身近にある発酵食品:納豆で菌活しよう!

納豆ごはん
現代日本でのブームは菌活であり、腸内環境を良くすることで、美容と健康への切符を手に入れることにもなります。

菌活は難しいのではという不安などは全く心配はなく、身近にある食材として、日本人がこよなく愛する納豆があります。

菌活には発酵食品が味方になりますが、これほど身近な食材であれば、誰でも簡単に始めることができます。

スポンサーリンク

納豆で菌活

日本には、古来より多くの発酵食品が身近にある、とても恵まれた環境に生きています。

毎日日本人が和食で食べる食材には、おなかの善玉菌をアップさせる食材が、実はとても多いです。

その中でも納豆菌は優れていますので、積極的に食べたい食材になります。

納豆菌について

納豆菌は枯草菌の1種であり、種類は数万種類にもなりますが、とても身近な大豆を発酵させる時に利用されます。

納豆菌は人間の腸内へと入り込むことで、悪玉菌の勢力に歯止めをかけてくれますし、善玉菌をアップさせる仕事も引き受けてくれます。

納豆菌はかなりの強さをもっていて、マイナス100℃で冷凍をしても、100℃で加熱をしても、死滅はしません。
アルカリや酸に晒されようとも、生き残るという強さがあるために、胃酸にも負けることがありません。

口にすることで腸内へ届きやすいですし、4日から5日はおなかの中に滞在をしてから排泄されるので、その間は善玉菌へのサポートに勤しみます。
体内へ入れることで、生きたままで活躍をするという、かなり優れた特徴を持っています。

発酵食品の中でも納豆は、安価な費用で購入が出来て身近な食材でありながら、さまざまな健康への効果を導く、スペシャルな食材でもあったわけです。

納豆の栄養素について

納豆という食材には、豊富なビタミンB群の栄養を秘めている底力があります。
恵まれたビタミンB群の栄養成分は、体内細胞の再生を促すとか、細胞の成長を促進させる仕事を期待することができまう。
もしもビタミンB群を、少し多く摂り過ぎたとしても、多い分は排泄されるので、特に問題はありません。

たっぷりのビタミンB群を含む納豆を食べることで、体からは疲労感を取り除いていく働きがありますし、現代人が感じやすい目の疲れを回復する力も持っています。
さらには、ビタミンB群は、健やかな毛髪や肌を作るためにも力になります。

納豆だけに含有する栄養素として注目を編めるのは、ナットウキナーゼの栄養素です。
ナットウキナーゼは健康番組でも取り上げられるほど有名になりましたし、健康食品でも使われるほどの人気があります。
それはナットウキナーゼの栄養素は、血栓ができるのを予防する作用が有ること、そして血液をサラサラにする働きがあるためです。

日本人も中年層になると健康状態を非常に気にするようになりますし、肥満を気にするのと同じくらい、血管や血液関連への関心も高まります。
それはテレビの健康番組でも、血液がドロドロの状態だと、健康被害がおきやすいことを、メディアを通して情報をキャッチしているためです。

ナットウキナーゼの働きで血液がサラサラになると、それは脳梗塞や心筋梗塞の予防にもなります。
血液の血栓というのは、深夜遅くから明け方に出来やすい特徴があるので、夕食で納豆を食べるのは予防になります。
納豆は健康的な食材であり、腸内を良い環境にしますし、それは免疫力を向上させることにもつながります。
免疫力が高まることで、健康を良い状態に維持しやすくなります。

菌活について

菌活がこれほどまでに日本でブームになっているのは、身近な発酵食品を食べることで、おなかの中に簡単に善玉菌を増やすことができるためです。
高級な健康食品のサプリメントを購入する必要はないですし、高級クリニックでの治療を必要とする方法でもありません。
おなかの中に善玉菌が増えることで、乱れやすい腸内の環境が整うことになります。

人間の腸内には善玉菌と悪玉菌が存在をしており、お互いに良いバランスで成立をすることで、便通も良くなりますし、健康面でも良い体調をキープしやすくなります。
しかしストレス社会で生活をする現代日本人は、生活が乱れることは日常茶飯事ですし、食事内容も偏りが多いです。

食事の栄養が傾いて、ライフスタイルも乱れ、さらにはストレスまみれでは、腸内での善玉菌は弱くなり、悪玉菌の方が勢力を増してしまいます。
悪玉菌というネーミングで親しまれているものの、悪玉菌は必要があって存在をします。
だからお互いがちょうど良いバランスであれば、何も問題は無く腸内は良い状態です。

しかし生活習慣の乱れは悪玉菌を優位にさせるため、この状態が更に腸内の環境を悪くさせてしまいます。
腸内環境がここまで注目をされるようになったのは、まだほんの数年ほどのことであり、それほど重要視はされてはいませんでした。
しかし現代日本でも腸はとても大切なものという理解が深まっていますし、朝は第二の脳でもあります。
いかに重要な臓器であるかは、もはや現代ではよく知られるところとなっています。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フード
-, ,

関連記事

カレーが一段と美味しくなる隠し味:はちみつ

カレーの隠し味の定番は蜂蜜でしょう。 加える際のポイントや注意点などを紹介します。

毎日食べたい!飽きないホットサラダのアレンジ法「シンプルに炒める」

冷え性や、体が冷えやすい現代人に人気なのが「ホットサラダ」です。 生野菜のサラダに比べて体を冷やすことがなく、食材や調味料・ドレッシングなどによりアレンジが無限大で、組み合わせによってはおしゃれなカフ …

女性に嬉しいスーパーフード!「クコの実」の食べ方【お湯を注いでお茶にする】

スーパーフードとして、一躍注目を浴びたクコの実は、ゴジベリーとも言われます。1cmくらいの細長い赤い実で、通常、乾燥した状態で販売されています。

お米をおいしく炊く裏技:別の種類のお米と混ぜる

通常、お米は1種類を買って利用することがほとんどですが、2種類のお米を混ぜて炊くとさらにおいしくなります。

【いんげん豆】には食物繊維が豊富に含まれている!

いんげん豆は、南北アメリカ大陸の主要作物で、ヨーロッパには、コロンブスの2度目の航海で持ち込まれたとされています。 日本には、江戸時代の前期に、明(みん)からの帰化僧、隠元(いんげん)禅師によって持ち …

楽天モーションウィジェット