成長の手助けができる!保育・教育に携わる資格「日本語教師」

世界各国で働くことができるグローバルな仕事で挙げられるのが、日本語教師です。

日本語教師は年齢や学歴問わず、未経験者でも就くことのできる仕事です。

スポンサーリンク

日本語教師になるにはどのようにすればよいのか

さて、日本語教師の資格ですが、もっとも代表的なのが「日本語教育能力検定試験」に合格することです。といっても独学ではかなり難しく、できれば文化庁が指定する「日本語教師養成420時間講座」の受講をおすすめします。

講座を基礎から学ぶことで、実際に教える際にも役に立ちます。 日本語教師になるのに国内では特に、有資格が必須といわれています。現在、国内外で特に近年安定した経済成長を続ける東南アジア諸国のなかでは、「日本語教師養成420時間講座」を終了したひとを、有資格者として見なす学校や機関も多くあります。

国内の学校では、世界各地から集まった学生のみなさんが一生懸命日本語を勉強しています。言葉を学習して、日本の企業に勤めるひともいれば、既にご家族が国内に住んでおられるお子様に教えるなど、日本語教師はひとの成長の手助けができる、やり甲斐のある仕事です。

そのほか、大学の文学部などで日本語教育や国語を主専攻、あるいは副専攻したひとや日本語教師の経験が3年以上の場合も有資格者として認められています。また、有資格者は現地でアパートメントを用意してもらう、または家賃の補助があるといった好待遇のケースも多く見かけられます。

何より住居の心配がないのは、外国生活をスタートするにあたって安心です。

「日本語教師養成420時間講座」は、半年~1年間を学習の目安としているひとが特に多いです。中には通信制もありますので、興味がある方は、自身の目的に合わせて語学学校を選んでみるのも良いですね。

どのように日本語教師として働くのか

日本国内では、先ずは日本語学校で働くのが一般的です。主に非常勤として一コマ1時間や2時間を週合計で20時間分教えるなど、スケジュールを確認しながら学校側と時間調整をしていきます。当然、コマ数が多くなり教えるのが慣れてくると、給料も上がっていきます。

経験を積むことにより、専任講師になるひともいます。また、外務省の外郭団体の派遣により、日本での採用で外国で有給ボランテイアとして働くこともできます。現地で暮らせる分の生活費が支給され、日本帰国後に備えて、毎月数万円の積み立てもしてもらえますので一石二鳥です。

外国に行きたいが、当面は国内で働いてみたいという場合には、各自治体が土日に主催している国際交流センターなどで開催される「日本語ひろば」のような小イベントに参加されるのも良いでしょう。日本にいながら、外国の体験ができ、馴染みの外国のひとが段々日本が上達して成長していく姿を見られるので励みになります。

外国での採用で欧米圏や英語圏では、日本語に現地の言葉を交えて教える間接法を採用している学校が多く中々大変な上に、求人自体がそれほど多くありません。英語が得意な方であれば、日本語学習者が多いオーストラリアやニュージーランドでの仕事が狙い目です。

もっとも多いのが、東南アジア全域です。東南アジアの中でも、経済力があるシンガポールやマレーシア、タイではインターナショナルスクールでの先生、日本人駐在員のご子息向けに日本語を教えるといった仕事もあります。

中でも、親子留学で数年前から話題になったシンガポールに隣接しているジョホールバルでは、現地で英語を学びながら日本語を勉強したいというご家族も、増加の傾向にあります。従来の現地の外国語学校で日本語を教えるパターンに加え、選択肢が広いのも特徴です。

今後需要が増えるといわれる日本語教師

世界の国別日本語教師数ランキングを1位から並べると、インドネシア、ベトナム、タイの順です。現在、日本では高齢化社会による一部の職種では人材不足が懸念され、外国人技能実習生が多く働いています。特に病院や介護施設といった医療現場が深刻で、経済連携協定(EPA)による結び付きがあるベトナム、インドネシア、フィリピンの若い看護師や介護士の人たちの訪日が、益々増えると予測されています。

各国の外国人技能実習生の送り出し機関では、訪日前に語学学校と連携して日本学習を義務付けているところがほとんどです。近年、経済改革が開放されたミャンマーや、日本との経済的な結び付きが深まりつつあるカンボジアからの外国人技能実習生の姿も多く見かけるようになり、日本語教師の需要は今後益々増えていくといわれています。

東南アジア全体の共通点では、ほとんどの国が、親日家が多いことで知られています。中でもインドネシアは人口2億5万人を擁し、訪日旅行者も数多く訪れています。また、フィリピンに次ぐ東南アジアで人口第3位のベトナムは、若年層人口が多く未来がある市場として期待されています。

ベトナムでは、大学や技能実習生として日本に来て学んで帰国すると、幹部として登用されるケースも多いです。日本語のクラスでは、元気のいい学生が多くやる気が伝わってきて、教師自身も成長できるといわれています。

フレンドリーなタイ、シャイなラオスやミャンマーなど、それぞれに良さがあります。外国で経験を積むことによって、日本で常勤講師として採用される場合もあれば、海外生活が面白くなりいろんな国で教えるひともいるほどの人気の職業です。

日本語教師の資格に興味がある方は、先ずは「日本語教師養成420時間講座」に関して、取扱のある語学学校や関連サイトに連絡を取ってみることをおすすめします。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-仕事・資格
-,

関連記事

介護事務の仕事に就きたい人におすすめの資格

高齢化が加速する昨今において、介護への需要は増すばかりです。介護事務に関してもそれは同様であり、これから先を踏まえた上で、介護に関する資格を取っておくメリットは、極めて大きいと言えます。 就職先で、有 …

旅行事務はどんな仕事?未経験でも働ける?

旅行事務の仕事内容は、旅行に関する仕事の、事務全般を行います。 旅行に関する専門的な知識が求められるため、未経験でも歓迎されやすいですが、旅行が好きな人や、職業意識の高い人、好奇心旺盛な人が向いている …

仕事の本質を知るなら経営から!ビジネス・経営の資格「中小企業診断士」

日本の社会の特徴として、中小企業が数多く存在することが挙げられます。テレビや新聞などのメディアでは、認知度の高い企業ばかり見聞きしますが、日本の企業のおよそ99%は中小企業で成り立っているのが現状です …

好きを活かそう!ファッション・服飾に関する資格「繊維製品品質管理士」

繊維製品品質管理士(通称TES)は、一般社団法人日本衣料管理協会の認定資格です。昭和56年に登場した資格で、消費者に供給される繊維製品の品質や性能の向上を図ったり、繊維製品の品質に消費者からクレームが …

学生の時にとっておきたい資格:宅地建物取引士

将来役立てることができる可能性の高い宅地建物取引士試験にチャレンジし、自分の将来に備えていくという事を考えてみましょう。

楽天モーションウィジェット