超美味!納豆に「七味唐辛子」をちょい足し!

納豆に七味唐辛子をちょい足しすると、ピリッとした辛さが効いて、よりおいしくなります。子どもは苦手でしょうが、大人にはかなり好まれる味です。

納豆が苦手な人も、七味唐辛子をちょい足しすると、かなり食べやすくなります。

スポンサーリンク

ピリッとした辛さが絶妙

納豆には独特の風味があり、好きな人には甘く感じ、堪えられないうま味となりますが、苦手な人にはなかなか慣れない味覚のようです。

七味唐辛子をちょい足しすると、納豆を食べ慣れた人には新しい味となり、おいしく感じることが多いですが、苦手な人には納豆独特の風味が感じにくくなるため、苦手意識が克服できるチャンスとなり得ます。

食べ慣れていけば、次第に素材そのものの味わいが、好ましくなることが多いものです。七味唐辛子は、その大きな助けになる可能性があります。

七味唐辛子には、さまざまな素材が入っているため、納豆にかけるとより味わい深くなります。香りが強めであるため、納豆が苦手な人の場合は、風味がかき消され、食べやすくなるようです。

どちらの場合にも、好ましい食べ方と言えそうです。

七味唐辛子は、よく食品に付属して付いてくるため、余っているお宅も多いことでしょう。たまにこうした使い方をし、家族のだれかひとりでも気に入ったら、すぐなくなりそうです。

納豆の薬味にはいろいろあり、ワサビを試す人も多いですが、七味唐辛子がお気に入りという人もかなりいます。

タレも辛子も用いた上で

さすがに、七味唐辛子だけを薬味にするというのは現実的ではありませんから、最初はパックに付属するタレも辛子も使い、その上で七味をトッピングするというのがおすすめです。

タレと辛子は、いつもより少なめにしておきましょう。辛子はともかく、タレの量を減らせるというのは、健康上たいへん良いことです。付属のタレには、かなりの塩分が含まれています。

それを気にしてほとんど使わないという人もいますが、それでは味気ないとして、ほとんどの人が3分の1から半分程度は使うようです。

しかし七味唐辛子を使えば、付属のタレの量を減らしても、味気なさをあまり感じずに済みます。塩分を香辛料で補うというのは、健康のために推奨されていることのひとつです。

それが可能になる方法ですから、試しにやってみて、気に入ったらどんどん取り入れていきたいものです。

薄味に慣れるというのは、並大抵のことではありませんが、香辛料で代用するという方法なら、比較的簡単です。 最初はタレも辛子も使い、次第にタレの量を減らしていけたら、大成功でしょう。

飽きずに毎日食べるために

納豆は、非常に健康効果の高い食品で、さまざまな症状を改善することでも知られ、健康のために食べようとする人も増えています。

地域によって、大好物とする人の割合が大きく異なる食品であり、日本のかなりの地域では、あまり食べる習慣がないようです。昔ほどではなくなりましたが、依然として西日本では苦手意識のある人が多くなっています。

苦手であっても、なんとかして食べて、健康効果を得たいという場合、七味唐辛子を使うというのは良い方法です。ピリッとした辛さと強めの香りによって、納豆の風味が弱まるからです。

苦手なものを毎日食べるとなると、相当強い意志が必要となるものですが、七味唐辛子をかけた納豆は、かなり美味であるため、やがては好みの味となり、納豆自体にも抵抗がなくなっていく可能性もあります。

そうなったら、しめたものです。

納豆には骨を強化する働きの他に、コレステロールや中性脂肪を下げる働きもあるとされます。納豆はアミノ酸組成が良く、卵と並ぶ完全栄養食でもあります。

卵の動物性の脂肪分が気になる場合は、タンパク源として代用できそうです。

もともと辛味が合う食材

納豆は、もともと辛味でより風味がアップする食品です。納豆の薬味に用いられるのは、定番の辛子の他に、大根おろしやワサビ、山椒などが挙げられます。

ネギや玉ねぎも、多く使われます。どれも、辛味があるものばかりです。納豆には、辛味がよく合うと言えます。その辛味の代表格とも言えるのが、七味唐辛子です。

納豆の薬味としては、まだメジャーな存在ではありませんが、試して気に入っている人はかなりいるようです。七味唐辛子を薬味に使っての、さまざまなレシピも紹介されています。

大根おろしや、辛子と一緒に使うという例もあります。辛い薬味ばかりを3種類も使うわけですが、好評のようです。辛子の代わりに、ワサビが使われることもあります。

七味唐辛子はスパイシーで刺激がかなり強いため、苦手克服に使うのにも向いています。

同じ完全栄養食品である卵に比べ、苦手とする人が多く、それでもさまざま大きいことがあることがよく紹介されているため、なんとかして食べるように努めている例も多いです。

そのときに、大きな助けとなり得るのが七味唐辛子であると考えられます。

最後に

納豆に、七味唐辛子をちょい足しすると、スパイシーな辛味が効いて、いっそうおいしくなると評判です。大根おろしや辛子、ワサビと併用する方法も好評となっています。

さまざまな薬味の中でも、特に刺激の強い七味唐辛子なだけに、納豆への苦手意識克服に、役立ちそうです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-フード
-, ,

関連記事

隠し味で「白ワイン」を入れると、クリームシチューが一段上の味になる!

寒いシーズンの定番メニューであるクリームシチューは、白ワインという隠し味で、味わいを引き立たせることができます。 白ワインにはポリフェノールや、カルシウムにマグネシウムなども含まれています。適度な摂取 …

岐阜県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

岐阜県には、歴史的な有名な史跡、温泉施設など色々と楽しめる観光名所があります。 そして、意外と知られていないのが、全国的に浸透していない、ご当地グルメがあることです。 食を楽しみながら旅行をすることで …

スーパーフードって何?

テレビや雑誌などで目にすることも多くなった「スーパーフード」。 様々な食材に対して使われている言葉ではありますが、実際にどのようなものであるのかを理解している人は少ないのかもしれません。

沖縄県に行くなら絶対食べたい!ご当地グルメ5選

沖縄県というと、日本国内はもちろん、海外からも人気の観光スポットと言えます。 色々な名所がありますが、現地でしか堪能できないご当地グルメも充実しています。 そのため、美味しい食べ物を求めて旅行に行かれ …

1日漬けるだけ!味噌に漬けると美味しいモノ「卵」

1日だけ味噌に漬けると美味しい食材として、卵もとても美味しくいただける食べ物に変身をします。 茹でた状態にして、味噌と好みでごま油をプラスして、1日漬けるだけで出来上がりです。余りにもシンプルですが、 …

楽天モーションウィジェット