ネット銀行活用術 : ゆうちょ銀行の特徴

「株式会社ゆうちょ銀行(Japan Post Bank Co., Ltd.)」は、東京都は千代田区霞が関に本社を置く、日本の金融機関・銀行のひとつです。

スポンサーリンク

ゆうちょ銀行とは・特徴と概要について

以前は郵便貯金という名称でしたが、郵政民営化の流れを受けて、平成18年(2006年)に準備会社として立ち上げられた「株式会社ゆうちょ」が設立され、現在は郵便局から独立した銀行として運営されています。

2015年に上場したことも、記憶に新しいです。ゆうちょ銀行の大きな特徴・メリットとして挙げられるのは、日本で最も多く口座を持っている点です。郵便局の窓口に併設されているため、全国2万4000箇所にものぼる拠点があるということは、最大のメリット・強みとなっています。

日本全国、大小問わず市町村を含めどこにでも窓口があるというのは、大きなアドバンテージです。また、スーパーや商業施設、駅や公共機関に設置されているATMの数も、約6万台にものぼります。こちらのATMの数においても、全銀行の中でもナンバーワンとなっています。

また、ゆうちょ銀行同士であれば、振込手数料も無料であるため、手数料の面でもメリットがあります。この機能に関して言えば、ATMと電信振替に対して適用されます。電信振替に関しては後で触れますが「ゆうちょダイレクト」による、ネットバンキングサービスです。

利用者も多く、企業での支払いに関しても指定されることが多いため、ひとつ口座を持っていて損はない銀行です。今後、最有力コンビニエンスストアの企業、ファミリーマートに設置するコンビニATMは、ゆうちょ銀行のものになるため、利便性はより向上することでしょう。

ゆうちょ銀行におけるネットサービス・ゆうちょダイレクト

楽天銀行をはじめとした、インターネット上で業務を行うネットバンクは、UFJやみずほなど実店舗を伴う銀行でも次々と開局していきました。ゆうちょ銀行もご多分に漏れず、ネットバンクサービスがあります。それが「ゆうちょダイレクト」です。

「ゆうちょダイレクト」とは、パソコンやスマートフォン・タブレットなどの機器を利用して、インターネット上で各種取引を行うことができるサービスです。現在開設している口座の残高照会や、入出金明細を調べることができます。

当然、各種機関や企業への支払い、払込みや振込・入金も可能です。買い物やオークション支払いなどにも、利用することができます。また、通帳未記入分、振替受払通知票の照会も可能なので、忙しくて実店舗やATMが稼動しているときに、手続きできない方も便利に利用できます。

また、ゆうちょ同士では無料(月5回まで)ですが、有料となってしまうものの、送金・他金融機関あて振込手続きも、もちろん可能です。 ゆうちょダイレクトでは、「ゆうちょPayeasyサービス」も利用できます。ペイジーで支払いが可能な税金・各種料金の払込み、そして自動払込みの申し込みや連動振替決済サービスなども利用できます。

貯金に関しては、担保定額貯金・担保定期貯金の預け入れ、満期時の取扱方法の変更手続きも可能です。資産運用に関しては、投資信託の取引や照会も可能です。その他、利用停止や利用停止の解除、ATMでの1日の引き出し上限額等の引き下げ、住所・電話番号の変更といった各種手続きも、家・仕事場・電車の中にいながら手続きできるという優れものです。

他にもある、ゆうちょダイレクトのアドバンテージ

ゆうちょ銀行のゆうちょダイレクトのサービスのメリットは、各種手続きが可能という多機能な部分だけではありません。時間的に融通が利くという点も、大きなアドバンテージです。

まず、利用時間はいつでもアクセスできると謳っている通り「0:05〜23:55」の間です。つまり、23:55からの10分間以外は、いつでも利用可能ということです。ただし、手続きによっては時間の制限があるため、注意が必要です。振替受払通知票の照会は、毎月第1・第3月曜日の0:00〜6:30が利用できません。

テレホンサービスは、同じく第1・第3月曜日の2:00〜6:00が利用できません。深夜に利用をする際は、注意しておきましょう。 また、ゆうちょ以外の銀行、他金融機関あて振り込みに関しては、基本的には0:05〜23:55ですが、月曜日と休日の翌日は7:00〜23:55、日曜日・休日は0:05〜21:00となります。

次にゆうちょダイレクトのメリットとして、電信振替をゆうちょ同士で行った場合、当日処理となります。翌日扱いにならず、ゆうちょ銀行の口座へその瞬間に入金されるため、こちらも非常に便利です。送金先の口座も、ゆうちょダイレクトの申し込みを行っていた場合、送金先でも入金をすぐに確認できます。

さらに、ゆうちょ銀行口座あての場合、電信振替料金は月5回まで無料というメリットもあります。月6回目以降は、送金金額にかかわらず一律113円の料金がかかります。

また、送金日を31日先まで指定することができるのも、魅力です。 シェア率がナンバーワンで、インターネットでも利用しやすいという点が、ゆうちょ銀行の大きなアドバンテージです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

繁忙期の引っ越しで押さえておきたいポイント

転勤が決まる時期や入学などの重なる時期は、それに伴って引っ越しをする人もかなり増えます。 そのため新学期が始まる前の時期や、会社への入社または期末の時期にあたる時期は、引っ越しの予約が集中する傾向にあ …

結婚指輪の人気デザインについて:ダイヤ入り

ダイヤモンドは、美しさ、希少価値、耐久性を兼ね備えた最も高価な宝石として知られています。 結婚指輪では、ダイヤモンドを埋め込むタイプのリングが人気で、特に女性のリングには多くのケースでダイヤがセッティ …

いまさら聞けない年金入門|在職老齢年金とは?

最近では、60歳以降も働く人が増えています。元気に働けるうちは、働きたいと考えるようですが、年金を受けられるはずの人が60歳以降も働くと、年金の一部または全額が支給停止されます。 これを 在職老齢年金 …

引っ越しの荷造りをスムーズに行うコツ

引っ越しで苦労したという意見が少なくないのが荷造り作業です。 家中の物をまとめていきますので手間がかかるものですし、単にまとめるだけでなく安全に運べるように工夫しなければいけません。 しかしコツを押さ …

一人暮らしにおススメの街:護国寺の魅力

護国寺は、繁華街の池袋や新宿に近く、また緑豊かで歴史を感じられる街であり、閑静で環境の良い文京区エリアとして、近年人気が高まっています。 この街の大通りこそ交通量がありますが、大通りを一本奥に入ると、 …

楽天モーションウィジェット