ちいさくてかわいい!ねんどろいどとは?

スポンサーリンク

ねんどろいどとは?

「ねんどろいど」とは、謎の原型師集団という触れ込みの「ねんどろん」が制作、あるいは協力して制作している全高10cmほどの小さいフィギュアです。

フィギュア化の題材となっているのは人気のアニメ作品やゲーム作品のキャラクターです。

作中では一般の人間と同じような頭身で描かれているキャラクターをデフォルメし、約2.5頭身のキュートな小さいフォルムに収めている点が「ねんどろいど」シリーズ最大の特徴です。

オープンアーキテクチャを称しており、見た目の作りや緩い設計の規定さえ満たせば「ねんどろん」、あるいは製作元であるグッドスマイルカンパニー以外でも作成できることも特徴であり、現に違うメーカー作成の「ねんどろいど」の間にもパーツをはじめとした一部ギミックの互換性が認められる場合があります。

「ねんどろいど」の最大の特徴であるその2.5頭身の小さいフォルムは、一般のプラモデルやフィギュアに比べややこぢんまりとしているように見えますが、それ故に机の隅や本棚にも置くことができるなどどこにでも置けて楽しめる点が評価されています。

頭でっかちなフォルムをしていますが、それぞれ台座が付属していますので安定性は高く、勝手に倒れる心配はありません。

すでに販売がされていない作品もありますが、2006年にPCゲームである「月姫」の登場人物であるネコアルクを作成して以来、販売された本家「ねんどろいど」のナンバリングは700を超え、関連商品を含めると1000の大台を望む当シリーズですが、今もなお人気作品のキャラクターたちが造形化を待っています。

小さくても精巧なつくり

そのデフォルメされた緩いフォルムからは想像もできないほどの巧緻な作りが「ねんどろいど」最大の楽しみであり、喜怒哀楽の表情差分、制服や突飛なところではメイド服などの衣装差分、武器やカバンなどの小道具が実装されているものも存在し、またモデルによっては関節の可動性が高くポージングできるように設計されています。

中にはフィギュアと同じくらいの大きさを誇る大掛かりな換装パーツが付属し、その装備をつけるかつけないかによって印象がガラッと変わるようなシリーズも少なからず存在します。

そういったパーツをつけるかどうかまで含めて、ユーザーにとってその人独自の楽しみ方ができるという点で他のフィギュアとは一線を画す、リアル路線のフィギュアにも引けを取らない商品です。

また、デフォルメされることによって全体的に丸いフォルムに収まっていますので、作中ではクールで尖っていた、あるいは凛々しく大人びていたキャラクターであっても「ねんどろいど」化してしまえばキュートなまた違った印象を懐かせることになります。

しかし、目つきや装備品からそのキャラクターの印象は変わらず伝わってきますので、また違った方向から作品を見ることができるという点で非常に楽しいシリーズです。

いろいろなシリーズ展開

小さいことが最大の特徴である「ねんどろいど」シリーズはさらに小さい根付としてストラップのように使えるシリーズや「ねんどろいどぷち」という65mmほどの大きさのシリーズがコンビニ展開でワンコインフィギュアとして登場したり、「ねんどろいどぷらす でか」と称した少し大きなサイズのものも存在します。

そして、このねんどろいどシリーズには拡張パーツとでも言うべき「ねんどろいどもあ」というシリーズが存在し、「ねんどろいど」を様々な環境に置いて楽しめるようにするための吸盤であったり、クリップであったりといったパーツを別途買い求めることができました。

2.5頭身のモデルは大きさに大差がないため、「ねんどろいどもあ」シリーズには着せ替えパーツにあたるパジャマや水着、ジオラマ要素である教壇や黒板などの教室セットなどが販売されました。

それぞれには特別な台座や背景パーツが付属している場合もあり、劇中の一場面の再現、あるいは元の作品ではありえなかった世界観を自分の手で再現することも可能でした。

置きたい環境によって様々な型の選択肢があるほか、近年はクレーンゲームなどのプライズ専用、アニメーションや映画のディスクや雑誌の付録として付いてくるなど、「ねんどろいど」を目にする機会自体は増えていると言えます。

フィギュアとしての「ねんどろいど」のみならず、ぬいぐるみとしての展開をしていたり、ラバーストラップとしても「ねんどろいど」の名前を冠して展開していたり、と「ねんどろいど」のデフォルメされたデザインさえ満たしていれば多様な展開ができることを示しています。

また、現在は胴体を着せ替え出来るギミックにスポットを当て、対象年齢を8歳まで引き下げ、ST認証を獲得した「ねんどろいどこ~で」なるシリーズも存在します。

こちらは女児向けアニメーションのキャラクターをモデルにしているものや、アイドルマスターなどの作中に衣装が多数存在し着せ替えが楽しい作品をモデルにしているものがメインになっています。

まだまだ拡大を続ける「ねんどろいど」ワールドからこれからも目が離せません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー

関連記事

少人数からでも使える!東京のおすすめコスプレスタジオ「モケモケスタジオ 東京」

コスプレとは、コスチューム・プレイからきた和製英語ですが、今は世界中に広がって、新しい言語として認識されるようになりました。 内容的にはアニメや漫画、ゲームなどに出てくるキャラクターの姿を模倣して扮す …

ゲームの代表「ADV」の意味と特徴について

ゲームジャンルのひとつ、アドベンチャーゲームについて紹介します。

AK-GARDENに参加してフィギュアや模型の魅力に触れよう!

インターネットメディアの隆盛に伴って数多くのサブカルコンテンツを扱ったイベントが開催されてきましたが、それぞれのイベントにコンセプトや特徴があります。 それがイベントごとの面白さを形成しているのですが …

デジタルTCG「グランドエレメンタルマスター」の魅力とは?

トレーディングカードゲームをプレイするなら、戦略性が重要になるデッキ構築バトルを選ぶ方も多いのではないでしょうか。 そんな方にぴったりなのが、グランドエレメンタルマスターです。 このトレーディングカー …

2人用ボードゲーム「アバロン」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク アバロンはどんなゲーム? アバロン(Abalone)は玉による相撲と例えられるゲームです、 自分の玉で相手の玉を盤外へ押し出すことによって勝敗が決まります。

楽天モーションウィジェット