超美味!納豆に「クリームチーズ」をちょい足し!

納豆と言えば、植物性のタンパク質です。日本では少数派ですが、欧米ではヴィーガンと呼ばれる菜食主義者の人たちがいます。

彼らは、一切動物性のタンパク質を摂取しないという特徴を有します。

納豆は、植物性タンパク質なのでヴィーガンの人たちでも食べることができます。

スポンサーリンク

納豆は色々なものと合わせることができる

肉などの動物性タンパク質は、脂質やコレステロールなどが気になりますが、納豆は植物性のタンパク質なので体に良いという性質があります。

菜食主義者の人たちでも、気軽に食べることができます。

納豆には、クリームチーズをちょい足しするなど、様々な食べ方が存在します。特に茨城県や秋田県などは本場とされており、様々な食べ方があります。

例えば、ラーメンに納豆を入れたり、オムレツに入れるなど一般的な家庭でも見られます。珍しい食べ方では、砂糖を入れるというものもあります。

オーソドックスな食べ方としては、醤油をかけてかき混ぜて食べるというものですが、カラシやわさびを入れる人もいます。

またクリームチーズをちょい足しするのも、美味しい食べ方の1つです。チーズオムレツを作る際に、納豆を入れるとさらに美味しくなります。

卵と溶けたクリームチーズ、納豆に醤油やマヨネーズ、ケチャップなど好みの調味料を使用します。

オムレツ以外にも、カレーライスやお茶漬けなどに入れる人もいます。茨城県や秋田県以外の地域では、カレーに入れるのは珍しいかもしれませんが、非常に美味しくなります。

また、カレーライスに納豆だけでなく、クリームチーズをちょい足しするのも美味です。

クリームチーズをちょい足しする

クリームチーズは、単体でも美味しい食材ですが、納豆にちょい足しすることでさらに美味しくなります。

納豆の本場とされる茨城県や秋田県以外でも、カレーライスにクリームチーズをちょい足しする食べ方は行われています。

しかしそこに納豆まで加えるという食べ方は、非常にまれです。関西の人たちや、外国人の中には発酵した大豆の臭いが苦手という人もいます。

一方本場である茨城県や秋田県では、様々な食材と共に食べられます。

クリームチーズとの相性は抜群なため、オムレツなどを作る際には一緒に入れます。発酵した大豆は美味しいだけでなく、健康にも良い影響を与えます。

人間の体を作る素材となるたんぱく質が、豊富に含まれるだけでなく、善玉菌や食物繊維は腸内環境を整えるのに役立ちます。菜食主義者の人たちでも、気軽に食べることができ、体の健康を維持することができます。

クリームチーズをちょい足しする場合には、一般的な醤油だけでなく専用タレを利用するのも効果的です。

一般的に市販されている納豆には、タレが付いていますが、醤油よりもダシが入っているためまろやかです。

醤油と専用タレの違いについて

一般的な調味料として使用される醤油と専用のタレには、大きな違いがあります。

醤油は、ダシが入っていないため塩味が直接的です。一方タレにはダシが入っているため、うま味と甘みがありまろやかな味がします。

いずれを使用するかは、好みによります。一般的なスーパーなどで市販されているものの中には、タレなしのものも存在します。

タレなしとありの価格は、それほど大きな違いはありません。一般的なめんつゆにも、ダシが入っているのでタレの代わりに使用することもできます。

めんつゆと専用タレには、いずれもダシが入っていますが、多少の違いがあります。専用タレの方が、うま味と甘みが強い傾向がありますが、十分代用することは可能です。

納豆をかき混ぜる際に、ダシが入ったタレやめんつゆとシーチキンを合わせると、うま味が増して非常に美味しくなります。

さらにシーチキンだけでなく、クリームチーズをちょい足しするのも贅沢な食べ方です。発酵した大豆をより美味しく食べるには、うま味を増す必要があります。

醤油でも美味しく食べることはできますが、タレやめんつゆを利用するとさらに美味しくすることができます。

美味しく納豆を食べて健康になる秘訣とは

大豆には、良質な植物性のタンパク質が豊富に含まれています。さらに、善玉菌や食物繊維の存在は腸内の活動を整えるのに有効です。

動物性タンパク質を少なめにして大豆を増やせば、脂質やコレステロールなども減らすことができます。

発酵した大豆を多く食べることが、健康を増進させる秘訣です。

納豆には、独特の香りや粘りがあるので、苦手な人が美味しく食べるには工夫が必要となります。茨城県や秋田県の人たちには、発酵した大豆が苦手という人は少数派ですが、特に関西地方の人や外国人の場合には苦手とする人も存在します。

発酵した大豆は、水で洗うことである程度ぬめりをとることができます。ぬめりをとった納豆を、オムレツなどに入れることで、苦手な人でも美味しく食べることができるようになります。

また、ぬめりをとった後にクリームチーズなどをちょい足しするもの、美味しい食べ方です。

発酵した大豆のぬめりには、善玉菌が含まれているので、なるべくとらない方が健康には効果的です。一方でぬめりをとることで、粘りや香りを抑えることができ、苦手な人でも美味しく食べることができます。

最後に

納豆には、クリームチーズをちょい足しするなど様々な食べ方があります。

水で洗えば、独特やぬめりや香りもとることができるので、苦手な人でも美味しく食べることができます。

良質な植物性タンパク質が豊富で、菜食主義者の人でも安心して食べることができ、善玉菌や食物繊維が腸内環境を整えます。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, , ,

関連記事

簡単に出来るマグカップスイーツ♪【蒸しパン】の作り方!

簡単にスイーツを作りたいのなら、マグカップで作れる蒸しパンがおすすめです。 材料さえ揃っていれば、電子レンジですぐに作れるので、お子さんのおやつにはもちろん朝ごはんとしても、覚えておくと便利です。 ア …

ぱぱっと簡単!冬野菜レシピ

寒い冬に、ぱぱっと簡単に作れる冬野菜のレシピはいかがでしょうか? 大根、人参、白菜、レンコン、ゴボウなどの冬野菜は保存も簡単で美味しく、あったまるレシピにぴったりです。 スポンサーリンク ぱぱっと簡単 …

絶対食べたい!おすすめのイチゴスイーツ4選

スイーツに欠かすことの出来ないフルーツといえば「苺」ですよね。 色味もきれいで、甘さや酸味がさわやか。 そんな美味しい苺をたっぷりと贅沢に使用したスイーツが続々と登場しています。 最近はフルーツパーラ …

花粉症予防・改善が出来るハーブティー:ジンジャー

しょうがが体に良いことは、良く知られていますが、実際にどんな成分が、どのような働きをすることで、体に様々な効果効能が期待できるのでしょうか。

高カカオチョコレートの知られざる効果!【抗酸化作用による美容効果】

抗酸化作用が、どのようなものであるのかの前に、まずは活性酸素を知る必要があります。 なぜなら活性酸素があっての、抗酸化作用であるからです。

楽天モーションウィジェット