシピ

グルテンフリーダイエットで食べてよい食材として、キヌアのアレンジレシピもあります。

トレンドを取り入れよう!オフショルを着こなすコーデ術:デニムと合わせてカジュアルダウン

ファッションには、様々な組み合わせでコーディネートを楽しめるという面白さがあります。 その上、毎年トレンドが大きく違ってくるので、毎年街並みを華やかに彩っています。そんな中、今年のトレンドとして人気が …

健康は食事から!マクロビオティックを始めよう

現在は様々な健康法を実践している人が数多くいますが、健康を保つために、特に重要なのが栄養です。 健康的な食事法として有名な「マクロビオティック」は、健康効果だけでなく美容効果も高いため、女性の実践者が …

お呼ばれに着ていくとい上品な印象になるドレスカラー【マスタード】

ドレスを選ぶとき、せっかくなら「人と被りたくない!」と思うもの。 せっかくのドレスを買っても、ピンクやパステルブルーだと、かなりカラーがかぶってしまう可能性が高いです。ある程度個性があり、なおかつ上品 …

春の気持ちを盛り上げてくれるアイテム「チョーカー」

秋冬のファッションは、気温が低く重ね着が多いことからタートルネックなどの、首が詰まった服装になりがちです。もちろんタートルネックもかわいいのですが、春に近づくとVネックなどの少し胸元が開いたトップスを …

楽天モーションウィジェット