ニコンミュージアムで楽しく社会見学をしよう!

ニコンのカメラ
ニコンミュージアムは、株式会社ニコンが運営する施設です。

ニコンの本社がある東京都港区にあります。

スポンサーリンク

ニコンミュージアムの特徴について

ニコンミュージアムがオープンしたきっかけは、2017年にニコンの創立100周年を迎えるからです。

ニコンは今までこのようなミュージアムを持ったことはなく、製品の技術などを展示するのは初めてです。
そのため各業界からも注目されています。

展示スペースは非常に広く、580平方メートルのスペースがあり、歴代のカメラや顕微鏡、測定器などを展示しています。

カメラメーカーが自社の製品を展示しているケースは史上初になります。

巷で「ニコン党員」と呼ばれるニコンのファンの人たちは、ミュージアム詣でと呼んでいるそうです。

では、具体的にはどのようなミュージアムになっているでしょうか。

まず、1917年の創業を皮切りにして、その歴史を壁に紹介しています。

また、合成石英ガラスインゴットと呼ばれる半導体の示唆装置用に使われる石を、シンボルとして設置しています。
これは手で触ることが可能です。

シアター映像と音楽で振り替えることができるニコンの歴史も展示されています。
これは、動画が上映されているものになります。

それ以外でも、レンズの実験室やトピックスの展示、バイオと医療機器についてなど、ニコンに関係するものが目白押しです。

注目するべきは、天体観測機器、スペースシャトルに搭載された宇宙用のカメラの模型があることではないでしょうか。

ミュージアム以外の特徴について

では、ミュージアムの中身以外ではどのような特徴があるでしょうか。

まず一つはミュージアムショップが開店していることです。

ニコンミュージアムの入り口付近に小規模なミュージアムショップがあります。
一口ようかんなどの食べ物もあるほか、ニコンのオリジナル製品がいくつか置かれています。

一口ようかんは人気商品で、5個入りが700円、10個入りが1200円です。

オリジナル手拭いはデザインが優れていて、歴代のカメラや交換レンズから厳選した24種類の絵が描かれています。
ニコンファンならば思わず買わずにはいられません。

それ以外にも、オリジナルトートバッグもあります。

商品を購入する場合は、ミュージアムのすぐ左側の販売機で希望の商品の引き換えチケットを購入します。
受け付けに引き換えにチケットを渡すことで、商品と交換できます。

開館時間は午前10時から午後8時までで、最終入館は5時半です。
時間を間違えないようにしましょう。

休館日は、日曜日と祝日およびニコンミュージアムが定める日になります。
土曜日が祝日である場合は土曜日は休館になります。

日曜以外に休みがない会社員は来ることができませんが、土曜日があいているため、土曜日に旅行がてら家族と一緒に訪れてもいいでしょう。
また、夏休みなどを利用する方法もあります。
入館料に関しては無料になります。

社会見学の重要性について知ろう

多くの人は、学生時代に社会科見学に行ったことがあるのではないでしょうか。
特に小学生のときには高学年になると社会見学を行く学校が多くなります。

このような社会見学はそれなりの意味があります。
普段は机上の学問ばかりをしていますが、机上の学問から少し離れて実際に社会がどのように動いているかということを知ることができるのです。

多くの子供が、自分の父親や母親の働いている姿を見たことがないのと同じように、実際に会社とはどのような場所なのか知りません。

自分たちがもっている鉛筆や消しゴム、ノート、おもちゃ、自転車などがどのように作られているかの知るよしもありません。

そこで社会見学をすることで、普段学べないことを学び、見聞を広めることができるようになるのです。

なお、社会科見学という言葉と社会見学という言葉がありますが、明確な違いはありません。実際は両方をごちゃまぜにして使っているのが普通になります。

社会見学をする場所は、小さな子供だけを対象にしたところばかりではありません。
大人も一緒になって社会見学をして学ぶことができるのです。

大人になり、会社に入ってしまうと自分の世界は非常に狭くなってしまいます。
毎日同じような作業をし、家と会社の往復をするだけですので件分のひろげようがありません。

そういう意味では、本当は大人こそ社会見学をするべきなのではないでしょうか。
夏休みの旅行などで、社会見学をすることができる施設が増えています。

学校のように団体いくわけではありませんので、事前予約をする必要がある場所もあります。
社会見学の場所の一つとしてニコンミュージアムがあるのです。

スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

下部スポンサーリンク

投稿日:

-旅行・レジャー
-, ,

関連記事

岩手県のおすすめ温泉地3選

東北らしさを満喫できる岩手県は、北海道に次ぐ国内2番目の広さを誇っています。 旅行では、雄大な自然や岩手県ならではのグルメ、心を揺さぶられるような景勝地があり、思い出に残るような体験ができる観光地や、 …

ソウル(韓国)のおすすめ観光スポット

日本から最も近い海外で、同じ東アジアの国として多くの観光客が訪れるのが韓国です。その中でも最大の都市であるソウルには、数多くの観光スポットがあり、気軽に行くことができます。 そこで行っておくとよいとこ …

夏休みに家族で旅行したい青森県のおすすめスポット3選

夏休みの家族旅行を考えているのなら、青森県がおすすめです。 東京から新幹線で1本で行けるから電車好きなお子さんにはとても喜んでもらえます。 駅弁を食べながらのんびり新幹線の旅が楽しめます。 青森は家族 …

自然の芸術!蔵王連峰の樹氷

蔵王連峰の樹氷は幻想的な美しさで知られています。 冬の東北を旅行するには外せないスポットの一つです。 蔵王連峰は宮城県と山形県の間に位置し、両県からアクセスが可能です。 冬場は蔵王を通っての両県の通り …

二泊三日の国内旅行で持っていくべき持ち物リスト

国内旅行をするにあたり、これだけは忘れたら話にならないという持ち物がいくつかあります。

楽天モーションウィジェット