ネット銀行活用術 : みずほ銀行インターネット支店の特徴

みずほ銀行インターネット支店を開設すれば、みずほ銀行のネットバンキング専用の口座を利用することができます。インターネット支店以外のみずほ銀行の既存支店で開設した口座でも、インターネット取引が利用できる「みずほダイレクト」サービスも存在しますが、サービス内容や口座開設の手続き方法が少し異なります。

スポンサーリンク

みずほ銀行インターネット支店の口座開設方法

インターネット支店で口座を開設する場合には、支店窓口に行かなくてもインターネットと郵送だけで申込手続きが完結し、通帳が発行されずにキャッシュカードだけが送られてきます。パソコンやスマートフォンなどの携帯端末で、取引を行うことができますが、キャッシュカードでみずほ銀行または提携金融機関ATMで現金の入出金ができます。

みずほ銀行インターネット支店に口座を開設する際は、「みずほダイレクト」の申込をする必要があります。口座の開設方法は、最初に公式サイトの「口座開設申込書作成サービス」のページにアクセスして、必要事項を入力して申込書類をプリントアウトするか、郵送で申込の手続きを行います。

申込書類に必要事項を記入・捺印して、運転免許証などの本人確認書類のコピーと共に送付します。口座開設手続きが完了すれば、キャッシュカードとログインIDパスワードが送付され、口座に入出金ができるようになります。みずほ銀行の既存支店に口座を開設する際は、自宅または職場・学校の近くにある支店に限定されますが、みずほ銀行インターネット支店は、近くにみずほ銀行の支店がない方でも口座を開設することができます。

口座開設の際に、クレジットカード「みずほマイレージクラブ」に申込をすることができます。

みずほ銀行インターネット支店に口座を開設するメリットと注意点

みずほ銀行インターネット支店と、他の既存支店の大きな違いは、通帳が発行されないことです。ネットバンキングを利用する若い世代の人であれば、通帳に取引内容を記帳したり、欄が一杯になって支店で更新してもらうのが面倒に感じる人が多いのではないでしょうか。

通帳があれば、盗難のリスクが高まりますし、家族に預金残高や取引内容が知られてしまう恐れもあります。預金通帳を必要としない方であれば、インターネット支店が一番おすすめです。インターネット支店でも、既存の有人店舗の支店に開設した口座と同じように、各種サービスが利用できます。

給料の受取や振込、定期預金、各種ローン、投資信託・外貨預金、モバイルSuicaチャージ、宝くじの購入などのサービスが、自宅や職場に居ながら利用できます。みずほ銀行インターネット支店には、他にもメリットもあります。みずほ銀行の他の支店に既に口座を開設して利用している人でも、新たにインターネット支店の口座を開設することができます。

同一の銀行に複数の口座を開設することができるので、目的別にそれぞれの口座を使い分けることも可能です。ちなみにほとんどの銀行では、1人につき1つの個人口座しか開設できません。みずほ銀行インターネット支店を利用する際に、注意すべき点もあります。

基本的に有人の支店と同じサービスが利用できますが、インターネット支店は外国送金や外国からの送金を受け取ることができません。海外に送金をする際は、窓口で手続きをする必要があります。ただし、海外に送金する場合は外資系の銀行を利用した方が手数料が安いですし、日常生活で国際送金サービスを利用する機会は滅多にありません。

このため、ほとんどの方にとって国際送金が利用できなくても、問題にはなりません。

みずほマイレージクラブを活用するメリット

みずほ銀行インターネット支店に口座を開設すると、「みずほマイレージクラブ」の特典を活用することできます。みずほマイレージクラブに入会すれば、ATM時間外手数料や提携ATM利用手数料が無料になったり、インターネット銀行のように、他行への振込手数料が無料になる特典が付きます。

みずほマイレージクラブの特典内容は、取引内容や預金残高によって異なります。口座の預金残高が、30万円以上または給与振込やクレジットカードの支払いを利用すれば、イオン銀行とみずほ銀行ATM手数料が全て無料になります。さらに、ローソンやセブンイレブンなどのコンビニ内に設置されているATM手数料が、月4回まで無料となります。

イオンモール・イオンショッピングセンター内または、ミニストップ内に設置されているATMであれば、月に何回でも無料で利用することができます。みずほマイレージクラブに入会して、50万円以上の預金残高があるか、NISA口座を開設すれば、他行口座宛の振込手数料が月1回無料になります。

500万円以上の預金残高があるか、住宅ローン・投資商品残高がある・クレジットカードで年間100万円以上を利用するの、どれかに当てはまれば、月4回まで他行口座宛の振込手数料が無料になります。

みずほ銀行インターネット支店の口座は、みずほマイレージクラブと上手に組み合わせることで、インターネット専業銀行と同等の便利なサービスが利用できます。

30万円以上を預金するだけで、イオンのショッピングセンター内にあるATMやミニストップ内のATMが、手数料無料で何度でも利用できるので、特に主婦の方におすすめです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

バランスが大事!ミニマムライフを実践してみた

現代はいろいろな物があふれかえっていてます。 私も家の中に物があふれかえってしまって、ちょっとうんざりしていました。 「ミニマリスト」という考え方を実践されている方が多くいるので、私も少し実践してみま …

フリマアプリ「ライダーズガレージ」の特徴や使い方

ライダーズガレージは、自分のバイクにマッチしたパーツを見つけたい人や、愛用してきたバイクなどを売りたい人に、おすすめのバイク専用のフリマアプリです。 趣味がバイクだったり、愛車をカスタマイズする時に利 …

フリマアプリ「チケット流通センター」の特徴や使い方

スマートフォンなどで利用できるフリマアプリのひとつに、チケット流通センターがあります。 様々な商品を幅広く取り扱っているのではなく、ライブやイベントなどのチケットのみを、個人間売買できるようになってい …

ガソリン代を節約する方法

自動車を所有していると、毎月ガソリン代がかかるのは仕方ないと思ってしまいがちです。 確かにガソリン代は必要になりますが、工夫次第で今よりももっと節約をすることが出来るのです。 スポンサーリンク 工夫し …

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:通夜と告別式のどちらに参列する?

本来であれば、お通夜は、故人の親族や、遺族、生前に仲良くしていた友人など、かなり親しくしていた方達が招かれ、遺体に一晩中付き添い、故人との最期のお別れをして参列者を慰めるための儀式になります。 そして …

楽天モーションウィジェット