初心者のためのねんどろいど改造

最近は、色々なアニメ作品のねんどろいどがたくさん発売されていて、オタクライフに潤いを与えてくれます。

ねんどろいどは、二等身で小さく、丸っこく可愛いですし、飾るだけではなく、持ち運んで聖地に行ったり、オタク仲間と一緒に写真撮影をする人も多いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

自分好みにカスタマイズ可能!

ねんどろいどを購入した人の何割が当てはまるかわかりませんが、だんだん可動フィギュアのように、ポーズを色々取らせてみたり、着せ替え人形のように色々な服を着せかえてみたいと思ってくる人が、案外多いものです。

昔はそういう場合、自分でいちから改造するしか方法はありませんでしたが、今ではありがたいことに、そういったニーズにも応えられるパーツがたくさん揃っています。

普段の生活では目にすることも無いものばかりですが、深いこだわりさえなければ、初心者でも簡単にねんどろいどの改造ができます。

可動フィギュア化

例えば、色々なポーズを取らせるための可動フィギュア化です。

ねんどろいどの改造業界(?)の中でメジャーなのは、オビツボディです。
オビツボディは、たくさんの等身を展開しているので、間違えないようにしてください。

ねんどろいどにあっているのは、通称「オビツ11」といわれる一番小さなボディです。
等身も、比較的元のボディに似通っており(多少背は高くなってしまいますが)、動かせる関節が多いため、色々なポーズを取らせることができます。

しかも初心者に優しい値段で売られています。
また改造しやすいように、分解できる構造になっているので初心者にも安心です。

数百円分値段に差が出ますが、足裏にマグネットが付いているものもあります。
自立させてみたい人は、マグネット付きを選ぶといいでしょうが、もともとねんどろいどはヘッドが大きく重たいので、多分支えが必要になります。

その辺りは好みで決めてしまいましょう。

色はナチュラルという少し濃いめの色とホワイティという薄めの二種類です。
一般的にねんどろいどは、ホワイティの方が色が近いのでそちらを選ぶのがおすすめです。

ボディの改造方法

ボディの改造方法は簡単です。

ねんどろいどから、ヘッドとボディをバラしてオビツボディに取り付けるだけです。
ねんどろいどは、表情の差分があるので頭部は外しやすくなっています。

前髪部分さえ外してしまえば、あとはなんとかなります。

最初は勇気が必要ですが、傷付けないようにだけ気を付けていれば大丈夫です。
布などで覆っておけば、ある程度事故防止にはなると思います。

ねんどろいどにもともとついている首部分のジョイントは、オビツボディには対応してませんので必要ありません。

また当然ですが、ボディ部分もいらないです。また元の状態に戻す時まで大切にしまっておきましょう。

オビツボディの首部分の三角形状のアダプターも、ねんどろいどの首穴には合わないので必要ありません。
ジョイントのてっぺんに、ネジがあるので外せば簡単に取れます。

ボディに乗せるだけで、よければもうこれだけで完成です。

ボディにポーズを取らせて、ジョイント部分に首穴を差し込むだけです。
ただし不安定で首がふらふらしてすぐ落ちてしまうので、それが嫌な初心者さんは、さらに改造してしまいましょう。

不安定さが来なる人は、さらに改造を

改造自体は簡単ですが、そのためにはあらかじめ「オビ球」と呼ばれるパーツを別途購入しておく必要があります。
デフォルトでついているオビツボディのジョイントは、大きいので使えませんが、オビ球が変わりの役目をはたしてくれます。

ちょっと怖いかもしれませんが、軽くねじって引っ張れば腕が外れますので、脇部分の境目にマイナスドライバーを入れ、ぱかっと分解しジョイントを外してしまいましょう。

そして、オビ球の中の一番小さい6mm球を選び、マスキングテープを巻いて首穴との太さを調整し、ジョイント部分に戻せば完成です。
慣れている人は、丸ゴムを巻いたりなど別の方法を取りますが、とりあえず初心者向けの一番簡単な改造方法はこれです。

衣装の種類も豊富

オビツボディには、服や靴は付いてきませんので、別に衣装を用意する必要があります。
裁縫に自信があり、自作できる人ならともかく、初心者に自作は難易度が高めです。

貫頭衣が精いっぱいなはずです。

でも、オビツ11サイズの服は色々な種類が販売されていますし、個人で制作している人もいます。自分好みのお洋服を探してみてください。

慣れてくるともっと自由にポーズを取らせたいと、パーツの改造までする人もいます。
オビツボディは、良くも悪くも肉感がないので、ヤスリなどで削ってなめらかにする人もいます。

また、オビツボディではないデフォルメボディ、例えばキューポッシュボディにする人もいます。

ただ、キューポッシュボディはデフォルメが愛らしいのですが、首部分が少し特殊で初心者向きではありません。
今まで改造をしたことがない初心者がねんどろいどを改造するなら、オビツボディを選ぶのが一番簡単で楽ちんですし、衣装もたくさん販売されているのでおすすめします。

ポーズが取れるようになるとねんどろいどがより可愛くなりますよ!

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-

関連記事

steamでおすすめのFPSゲーム3選

steamはゲームを沢山配信していますが、その中には一人称視点で敵と戦うFPSゲームもラインアップされています。 中にはsteamでしか遊べないものや、ユニークな仕様やハードコアな仕様もあり長く楽しめ …

人気ゲームの食玩!ファイナルファンタジー&ドラゴンクエストシリーズ

SQUARE ENIXは日本が誇るゲーム会社のビッグネーム2社が合併して出来た会社ですが、代表的なゲームといえば、やはりドラゴンクエストとファイナルファンタジーです。 様々なグッズが販売されていますが …

BEBELL DOLLのドールの魅力!お迎え方法は?

韓国のドールメーカー、BEBELL DOLLのドールについて紹介します。

コスプレの強い味方!”パレット”のウィッグはどんなキャラにおすすめ?

日本からさまざまな文化が世界に広がっていき、その中にアニメや漫画、ゲームといったサブカルチャーがあります。 かつては、子どもだけのものといったイメージが強かったですが、今は大人も自然と楽しみ、経済的に …

富山の薬売りが発祥?日本が誇る食玩文化の歴史

以前はどこの家庭にも置き薬というものがありました。 年に一度か二度回ってくる薬屋さんがいて、使った分だけ料金を払うというシステムでした。 現在のように、どこにでも薬局やドラッグストアーのある時代とは違 …

楽天モーションウィジェット