ボードゲーム「ナンジャモンジャ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク

ナンジャモンジャはどんなゲーム?

ボードゲームの中で特に最近人気を集めているのが、ロシアで生まれたボードゲームである、ナンジャモンジャ(Головоноги)です。

もともとはいろんな種類のボードゲームで遊べる施設などで、主にコアなファンや知っている人たちを中心として遊ばれていましたが、そのシンプルながらも奥深く、だけど誰でも遊ぶことができるナンジャモンジャは、テレビやラジオ、雑誌などのメディアで取り上げられるようになり、徐々に一般の人の間でも認知度が広まってきました。

ナンジャモンジャというネーミングは、手と足しかない奇妙で憎めない12種類の生物の見た目から取られているのか、確かにそれっぽい見た目をしています。

実はこの見た目がゲームを楽しむコツであり、そのため知識よりも想像力が大切というキャッチフレーズが付けられています。

見た目の特徴を上手く捉えることが、ナンジャモンジャを得意にするために大切なことなので、なかなかバカにできないネーミングセンスとも言えるでしょう。

プレイした人の多くが時間を忘れて熱中し、しかも得意不得意に年齢や性別は関係ないので、誰とでもどこででも遊ぶことができます。

ナンジャモンジャの遊び方・ルール

プレイ人数は2~6人、プレイ時間はおよそ15分です。

ナンジャモンジャはシロとミドリの2つのタイプがあり、それぞれでナンジャモンジャのデザインが異なります。
ルールは同じなので、好みで選ぶと良いでしょう。

ルールは至ってシンプルであり、まずは順番を決めて、1人ずつ山札からカードを1枚めくって表にします。

出てきたナンジャモンジャのキャラクターに、それをめくった人が思い付きや想像で自由に名前を付け、全員はそれを覚えます。

名前を付けること自体にルールはなく、独自のネーミングセンスでウケを狙ったり、キャラクターのデザインから関連した名前を付けたり、様々な工夫を施しましょう。

それを順番に繰り返していくわけですが、シロ・ミドリ共にカードの種類は12種類なので、何枚かめくると前に出たカードが登場します。

被ったカードが出た瞬間に、そのカードの名前を一番最初に言えた人が、そのカードを含めて今までにめくったカードをすべて取得することになります。

それを山札が無くなるまで繰り返し、最終的に取得したカードが一番多い人が勝ちとなります。

このように、記憶力や想像力は必要になりますが、工夫を凝らせば誰でも勝つチャンスがあるので、みんなで楽しむことができるボードゲームと言えるでしょう。

ナンジャモンジャをより楽しむために

ナンジャモンジャはカードを早い者勝ちで取り合うゲームなので、誰が一番最初に名前を言えたかで揉めることがしばしばあります。

そこで、ジャッジ役を1~2人設けることによって、少しでも判定しやすくするとスムーズに遊びやすくなります。

また、同じ理由から、参加人数が多くても揉めやすくなるので、5~6人で遊ぶことがベストでしょう。

そもそも1回の所要時間がそこまで長くはないので、たとえば一番少ない人はジャッジ役と交代するなどのルールを設けるなどして、効率的に遊べるようにしましょう。

必ずしも記憶力がある人が有利というわけではなく、自分が記憶した名前がたまたま良いタイミングで出現したり、独自のネーミングで相手に覚えさせにくくしたりするなど、運や様々な工夫などで誰でも勝つことができます。

その意味で、必勝法がないボードゲームともいえ、子供からお年寄りまでみんなで楽しむことが可能です。

また、名前を言い合ったときに、明らかに自分よりも早く相手が名前を言えたときには、自己申告によって相手に譲ることも大切です。

遊びといえども、最低限のマナーやルールを守ることは当然です。

友達や家族とのコミュニケーションやパーティーなどの集まりの際には、ぜひみんなでナンジャモンジャをプレイしてみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-ゲーム, ホビー
-

関連記事

コスプレの強い味方!”エアリー”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

日本だけでなく、世界でも愛好家が増えているコスプレ。 カリスマと呼ばれるコスプレイヤーも誕生しており、その完成度の高さ、華やかさには目を見張るものがあります。 彼らのような質の高いコスプレを目指すなら …

インジェクションのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて

プラモデルの成形によく使われるインジェクションについて紹介します。

今プレイしても楽しめる!スーパーファミコンのゲームソフト

スーパーファミコンをゲームの全盛期ととらえる人も少なくありません。 それだけ多くのゲームソフトが登場して、幅広い人の指示を受けていたのです。 近年では、最新の据え置き機やスマートフォンでも、スーパーフ …

CGMマーケットプレイスに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

アニメやマンガなどのサブカルチャーに寛容な徳島県では、徳島で開催されるイベント「マチ★アソビ」において、知事自らこのイベントの公開収録に加わったり、初音ミクの撮影会にも積極的な姿勢を示していました。

デジタルTCG「Moonga TCG」の魅力とは?

無料ゲームとは思えない面白さ、映画のような壮大な世界を舞台に繰り広げられる戦い。 全米で大ヒットし世界のAPPSTOREランキングでも1位を獲得したこともあるアプリゲーム、Moonga TCGは一度試 …

楽天モーションウィジェット