ネット銀行活用術 : 住信SBIネット銀行の特徴

住信SBIネット銀行は、2007年9月に営業を開始したインターネット銀行で、有人店舗や専用ATMを持ちません。

口座開設手続きや残高照会、振込、定期預金、その他各種サービスの申込みは、基本的にインターネットで行います。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行の紹介と基本的な利用方法

住信SBIネット銀行は、預金残高が3兆5千億円を超えており、有人店舗を持たない日本のネット銀行としては1位です。

住信SBIネット銀行よりも口座数が多い、老舗のネット銀行である楽天銀行(旧イーバンク銀行)よりも、預金残高が1兆5千億円程度なので、1人あたりの預金額が多いという特徴があります。

住信SBIネット銀行の口座の開設方法は、インターネットだけで手続きが完結します。公式サイトの申込みフォームに、名前や連絡先・各種パスワードなどを設定すると、1週間ほどでキャッシュカードが送付されます。カード受取時に、運転免許証などの身分証明書を提示します。

カードが手元に届いたら、ネットバンキングにログインして「カード受取確認」の設定を行います。受取確認の手続きが完了すると、口座に入出金ができるようになります

基本的な操作方法ですが、ネットバンキングにログインすると「口座情報」が表示され、預金残高が一目で分かるようになっています。振込や定期預金などの基本的な操作方法は、他のインターネット銀行と同じですが、「代表口座」以外に任意の名前の“口座”を設定することができます。

用途別に複数のポケットに分けて貯金をする感覚で、代表口座とは別に、目的別口座を利用できるようになっています。住信SBIネット銀行には複数の“口座”が利用できる以外にも、他の銀行にはない便利なサービスが充実しています。

住信SBIネット銀行口座を活用して振込手数料を無料にする方法

ネット銀行口座でお金を管理して、必要に応じて、他の銀行や証券口座への振込を利用する方も多いのではないでしょうか。 住信SBIネット銀行では、取引や残高の状況に応じて、提携ATM出金時や振込手数料が無料になる「スマートプログラム」があり、ランクごとに無料回数が設定されます。

全ての預金者は、ランク1に設定されています。ちなみに提携ATMからの入金や同行間の振込は、常に手数料無料です。ランクに応じて無料回数が増え、最大で月15回まで振込・ATM手数料が無料になります。ATM出金手数料・振込手数料が無料になる回数と条件は、ランクごとに決められています。

・ランク1(ATM2回/月・振込1回/月) 条件なし
・ランク2(ATM5回/月・振込3回/月) 預金残高100万円以上または指定されたサービスを2つ以上利用
・ランク3(ATM7回/月・振込7回/月) 預金残高300万円以上または指定されたサービスを3つ以上利用
・ランク4(ATM15回/月・振込15回/月) 預金残高500万円以上または外貨・仕組預金残高300万円以上かつ住宅ローンを利用

ちなみに楽天銀行ハッピープログラムでは、預金残高が300万円(最高ランクのスーパーVIP)で、ATM手数料無料7回/月、振込3回/月なので、300万円を預けるのであれば住信SBIネット銀行の方がお得です。預金残高が100万円に満たない人でも、簡単にランク2にする裏技があります。

仕組定期預金に最低預金額である10万円を預金し、外貨預金で1ドルを預ける方法があります。10万円+1ドルの預金で、振込手数料が月3回まで無料にすることができます。頻繁に他行口座や証券会社への入金を行う人には、住信SBIネット銀行がおすすめです。

振込手数料無料の回数が多いことも、他のネット銀行よりも預金残高が多い理由のひとつです。

住信SBIネット銀行の便利なサービス

住信SBIネット銀行は、他行口座への振込手数料無料サービスの他にも多くのメリットがあります。住信SBIネット銀行には便利な機能として、「定額自動入金サービス」があります。これは、自分名義の他行口座(普通預金)から、毎月一定額を自動引き落としを行い、住信SBIネット銀行の普通預金口座に入金してくれるサービスです。利用できる金額は1万円以上千円単位で、給料受取用の口座からお金を移動する際などに便利です。

住信SBIネット銀行では、年会費無料のVISAデビット機能付きのキャッシュカードが利用できます。このカードは普通預金(代表口座)残高の範囲内でカード決済ができます。年会費無料ですが、利用金額に対して0.3%分のポイントが貯まり、500ポイント以上で現金に交換することができます。

住信SBIネット銀行のVISAデビットカードの最大のメリットは、携帯電話やインターネット回線で毎月発生する、利用料金の支払いにも対応していることです。公共料金や通信費などの毎月支払う利用料金は、デビット決済ができないケースが多いのですが、住信SBIネット銀行のVISAデビットカードは毎月支払う料金にも対応しています。

住信SBIネット銀行口座を利用することには、投資家にも大きなメリットがあります。証券会社(SBI証券)とのハイブリッド預金を利用すれば、証券口座への入出金がお得です。信用取引で証拠金が不足した際に、銀行口座から自動的に証拠金が入金されるサービスが利用できます。

他の証券口座や仮想通貨取引所への入金も便利なので、住信SBIネット銀行はネット取引を行う投資家にとって、必須の銀行口座です。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-暮らし
-,

  • Title

    […]one of our visitors recently advised the following website[…]

  • -->

    関連記事

    繊維の種類と特徴を把握する:綿(コットン)

    コットンと表記される綿は、コットンの種子から採取する種子毛を原料として作られる繊維で、天然繊維の中でも、植物繊維に分類されます。 日本名では、アオイ科のワタという植物の種子の周りに出来る、コットンボー …

    洗濯が楽になる!便利な100円グッズ

    洗濯を行う頻度は人それぞれですが、洗濯用のグッズがあると効率良く済ませることができて便利です。 ホームセンターやドラッグストアに行けば、様々な商品が販売されていますが、値段が張ることもあって普段使いに …

    現在、妊娠中…これやっていいの?|アロマテラピーは大丈夫?

    アロマテラピーは、私たちの生活の中に溶け込んでいて、癒しを求めて購入し、香りを部屋に漂わせたりお風呂に入れるなどして家で使ったり、マッサージに行くとアロマオイルをオイルに混ぜて、リラックス効果を促進さ …

    家計簿をつけて貯金100万円を貯めよう

    貯金で100万円を貯めるのであれば、家計簿をつけることをおすすめします。 家計簿をつければ節約をするにも効果的に出来ますし、収入を増やすという意味でも効果的に使うことができるようになります。 安心して …

    絶対欲しい調理家電!シャープのウォーターオーブン(ヘルシオグリエ)

    忙しい人にとって、お惣菜や冷凍食品というのは強い味方になりますが、これまでの調理家電で温め直すと、味がぐんと落ちてしまうのは仕方がないと思いがちでした。 でもいま、温め直しも特別においしくできる調理家 …

    楽天モーションウィジェット