美容やファッションに関わる資格:ネイルサロン衛生管理士

美容やファッションへの関心が高まる中、ネイルサロンの数も以前と比べて増えてきましたが、ネイルサロンでは衛生面での管理も非常に重要です。

器具を消毒するといった知識はもちろん、サロン全般の衛生管理の知識も必要になってきます。

そうした背景から、ネイルサロン衛生管理士と呼ばれる制度が2010年から始まりました。

スポンサーリンク

ネイルサロンの衛生管理に必須な知識が得られる!

ネイルサロン衛生管理士は、ネイルサロンの現場で正しく衛生管理を行っていくために、ネイリストにとっては必要不可欠と言える資格です。

簡単に説明すると、衛生管理自主基準をネイルサロンで正しく行っていくために必要な資格と言えます。

お客様の健康をしっかり守りながら、安全かつ安心なネイルサービスが受けられる環境を整えるのに必要な知識を習得し、衛生管理に関する知識をしっかり習得した人に資格が与えられます。

JNAでは「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を実践していくためのマニュアルが作成されています。

全国で講習会が行われていますので、それを受講して確認テストに合格すれば、ネイルサロン衛生管理士の資格を得ることができます。

さらに、JNAによって安全かつ安心と認められている「認定ネイルサロン」では、ネイルサロン衛生管理士が必要不可欠になっています。

つまり、合格するとJNA「認定ネイルサロン」で衛生管理責任者になれるのです。

これまでも、既に数多くのネイリストが合格しています。

受講者の資格については18歳以上の方とされていますが、ネイルサロンにおける実務経験に関しては問われません。
そのため、学生の方も取得が可能です。

全国で開催されている講習会と試験の流れ

ネイルのスキルや美容に関する興味があり、「将来はネイルサロンで働きたい」「自分でネイルサロンを開業したい」と考えているなら、「ネイルサロン衛生管理士」の資格を取得しておきましょう。

具体的な流れに関しては、まずは講習会への参加を申し込みます。
講習会は全国各地にあるJNA認定校で随時行われています。

講習の内容は、理論講習が180分程度と筆記試験が20分、そして試験問題の解説などです。

その後の合格発表で合格していれば、認定証および資格バッジが与えられます。
仮に不合格になった場合は、補習を受講することになります。

受講料金は一般価格が10,000円ですが、JNA会員価格では6,000円になっています。

会員価格で受講がきるのは、必ずしもJNA会員のみではありません。
JNA認定ネイルサロンに勤務している方、講習の開催校の在校生、卒業生に関しても会員価格で受講が可能です。
通っているネイルスクールが認定校であれば、そこで受講することができます。

ただし、日程が決まっていますし、1年のうち何回も同じ所で開催されているわけではありませんので、事前にスケジュールをチェックして準備しておく必要があります。

当日の講習では、基本的に講師がテキストに従って重要な部分を解説してくれます。
難しい用語についても分かりやすく解説が行われます。

その後の試験は、講習を受けた後すぐに行われるので、講習で講師が説明する部分を中心にしっかり理解することが大切です。

筆記試験では20問が出題されますが、100点満点のうち80点以上が合格とされています。
採点については当日会場にて行われ、合格しているかどうかはその場で分かります。

難易度は現時点では高くはありませんので、講習の内容をしっかり覚えていれば合格しやすくなっています。

有効期限や更新手続きはあるの?

ネイルサロン衛生管理士の有効期限は、取得した年を含めて3年目の12月末日までとされています。

しかし、期限が切れたらまた受け直さなければならないかと言えば、そうではありません。
資格継続の更新手続きを行うと、3年ごとに延長が可能になります。

合格後に与えられる認定証とバッジは、当日に受け取ることができます。

認定証は基本的に申込書に記載された受講者の名前に基いて作成され、発行されます。
しかし、訂正が必要になった場合などで再発行になる場合は、手数料が別途必要になる場合がありますので注意しましょう。

ネイルサロン衛生管理士に合格すると、ネイルサロンを統括していく立場でネイリストそれぞれの衛生観念の確認を行うなど、日本ネイリスト協会が定める基準をもとに、ネイルサロンで独自の基準を打ち出すこともできるようになります。

サロンの備品となる消毒や滅菌をするための器具や、道具類の正しい管理を通じて、ネイリスト自身やお客様の感染症も予防していきます。

この資格を取得すると責任のある立場としてサロンの仕事ができるので、やりがいをより感じるようになるでしょう。

最後に

ネイルサロンを運営する上で、ネイルサロン衛生管理士の資格を取得することは、お客様からの信用度をアップさせることができます。

美容とネイルに関する知識だけでなく、衛生面の知識を備えておくことは、お客様に対して安全性の高い技術を提供することにもつながります。

ネイルサロン衛生管理士公式サイト

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 民間資格
-

関連記事

車関係の仕事をしたい人にピッタリの資格:運行管理者

安全輸送の責任者として自動車運転事業者の選任を受けた者として、運行管理者があります。 運行管理者は、事業用自動車の安全運航を管理するスペシャリストであり、国土交通大臣指定試験機関が行う試験に合格した者 …

医療系の資格:音楽療法士

音楽療法士は病気や障害を持っている人に対して、音楽の力を活かしてリハビリテーションなどを行う仕事です。

就活で持っていたい資格「ITパスポート試験」のアピールできるポイント

就職してデスクワークを行うなら、基本的にはパソコンを使用すると考えましょう。 使用する頻度に違いはありますが、多かれ少なかれ使うことになります。 そのような背景があるので、パソコンを使用できることを、 …

学生の時にとっておきたい資格:漢検2級以上

現代社会ではパソコンを利用する機会が増えており、多くの学生が普段から利用しているはずです。 ですからIT関連の知識や技術を身に着けることも大切なのですが、そんな時代だからこそ敢えて漢検の資格にトライす …

仕事に役立つ英語の資格:BULATS(ブラッツ)

英語力を付けたいとは思っているものの、どの資格を選んで取得すれば良いのか分からないといった人も多いのではないでしょうか。 そんな人は、最近注目が高まってきている「BULATS」がおススメです。

楽天モーションウィジェット