長野県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

長野県は、日本アルプスや八ヶ岳連峰などの山々に囲まれ、風光明媚な景色が特徴になる地域です。

独特な食文化を形成していることもあり、ご当地グルメについても魅力的なものが多数あります。

海はありませんが、千曲川や諏訪湖で育まれる川魚は名物の一つになっています。

スポンサーリンク

長野県の風土が育む信州蕎麦

長野県は、広範囲が山間部になっている影響で、この地域では蕎麦作りが盛んに行われてきました。

北アルプスなどの山間部には、冬には大量の雪が積もるため、春には雪解け水となって山麓を潤します。

良質な蕎麦の大産地であり、同時に清らかな水に恵まれていることで、信州蕎麦は全国的に有名なご当地グルメになりました。

長野県で栽培される信州蕎麦は、石臼挽きにしたものは香り高く、美味しさも抜群の料理となります。食べ方は様々ですが、辛味大根の絞り汁を使った蕎麦も、独特なものです。

北部地域では、戸隠蕎麦の知名度が高く、観光客からの人気も高いです。善光寺の門前にも蕎麦店が多いですから、お参りした後に食べることもおすすめできます。

長野自動車道や、上信越自動車道のサービスエリアをはじめとして、県内各地の道の駅でも食べることができます。

素朴な味わいが魅力の信州おやき

信州蕎麦と同じような背景があるご当地グルメは、信州おやきも代表的となっています。この食べ物の見た目は、饅頭に似ていますが、主食とお惣菜のような要素があります。

小麦粉や蕎麦粉の生地を使って、煮物や野沢菜の炒め物などを具材にして包みます。

ここからは、鉄鍋に油を入れて焼く場合がある一方で、囲炉裏の灰の中に入れて焼き上げる方法があります。

信州おやきは、長野県の広い範囲で食べられており、現在ではファーストフードとしても親しまれています。

各地の温泉街をはじめとして、諏訪大社や善光寺などの門前にも、販売店が多数あるため、観光客にとっても親しみやすいご当地グルメです。

小豆餡を加えたものは、伝統的な種類とは違って、お菓子のような魅力があります。

バリエーションが豊富で、家庭で焼いて楽しめる種類もありますから、お土産店で見つけたときには、購入してみてください。

個性的な魅力がある駒ヶ根ソースカツ丼

秘境路線として有名な飯田線の沿線には、駒ヶ根という街があり、昔から伊那谷の風景が美しいことで知られてきました。

この地域のご当地グルメに選ばれているのは、駒ヶ根ソースカツ丼という料理です。こ

れは通常のカツ丼とは大きく異なるもので、隣接する群馬や福井などのソースカツ丼と共通する形式になります。

駒ヶ根ソースカツ丼は、ご飯の上に千切りキャベツをのせてから、ソースカツを盛り付けるのが特徴です。

トンカツは厚みがあり、コクのあるソースと調和する段階では、渾然一体の美味しさになるのが魅力です。

甘辛いソースは、ご飯との相性が良く、キャベツのシャキシャキした歯ごたえも相まって、一度でも食べれば忘れられない美味しさも実感できます。

駒ヶ根に訪れたときには、木曽駒ヶ岳の秀麗な山容を眺めながら、駒ヶ根ソースカツ丼の店巡りをするのも、楽しみになります。

伊那谷の地域が本場になる五平餅

木曽山脈に囲まれている伊那谷では、五平餅を作る伝統が根付いています。

具体的には、伊那地方や木曽地方のご当地グルメですが、現在では長野市や松本市も含めて、県内の幅広い地域で親しまれる料理になりました。

五平餅の作り方は、ご飯を粉砕してから串刺しにして、平たく伸ばしてから焼き上げて甘辛いタレを付けて完成させます。

小判形になることがあれば、団子のような形で作ることもあり、地域ごとに特色があるのも魅力です。

五平餅のタレは、醤油や味噌を基礎にして作りますが、コクを出すためにクルミやエゴマを入れることも多いです。

どれも山里の名物であり、信州の厳しい冬に食べれば、貴重な栄養源になるために重宝されています。

伊那谷の地域では、米は大変に貴重だったため、昔はハレの日の行事食として、五平餅が食べられていましたが、今では手頃なおやつとしても人気です。

佐久市で食べられる鯉料理

長野県の佐久市では、江戸時代の昔から鯉の養殖が行われていることもあり、この地域では鯉料理がご当地グルメとして人気です。

長野県には海はありませんが、昔から川魚料理を作ることが盛んに行われているため、料理法も発達しています。

鯉は、川魚の中では特に美味とされるため、お祝いの日の料理としても珍重されてきました。

佐久市で食べられている鯉は、千曲川の清らかな水で育てられているため、泥臭さは全くありません。鯉の洗いの美味しさは、鯛と比較しても負けないほどのレベルです。

鯉を輪切りにしてから、コクのある信州味噌で煮込むと、鯉こくという料理が完成します。

鯉こくは栄養価が高く、冬に食べれば体がポカポカに温る料理です。

佐久市に行けば、市内の各地で鯉料理を味わうことができます。定番の鯉こくだけでなく、唐揚げや塩焼きも食べられますから、魚好きな人も大満足するはずです。

最後に

信州蕎麦と信州おやきのように、山里の歴史を感じられるご当地グルメが長野県には豊富です。

駒ヶ根ソースカツ丼のように、和洋折衷の魅力がある料理があるのも特徴です。

佐久市の鯉料理は、海がない長野県では特に貴重なご当地グルメとなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-,

関連記事

まだまだ寒い日に食べたい湯豆腐に入れると美味しくなる薬味!【大根おろし】

寒い日には、体が温まるものが食べたくなります。 中でも湯豆腐は、美味しくてヘルシーなので、人気のメニューです。食卓でカセットコンロで温めながら食べるので、冷えた体を温めてくれます。 また、鍋に比べて材 …

自宅で作れるチャーハンに入れて美味しくなるもの:ラード

毎日の主食であるご飯を、もっとおいしく食べる工夫として、お店だけでなく各自宅でも普及しているのがチャーハンです。

栃木県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

北関東に位置する栃木県は、ご当地グルメの激戦区としても有名です。 両毛線や東北自動車道などの沿線には、佐野ラーメンや宇都宮餃子などの店が人気を集めています。 山間部の日光では、豊富な名水を活用したご当 …

忙しい朝でもお味噌汁があれば大丈夫!お味噌汁のすごい栄養成分!「亜鉛」

お味噌汁の栄養成分の中には、人間の成長機能に影響を与える亜鉛も非常に多く含まれていますから、成長期の子供にも食べさせることは理にかなっています。 原料の味噌に含まれるだけでなく、具材になる魚介類や海藻 …

お味噌汁を毎日飲むとこんな健康効果が!【胃がん予防】

今は、健康によいと欧米からも期待されているお味噌汁ですが、がん予防にも効果があると研究結果から出ています。

楽天モーションウィジェット