いまさら聞けない年金入門|年金よりも生活保護の方がおトク?

老後に年金がもらえるのかどうか、不安を感じている人は少なくありません。

近年では、派遣や契約社員という雇用形態で働く人も増えており、厚生年金に加入をしていない期間が長い人や、加入はしていても支払っている金額が少ないために、老後にもらえるお金には期待できないという人も多いようです。

ここでは、年金と生活保護について解説をします。

スポンサーリンク

年金と生活保護ではどちらがお得?

年金と生活保護の場合、どちらがお得かということは一概には言えません。国民年金の場合ですと、月額5万円くらいしかもらっていないという人もいます。

厚生年金にも加入をしていれば、平均すると月額15万円くらいになるようです。公務員として働いていた夫婦の場合、夫婦合わせた年金の合計額が月50万円を超えるということもあるようです。

そうなってくると、圧倒的に生活保護よりも年金のほうがお得です。また、国民年金をもらっている人でも、条件を満たしていれば生活保護を受けることはできます。

年金は、きちんと納めていた人でないともらえないのに対して、生活保護のほうは条件さえ満たしていれば、国民年金の受給と両立させることができます。

老後の選択肢を増やすためには、国民年金をしっかりとおいたほうが良いでしょう。

生活保護は、最後のセーフティーネットと言われているように、車を保有することはできず、本当に最低限度の生活しかできません。

どちらがお得かと言えば、ほとんどの人にとって、年金のほうがお得という結論になるでしょう。

生活保護は必ず受けられるわけではない

生活保護は、自分で希望をして受けられるものではありません。親や親戚からの援助を受けられる人は、「親族に援助をしてもらってください」と言われてしまいます。

また、働ける能力がある人は、働かなくてはなりません。病気で一時的に働けない人は、生活保護を受けられる可能性が高くなりますが、病気が治ったら働くように指導をされるでしょう。

希望をすれば、必ず受けられるものではないため、自由度はかなり低いです。それに対して、年金のほうはそれまできちんと納めていたなら、原則として必ずもらえるものです。

将来もらえる年金が少なくなるという噂もありますが、それを言うならば生活保護という制度も、将来的になくなってしまっている可能性もあります。

どちらのほうが確実にもらえるのかと言ったら、年金のほうでしょう。また、資産を残せるということもポイントとなります。

土地などの資産を持っている人は、生活保護を受けることは原則としてできませんが、国民年金にはまったく影響しません。マイホームに住んでいる人は、国民年金と貯金だけでも十分に生活していけるという人もいます。

不正受給になってしまう可能性も

生活保護の、不正受給が問題になっています。土地などの資産を持っている人が、それを隠した状態で保護を受けたら、不正受給となってしまいます。

また、働いて収入を得ているのに、それを申告しなかったら不正受給となります。プライバシーの権利は基本的には守られますが、福祉事務所の審査で自宅を訪問され、家の中を見られるということはあるようです。

車を保有していないかどうか、ブランド品などの高価なものを保有していないかどうかなどが、チェックされます。その後も、定期的にケースワーカーが家にやってきて、様子を見に来ることがあります。

タンスの中を見られたりまではされないという意見も多いですが、怪しい部分がある人は、それなりに厳しくチェックされてしまうでしょう。

不正受給になってしまうリスクがあることや、ある程度はプライバシーを見せなければならないということは、人によっては精神的な負担となることでしょう。

生活保護を受けることが悪いことではありませんが、不正受給のニュースがたくさんでている近年では、悪いイメージを持たれてしまう可能性もあります。

人によってはメリットが大きくなる

正社員として働いており、ずっと厚生年金に加入をしていた人ならば、もらえる年金の金額は平均すると15万円前後になりますので、生活保護を受けるという選択肢は、そもそも浮かばないでしょう。

病気になってしまって、高額な医療費がかかってきたという場合でも、障害年金などのその他の制度を利用することを、まずは考えましょう。

あらゆる制度を活用しても、なお生活が困難であるというときの最後のセーフティーネットが生活保護です。

ずっとフリーターをやっていて、国民年金すら滞納をしていたという人にとっては、生活保護を受けたほうがメリットが大きくなる可能性もあります。

その場合でも、資産をもてないこと、家族に迷惑をかけてしまう可能性があること、働ける能力があるなら働かなくてはならないことなど、デメリットについてもしっかりと理解をしておくべきです。

基本的には、どちらのほうが良いということよりも、あらゆる制度を活用し、自分の能力もフル活用した上で、それでも生活ができないときに頼る制度ですので、比較をすること自体間違っているという意見もあります。

最後に

基本的には、年金はしっかりと納めておいたほうが良いです。人生なにがあるかわからないので、みんながやっていることを自分だけしていないと、後で後悔をする可能性が高いでしょう。

どうしても生活ができないというときに限って、生活保護を検討してみましょう。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-, , ,

関連記事

ウサギを室内で飼うときの注意点!

ペットを室内で飼うことが当たり前となっている昨今、賃貸物件でもペット飼育OKの物件も多くなってきています。 ペットの中でもウサギは、犬や猫と違ってとにかく鳴かないという意味で、室内で飼うペットとして、 …

一人暮らしにおススメの街:赤羽の魅力

赤羽は東京都の北区に位置し、荒川を挟む形で埼玉県と接している街です。東京の各都市と比較する場合には、北の玄関口としての魅力も同時に素晴らしいのです。 赤羽駅を中心にする形で、交通網が特に充実しているた …

猫・犬ともに年に一回の予防注射は必ず受けて!

日本には狂犬病予防法という法律が存在しているため、犬は年に一度の予防注射を受ける必要があるという認識は広くありますが、猫には予防注射に関する法律が定められていないので注射しなくても良いと思われがちです …

ネット銀行活用術 : イオン銀行の特徴

イオン銀行は、スーパーやショッピングモールを運営する流通大手のイオングループの銀行です。イオンモールやイオン系列のスーパーを利用する方であれば、銀行ATMやカウンターを目にすることがあります。 イオン …

エコ家電で電気代はどれくらい節約できる?

節約をしたいという時に見直すことが多いのが、食費や電気代です。 食費なら安い食材を買ったり、外食を控えることによって節約することができますが、電気代は意識をして行うことが多いと思います。 電気代を節約 …

楽天モーションウィジェット