狙い目の国家資格とは?


何かしらの仕事をするにあたって、資格というものは重要な役割を果たします。

資格を持っていることによって就職が有利になったり、高い収入を得ることができる場合も多いため、積極的に取得して行くべきものであるといえます。

しかし、一口に国家資格といっても、有用性の高いものもあればそうでないものもあります。
狙い目の国家資格が何であるのかをしっかりと理解した上で選択するのが良いでしょう。

先行きが不透明な現代社会に生きているのであれば、少しでも生活を安定させることのできる国家資格の取得を目指すべきであるといえます。

スポンサーリンク

国家資格の種類

国家資格には大きく分けて「業務独占型の資格」と「名称独占型の資格」があります。

業務独占型の資格

業務独占型の資格は「その資格を持っていなければ仕事を行う事はできない」と言う種類のものです。

そのため、資格を持っていなければ仕事そのものをすることができないので、非常に強い立場になりやすい特徴を持っています。

例えば、医師の資格は業務独占の資格として代表的な存在です。
医師国家試験を持っていなければ医療行為を行うことはできないのです。

看護師や放射線技師、臨床検査技師等も国家資格ではありますが、これらの有資格者が医療行為を行うためには医師からの指示が必要になります。
これらの資格は国家資格ではありますが、医師の持つ権限の1部を解除する形で成立している資格であると言う特徴があり、単独で活動することが許されているわけでは無いのです。

その点で医師の権限は極めて強い形で医療の現場に君臨していると言えるのです。

同じ国家資格であっても様々な違いがあるので注意しておく必要があるでしょう。

名称独占型の資格

名称独占型の資格は業務を独占しているものではありませんので、専売特許とはなりません。

しかし、仕事を行うにあたって国家資格を持っていると言うことを前面に押し出して活動することができるのがメリットとなります。

国家資格を持っていない人物が、国家資格の名称を利用して仕事を行うことを禁止するものであり、国の認めた専門家とそれ以外を明確に区別する効果を持ちます。

このような資格は業務独占の資格ほど強力な権限を持っているわけでは無いものの、十分な恩恵を受けることができる資格であるといえます。

おすすめは業務独占型の資格

したがって、大きな時間とお金をかけて取得を目指すのであれば、業務独占型の資格が狙い目であると言えるでしょう。

経済の先行きが不透明な状況であっても業務独占型の仕事はその役割を失う可能性は極めて低いと言うのが特徴であり、狙い目の資格であると言えるのです。

しかし、業務独占型の資格は取得が困難であることも多いため、目指す場合には相応の覚悟しなければなりません。
簡単に取得することができるものばかりでは無いのです。

医療系

医療系であればやや特殊な環境にありますが、ほとんどすべての有資格者が業務独占の資格であると言えます。

保険診療の点数化されている医療行為を行うことができるのは、全て国家資格を持つ専門家の独占業務であり、狙い目の仕事であるといえます。

医師の資格は極めて困難ではあるものの、コメディカルの重要性が広く認知されている現代医療の世界においては、看護師、診療放射線技師、臨床検査技師、薬剤師、管理栄養士、その他の様々な医療従事者のそれぞれにしっかりとした役割が存在していると言えるのです。

法律関係

法律関係の仕事も似たような関係性が存在しています。

もっとも難しい資格としては弁護士や弁理士などがありますが、その他にも司法書士や行政書士などの様々な法律の専門家が独自の国家資格を持っています。

有資格者でなければ行うことが認められない業務が存在していると言うことが大きな強みとなるのです。

医療の現場と同じように、より上位の資格と言う位置付けは存在しているものの、それぞれがそれぞれの役割を果たす形で社会に貢献しているのです。

最後に

名称独占型の資格の中には、現実的にはあまり役に立たないものも少なくありません。

取得難易度があまり高くないものであったり、国家資格を持っていなくても充分に仕事をこなすことができる分野においては、必ずしも有益な資格とならない場合もあります。

もちろん取得していた方が高い信頼を得ることができると言うメリットが存在しているケースがほとんどですが、持っていなければ仕事ができないと言うわけではないと言う位置付けが業務独占型の仕事に比べるとやや力が弱く感じられる理由になります。

これらの資格に価値がないと言う事ではありませんが、直接的に仕事につながるものであるかどうかについては、しっかりと確認しておくべきであると言えるでしょう。

資格の名称がそのまま仕事の名称にならないような分野の資格である場合には、業務独占ではない可能性が十分にありますので、将来性を含めて先行きをしっかりと考えた上で方向性を決めることが望ましいといえます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-仕事・資格, 国家資格

関連記事

将来いつか役に立つ!?福祉/介護の資格「介護検定」

今や超高齢社会となった日本。 福祉職も、非常に需要が高いです。高齢者を支えるために積極的に何か出来ることがしたいという場合や、家庭で突然介護できる力が必要になった場合、また今は必要ないけれど、将来は必 …

中国語を通して学ぶ文化と歴史

日本の周囲にはいろいろな国が存在していますが、最近関係が深くなってきているのが中国です。 以前は中国というとこの国の体制の影響で、あまり日本人とは関係がありませんでした。 しかし今はビジネス的なつなが …

外国語を学ぶ資格:工業英語能力検定

工業英語能力検定の知名度は低いですが、語学系の検定の中で一番役に立ちます。

女性に役立つ資格:日商簿記検定

現代は女性の社会進出は当たり前となっていますが、やはり結婚後の再就職などには何かと不利なことが多いもの。 再就職の際には履歴書に書ける資格はいくつかあるのが理想と言われていますが、その書くべき資格がな …

住宅建築・販売に携わる資格「建築士」

建築士になるには、国家資格を取得する必要があります。 まず国家試験に合格することが必要ですが、学歴と実務経験などの受験資格を満たしていないと、試験が受けられません。

楽天モーションウィジェット