ネット銀行活用術 : オリックス銀行の特徴

オリックス銀行は、有人店舗や専用ATMを持たない銀行です。

オリックス銀行の特徴は、得意分野に特化して無駄なサービスを行わないことです。

スポンサーリンク

オリックス銀行の特徴と口座開設・入出金方法とは

オリックス銀行を利用する最大のメリットは、預金サービスでは高金利の定期預金が、ローンを利用する人は資金の使い道が自由で、消費者金融に匹敵するほど便利なカードローンが利用できることです。

オリックス銀行の得意分野とは、定期預金とカードローンです。

個人向けの預金サービスとして、ネットバンキングで取引を行う「eダイレクト預金」と、電話や郵便で取引を行う「ダイレクト預金」の2種類があります。「eダイレクト」は、ネットバンキングサービスが利用できますが、どうしてもインターネットが嫌いな人のために、ネットを使用せずに取引ができる「ダイレクト預金」が設けられています。

インターネットが利用できる人は「eダイレクト預金」を利用した方が、高金利でお得です。オリックス銀行のネットバンキング(eダイレクト預金)の口座を開設する方法ですが、公式サイトにアクセスして「口座開設予約フォーム」に必要事項を入力して送信します。

本人確認書類(運転免許証のコピーなど)を送付するための書類や封筒を印刷するか、送付のどちらかを選択します。本人確認書類を送付すると、「お客様カード」「口座利用仮パスワード」「ご利用ガイド」が送られて来るので、ネットバンキングの初期設定をすれば、口座に入金ができるようになります。

キャッシュカードは発行されず、銀行振込によってのみ口座への入出金を行います。eダイレクト預金とダイレクト預金の預金を引き出す際は、他行口座への振込を利用します。楽天銀行以外の銀行口座であれば、月に2回まで振込手数料(432円/回)が無料になります。

オリックス銀行の定期預金の上手な活用方法

オリックス銀行の「eダイレクト預金」の最大のメリットは、高金利の定期預金が利用できることです。2017年4月現在で「eダイレクト定期預金」に適用される金利は、6ヶ月ものが0.1%、1年ものが0.15%、2年ものが0.25%、1000万円未満が3年と5年ものが0.3%、1000万円以上の大口定期で0.35%です。

ちなみに、ゆうちょ銀行やメガバンクの定期預金(5年もの)の金利は0.01%なので、実に30倍もの利息が付くことになります。「eダイレクト定期預金」の預入金額は、1口100万円以上1円単位です。最低預金額である100万円を5年もの定期預金に預金した際に、ゆうちょ銀行やメガバンク(年利0.01%)と比較してみると、ゆうちょ銀行で5年後に受け取ることができる利息(税引き後)は398円ですが、オリックス銀行であれば11952円となります。

「eライレクト定期預金」を利用すれば1万円以上もお得で、年間2千円も余分に利息が付く計算です。1000万円以上の大口定期預金を利用すれば、もっと差が広がります。オリックス銀行では、短期間の定期預金を利用することもできます。2週間で満期が到来する「eダイレクト2週間定期預金」があります。こちらは50万円以上1円単位で預けることができ、利率は年0.1%(2017年4月現在)です。

50万円を2週間預金すると、15円の利息を受け取ることができます。満期時の取扱として、元金のみ継続、元利金の自動継続、自動解約が選択できるので、短期間だけ使わない資金を預金すれば、普通預金よりもお得です。

オリックス銀行の個人向けカードローンのメリットとは

オリックス銀行のサービスとして、個人向けのカードローンが有名です。オリックス銀行カードローンは、インターネットだけで申込手続きが完結し、店舗窓口を訪問したり郵便物を送る必要がありません。希望限度額が300万円以下であれば、収入を証明する書類を提出する必要もありません。

さらに、オリックス銀行の普通預金口座を持っていない人でも利用できます。オリックス銀行カードローンの最大のメリットは、総量規制範囲外の銀行カードローンで、消費者金融と同じように手軽に借入ができることと、資金をおまとめローンとしても利用ができることです。

総量規制範囲外なので、既に消費者金融から年収の1/3程度の借り入れがある人でも融資が受けられます。オリックス銀行カードローンは、他の銀行カードローンよりも柔軟な審査が行われます。一般的な銀行カードローンは、100万円未満の限度額であれば金利が最高14%台と低めに設定されていますが、オリックス銀行では限度額が100万円未満であれば、年率12%~17.8%で、最高年率は消費者金融と同じ水準に設定されています。

金利が低いほどローン審査の基準が厳しくなるので、オリックス銀行カードローンは消費者金融なみに柔軟な審査が行われることが分かります。審査結果によっては年利12%が適用される可能性もあり、他の銀行カードローンよりもお得になる場合があります。

銀行カードローンを利用する場合には、銀行が定める「保証会社」の保証を受ける必要があります。オリックス銀行カードローンでは保証会社が2社(オリックス・クレジット株式会社・新生フィナンシャル株式会社)が設定されていて、どちらか片方の保証が受けられればローンが利用できます。

このため、他の銀行カードローンよりも、審査に通る可能性が高くなります。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

関連記事

すっきり片付け!洋服の収納術

私たちは季節や気温に応じて、またその日の気分に応じて様々な洋服を着用することになります。 そうなるとどうしても、手持ちの服が増えていってしまうことになります。

知っておきたい通夜・葬式の参列マナー:お焼香のやり方

日本で執り行われる葬儀の多くが仏式葬で、参列者全員がお焼香を行います。これは一人ずつ祭壇の前に移動してから、一つまみ分の抹香を香炉にくべます。 自分の席を立って戻って来るまでに、基本的な作法を守らなけ …

ネット銀行活用術 : スルガ銀行ANA支店の特徴

スルガ銀行ANA支店は、スルガ銀行という静岡県を地盤としている地方銀行がANAと提携して作った、ユニークな銀行口座です。口座開設はすべて、インターネットと書類の郵送でできるので、店舗に行く必要もなく、 …

お風呂掃除のコツ

毎日使うお風呂ですが、浴槽の掃除はしていても、他の場所は後回しになっていませんか? 湿気でカビやすく、排水口の汚れや詰まりも気になるところ。 こまめに掃除をして防ぎましょう。

料理の腕が上がる!あると便利なキッチン家電 : ホットプレート

ホットプレートは、どこの家庭にもあるキッチン家電です。オーソドックスな使い方は、焼肉やお好み焼きなどです。他にも、焼きそばやたくさんの餃子を焼くときなども重宝します。大人数が集まった時は、一度にたっぷ …

楽天モーションウィジェット