夏休みに家族で旅行したい群馬県のおすすめスポット3選

群馬県にはさまざまな観光スポットがあり、夏休みの旅行を利用して温泉につかったり、世界遺産を見学することが可能です。

東京や東北地方からもアクセスしやすく、多くの人が群馬県を観光するためにやって来ており、近年海外からの旅行客も増えてきています。

スポンサーリンク

夏の群馬県で家族旅行しよう

1.日本三名泉の1つ、草津温泉


夏休みを利用して群馬県に旅行するなら、日本三名泉の1つ草津温泉がおすすめです。

下呂温泉や有馬温泉と共に日本三名泉と言われており、自然湧出量は毎分32,300リットル以上あり日本一の量を誇ります。

1日にドラム缶では約23万本分の温泉が湧き出ており、草津にある旅館や温泉施設では源泉のかけ流しが行われており、珍しい源泉の湯を楽しむことが可能です。

お湯の成分は酸性度が高く、pH値は2.1で雑菌などを殺菌する作用があります。

古くから草津温泉は多くの人々の心身共に癒しきた名湯です。

温泉街の中心にある「湯畑」は草津温泉のシンボルで、 毎分4000リットルほどのお湯が湧き出ており湯けむりが舞い上がっています。

湯畑の周辺には歩道や石柵、白根山を模したベンチなどがあり、散策することが可能です。

「湯けむり亭」は湯畑の近くにある東屋で、江戸時代にあった「松乃湯」を再現したもので、湯畑からのお湯を触れられたり、足湯を楽しむことができます。

お湯は高温なので手足を浸すだけで温浴効果があります。

自由に利用することができ、営業時間は24時間で料金は無料です。

草津温泉名物の「湯もみ」を見ることができます。

湯もみは温泉の源泉が50度近くありそのままでは入浴することができないので、温度を下げるために冷たい水を入れるのではなく源泉に六尺板を入れてかき混ぜるように湯もみし、入浴できるよう一定の温度に下げることです。

湯もみすることによって湯を柔らかくしたり、入浴する前の準備運動にもなる効果があります。

2.世界遺産、富岡製糸場


富岡製糸場は近年世界遺産に登録された施設で、1872年に明治政府が国の近代化のために造った模範器械製糸場です。

明治維新が終わると当時の政府は外国との立場を対等にすることを目的に、主要産業や技術の近代化を積極的に進めていました。

その際に資金を集めるのに力を入れたのが生糸の輸出で、政府は生糸の品質改善や生産性の向上、技術指導者を育てるために欧米式の繰糸器械を完備した官営の模範工場を造ろうとし、富岡製糸場が建設されました。

富岡製糸場の建物はフランス人であるオーギュスト・バスティアンが設計し、日本人大工などによって建てられます。

建物は木の骨組みを利用し、レンガで壁を積み上げる木骨煉瓦造という欧米の建築方法で建設されました。

しかし屋根には日本瓦で配置するなど、うまく日本と西洋を融合させています。

「木骨煉瓦造」は「横須賀製鉄所」でも施工された工法で、横須賀製鉄所から富岡製糸場に伝わりました。

建物の主要な資材は石や木、レンガや瓦などで構成されており、フランスからガラス窓やドアの蝶番などがり輸入されます。

レンガはフランス人の技術者が日本の瓦職人に作り方を伝授し、福島町で焼き上げました。

レンガ壁はフランス式の積み方で詰まれており、主にフランスのフランドル地方を中心に用いられた技術で、「フランドル積み」とも言われています。

世界遺産に登録されたこともあり、夏休みになると旅行客で賑わっているエリアです。

3.大自然を満喫できる、尾瀬


尾瀬は群馬県や福島県・新潟県などにまたがる高地にある高原です。

尾瀬ヶ原はおよそ1万年前に形成されたと言われている湿原で、国立公園に指定されており日本百景にも選定されています。

初夏になると尾瀬の大自然をアピールするように、湿原では「ミズゴケ」の合間に「ツルコケモモ」や「トキソウ」などの薄桃色の花が咲き誇ります。

「池塘」は可愛らしい白い花をつける「モウセンゴケ」で赤く縁取られていたり、「オゼコウホネ」の黄色の花が顔をのぞかせています。

「ニッコウキスゲ」が咲く頃に尾瀬の夏はピークになり、さまざまな花が咲き乱れ、虫たちも活発に動き出します。

8月になるとニッコウキスゲと入れ替わって「キンコウカ」が咲き出し、湿原は秋の景色へと移っていくのです。

夏休みの家族旅行のおすすめなのが、桐生市にある「新里温水プールカリビアンビーチ」です。

カリブ海をイメージして作られたという関東最大規模の屋内プールで、全天候型温水プールなので雨の日でも楽しめることができます。

室温が35度で平均水温は32度と、快適に泳ぎを楽しめることができるでしょう。

流れるプールや波があるプールを楽しめたり、もちろん子供用のプールもありロデオマウンテンやウォータースライダーなどさまざまな遊具や施設があり、南国の気分を味わいながらゆっくりすることができます。

波の高さが時間によって変わったり、ボディボードを楽しむことが可能です。

水着のままでも食事をすることができるレストランがあるので便利で、リーズナブルな料金で利用することができます。

最後に

群馬県には美しい大自然を満喫したり、屋内プールでリゾート気分を味わえる施設など、さまざまな観光スポットがあります。
夏休みを利用して家族はもちろんカップルや友達同士でも楽しめるようなスポットが満載です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-国内旅行, 旅行・レジャー
-, , , ,

関連記事

紅葉の名所「高台寺」の景色を満喫!

高台寺は、京都市東山区にある臨済宗建仁寺派のお寺です。 このお寺は、豊臣秀吉の正室であった高台院(ねね)が、秀吉の冥福を祈って建てました。境内の見どころは、霊屋(おたまや)・方丈・観月台・時雨亭・遺芳 …

イルミネーションがオススメ!「神戸ルミナリエ」のみどころ

毎年12月、師走であわただしくなる街を、誰もが好きになる季節。 12月の初めの週末から10日間、夜から点灯される神戸ルミナリエは、観る人を魅了する輝きを放つイルミネーションです。

アメリカ・ワイオミング州のおすすめ観光スポット

ワイオミング州には、アメリカの中でも特に有名な観光スポットが多数あります。アメリカの代名詞とも言えるスポット、全てチェックしていきたいものです。

都会の喧騒から離れて…ナイタースキーの魅力

スキー好きの人であれば、毎週でもスキー場に通い、思い切り滑りたいと思っているはずです。 山の斜面を一気に滑り降りるのは気持ちいいものですし、風になったような気持になることもできます。 どんどん上達をし …

フィンランド旅行のおすすめ観光スポット

フィンランドを海外旅行先にするなら、おすすめスポットは「ヘルシンキ大聖堂」です。

楽天モーションウィジェット