超美味!納豆に「山椒」をちょい足し!

納豆の薬味には、いろいろありますが、山椒をちょい足しするのもおすすめです。山椒の風味と納豆の風味が絶妙にマッチして、たいへん美味です。

納豆が苦手で、健康のために食べようとする場合も、山椒の風味によって食べやすくなります。

スポンサーリンク

納豆の薬味としての山椒

納豆の薬味としては、辛子が一般的になっていますが、辛子納豆を好まない人も割合います。

市販されているパックには、たれの他に、ほとんどの場合辛子が付いているものの、たれだけ使って辛子は全然使わないという人もそれなりにいます。

納豆の薬味としては、ねぎや玉ねぎ、のりなどが多く用いられますが、たまには山椒をちょい足しして食べてみましょう。一味違う、本格的な味になります。

納豆が苦手でも、健康のために食べようとしている人は多いですが、パックに付属しているたれの他に山椒をちょい足しすると、納豆の味があまり気にならなくなるため、食べやすくなるようです。

山椒のツーンとした香りだけを意識して、食べられるからでしょう。

山椒は、うなぎを購入した時についてきますが、使い切れず余っても、その後の使い道に困ることがあります。それ自体たいへん風味があり、山椒を好む人はおおぜいいるものの、普段の料理にはあまり使われません。

しかし納豆なら、毎日でも食べる食材ですから、それにふりかければあっという間に使い切ることになります。

健康食品を常食するために

健康面での納豆の良さは、数え上げたら切りがないくらいです。しかし、日本中で愛好されているわけではなく、地域差が大きい食品です。かつては、西日本ではほとんど食べられていませんでした。

しかし、最近では健康のために、西日本でも頻繁に食べられるようになっています。納豆の健康効果で特に注目されたのが、骨を強化する働きです。

西日本と東日本では、骨折率が明らかに違い、西日本のほうが高くなっています。骨を強くするものとしては、紫外線も有名です。

東日本より西日本のほうが、より赤道に近いわけですから、紫外線も強く、西日本にいたほうが骨が強くなりそうなものですが、統計上、西日本のほうが骨折率が高くなっています。

納豆の消費量と、骨折率が一致するというデータも出て、ビタミンKの働きも解明され、今や骨の強化のために、食べるという人もずいぶん増えてきました。

食生活を変えるのは並大抵のことではありませんから、西日本の年配者の中には、納豆が苦手な人も多いことでしょう。しかし、山椒をちょい足しすることで、苦手な人でも食べやすくできます。

山椒は日本独特の香辛料

日本独特の香辛料としては、ワサビが挙げられます。ワサビは、日本に生まれ、幼少期から親しんで来れて良かったと感じる食材のひとつでしょう。

ワサビの良さがわかる外国人もいますが、やはり苦手な人もいますし、終生知らずにいる人ももちろんたくさんいます。山椒も、日本と朝鮮半島南部に存在する、この地域独特の香辛料です。

山椒もワサビ同様、慣れ親しんでおいて良かったと感じさせる、香ばしい、良い風味の香辛料です。山椒には、ビタミンAやビタミンB1、B2およびナイアシンなどが含まれています。

また、摂取すると胃腸の働きが良くなり、脳も活性化すると言われています。香辛料ですから、血行も促進されるようです。香辛料は、塩分を抑えるのにも効果的です。

パックについてくるたれは、全部使い切らずに、3分の2か半分程度だけ使うようにし、あとは山椒をふりかけると、物足りなさを感じることなく、おいしくいただけます。

人によって味覚は異なりますから、一概には言えませんが、そうすることによって、なるべく薄味に慣れていきたいものです。

納豆は子どもの頃から

納豆は、関西や南九州ではそれほど食べられていません。以前に比べればずいぶん増え、半数くらいの人は食べるようになってきてはいますが、それでも決して食べないという人が依然かなりの数います。

東日本では、ほとんどの人が納豆を好み、まったく食べないという人は少数派です。健康食品ですから、頻繁に食べるに越したことはありません。西日本でも、スーパーにはたいてい何種類も置いてあります。

要は、子どもの頃から家庭の食卓に出し、慣れ親しませることでしょう。給食で出るからと言って、食べるようになるとも限りません。

昔は、給食は強制的に食べさせることがよくありましたが、現在ではそうでもなくなっています。離乳食の段階から利用し、味に慣れさせるのが一番でしょう。

よく言われる納豆の血液サラサラ効果には、異論も出されています。しかし、骨折率が抑えられるのは統計上明らかとなっています。

日照時間が少ない地域が多く、高緯度である東日本のほうが骨折率が低いのは、納豆を食べる習慣があるからです。好きになって食べ続けるに越したことはなさそうです。

最後に

納豆には、さまざまな薬味が用いられていますが、苦手で食べられない場合は、山椒を用いるのも良い方法です。

山椒の香ばしさによって、苦手な人でも食べやすくなります。もともと好きな人なら、山椒によってますます美味に感じられることでしょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, , ,

関連記事

ベトナムのコーヒーを楽しもう

コーヒーは世界でも多くの人に愛されていて、色々な樹類があり、各国の豆や焙煎等で香りも味も様々。 コーヒー好きであれば、色々な国のものを試してお気に入りの1杯もあるはず。

忙しい朝にぴったり!チーズを使った朝ご飯レシピ

朝ご飯の内容でその後元気に過ごせるかどうかが決まると言っても過言ではありません。 家族が元気に一日を過ごせるよう、栄養満点の朝ごはんを食べてもらいたいですよね。 しかし毎日、忙しい朝にご飯を作るのは大 …

ヘルシーなバター「ギー」の健康効果!【消化機能を高める】

ヘルシーなバターとして注目を集めているギーは、インド生まれの食材です。

肌の老化を防ぐポリフェノールは【赤ワイン】で摂ろう!

赤ワインは、ブドウにある成分をワインの中にほとんど取り入れているので、たくさんのミネラルやビタミン、ポリフェノールなどの栄養素が含まれていて、抗酸化作用や血圧降下に効果があったり、肌をきれいにしたりと …

炊飯器で作れる時短レシピ「おかゆ」

おかゆは、風邪をひいたら食べるものというのは、一昔前の話です。 病人だけでなく、健康や美容にもいいおかゆのことを、もう少し詳しく知っておくといいでしょう。 さらに、炊飯器で作る簡単レシピも、美味しくて …

楽天モーションウィジェット