ねんどろいどと写真撮影!

ねんどろいどは、アニメやファンシーキャラ、マスコットキャラを二頭身デフォルメしたフィギュアです。

アニメ関連のキャラが特に多いのですが、ねんどろいどの専門のコレクターがいるほど人気があります。

何故こんなに人気があるのか、それは可愛いからの一言に尽きるでしょう。
ただ二頭身にしただけではなく、顔もデフォルメされていて、可愛くアレンジされています。

スポンサーリンク

クールなキャラも、可愛らしく変身

お気に入りのキャラと写真撮影

元々シリアスな漫画や、アニメのキャラでも、ねんどろいどになったとたんに、憎めないかわいらしいキャラになるのです。

そしてねんどろいどには、表情付け替えパーツもあるので色々な表情をさせられます。
キャラに関連する小物もついていますので、アニメの世界観を再現できるのも魅力でしょう。

そんな魅力たっぷりのねんどろいどですが、熱狂的なファンがよくしているのが写真撮影です。
表情の付け替えをしたり、他のキャラと絡ませたりすることで、1つも物語を写真一枚で表現できます。

素敵な作品ができたときには、SNSに投稿したりして、同じねんどろいどファンから評価を受けたりしています。

別々のアニメのキャラ同士を絡ませても、二頭身デフォルメキャラで統一されているということで、それほど違和感が出ないのも面白いところです。
ねんどろいどの世界に、ギャップや違和感と言うものは存在しません。

撮影場所

みんなどんな写真撮影をしてるのかと言うと、自宅で撮影しているの人が多いです。
タタミの部屋で、ご飯を食べたり戯れて遊んでいる様子だったり、学校で色々なアニメのキャラが授業を受けているところだったり、何となくカオスで面白くて見ているだけで楽しくなります。

ただ家の中だけで写真撮影するだけでは物足りないという人もいて、ロケをする人も結構多いんです。

例えば、カフェに行って料理を食べているような様子を再現したり、有名な観光名所に行って建造物をバックに写真撮影する人もいます。

あと聖地で写真撮影する人も少なくありません。

聖地とは

アニメや漫画には聖地というものが度々あります。
アニメの中に出てきた場所が実在する場所だった場合、そこが聖地になるのですが、そのアニメのねんどろいどを連れて行って、その聖地の中や、建造物の見える場所で撮影します。

アニメの名シーンを撮影することもでき、撮影する人もそれを見る人も満足できる内容になっています。
中には聖地巡礼をするひとも少なくありません。

ねんどろいどで、聖地巡礼して写真撮影をするときには、ちょっとしたコツがあります。

まずねんどろいどは、頭が大きくて重たいので、自立できなことが多く、最初からついているスタンドが必要不可欠ですが、スタンドが見えると、作り物感が出てしまうのでよくありません。
そこでスタンドが見えない位置を探して、撮影することをおすすめします。

どの角度にしても見えてしまう場合は、上半身だけ撮影するようにするのもいいでしょう。

どうしても全身撮影したい、けれどもスタンドが見えるのが嫌という場合は、スタンドの台座の部分だけを外して、アームだけを背中にくっつける状態にしてください。
実はこれだけでも自立できる場合があるんです。

あまり長時間はできませんが、ほんの数秒程度なら問題ありません。

ポイントは自立させること

他にも、ポスターなどを壁に貼り付けると時に使う、練り消しのようなものが売っていますが、これをねんどろいどの脚に付けて自立させることができます。

練り消しみたいなものなので、はがす時にねちゃねちゃするんじゃないかと心配するかもしれませんが、案外きれいに取れます。

ただ長期間付けておくのはやめてください。
撮影したらすぐに外してください。

そのままにしていると、ねんどろいどの着色が練り消しに付着して、溶けてしまうこともあります。
ねんどろいどは、状態が命ですので気を付けて下さい。

他に気を付けたい点

他にねんどろいどを撮影するときに気を付けてほしいのは持ち運びです。
ねんどろいどは、プラスチックでできていますが、そのままバッグに入れて持ち歩くと、顔に傷ができたり汚れたりすることがあるので、接触しないようにケースにれて持ち運ぶことをおすすめします。

それも衝撃に強いタイプのケースがいいです。薄いケースでしたら衝撃がかかります。

小物は、結構小さくて失いやすいので、プラスチックのケースに入れておくといいでしょう。
よく100円均一に、薬を入れる透明の仕切りのついたプラスチックケースが売られていますが、表情パーツも入れられます。

風の強い日は、パーツが飛ばされないように注意してください。
安定の悪い場所にねんどろいどを置くと、落ちて汚れてしまったりするので、水の近くとかで撮影するときには特に注意です。

でも外での撮影は楽しいものです。
一人で聖地巡礼をしていてもねんどろいどがいるおかげで楽しくなります。

スマホなどを持っていたら、撮影したその時にすぐ画像をアップできるのがうれしいところです。
同じアニメや、ねんどろいどのファンの友達ができたら、一緒に聖地巡礼撮影ツアーを開くのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

更新日:

-フィギュア, ホビー
-,

関連記事

人気ゲームの食玩!モンスターハンターシリーズ

戦国BASARAシリーズや大神など、数々の名作を生み出してきたカプコン。 有名なゲーム会社ともなれば幅広いジャンルでゲームグッズを展開するのは当たり前であり、そういったグッズが販売されるゲームほど人気 …

リプトンのおまけスイーツストラップがかわいい!

最近ではお菓子だけではなく、ドリンク類にもちょっとしたおまけをつけるというパターンが出てきました。 その中でも有名なのがリプトンです。 そして、話題になったのがスイーツモチーフのストラップです。

バキュームフォームのガレージキットの特徴は?メリット・デメリットについて

模型の成型方法の1つ、バキュームフォームについて紹介します。

プラモデルやフィギュアの塗装に!タミヤカラー アクリル塗料の特徴と使い方

タミヤカラー アクリル塗料は、プラモデルメーカーの1つである田宮模型から発売されている塗料です。

2人用ボードゲーム「ロストシティ」のルールや楽しみ方

スポンサーリンク ロストシティはどんなゲーム? ロストシティ(Lost Cities)は遺跡探検をテーマにした2人用の対戦ゲームです。 世界中で愛されているドイツ発祥のゲームで、2008年にドイツ年間 …

楽天モーションウィジェット